Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0650
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 この少女を縛りあげたとき……。
 リミッターが、外れたのではないだろうか。
 由美は、虫酸のような快感に突き動かされながらも、自分に対する恐怖を感じずにはおれなかった。
 自分の中に、もう1人、別の誰かがいるように思えた。
 その誰かは、更なる嗜虐を求めていた。

 由美は、両足を少女の顔脇に着いたまま、真っ直ぐに起ち上がった。
 見あげる少女の顔には、恐怖が浮かんでいた。
 由美の背筋に、怖気が走った。
 無数の毒蜘蛛が、爪を立てて這いあがるようだった。

 由美は両脚の間隔を詰め、足首で少女の顔を挟んだ。
 少女の瞳には、何をされるのだろうという怯えが揺れていた。
 その怯えは、由美の胸にも揺れていた。
 わたしは、何をしようとしているのだろう。

 由美の片手が、股間の男根を掴んだ。
 そのまま押し下げる。

 カン、カン、カン。

 もはや、バネ音を忍ばせる必要は無かった。
 甲高い金属音が、空気を弾いた。
 限界まで押し下げると、尻を突き出すようにして腰を折った。
 男根は一気に仰角を下げ、切っ先はほぼ真下を向いた。
 由美はゆっくりと膝を曲げ、そのまま身を沈めていった。
 膝を折り切る前に、長大な男根は少女の鼻先まで届いた。
 射出口で、鼻梁を捏ねる。
 少女の顔は、懸命に逃れようとしていた。
 しかし、由美の足首に挟まれた頭部を、自在には動かせない。

「お口開けて」

 亀頭が鼻先を降り、人中の溝を滑り、唇に届く。
 少女は硬く口を閉ざし、抵抗を示した。
 その唇を、亀頭が分け入る。
 陰茎を握る手の平に、歯の感触が伝わった。

 本物の男根と違い、このディルドゥは痛みを感じない。
 しかも、本物とは比べものにならない硬度を有している。
 由美は、噛み合わされた歯間に、亀頭を押しあてた。
 こじ開けようとするが、少女の顎は頑強に抵抗した。
由美と美弥子 649目次由美と美弥子 651




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/02/16 07:27
    • 社「ひぇぇぇぇ。
       かあちゃん、許してけろ~」
      水「誰が許すかぁぁ。
       成敗してくれる」
       お水さんは、金ラメのバッグを振り上げると……。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201102131029430b5.jpg
       畳に額を擦りつける社長の頭に……。
       真っ向から振りおろしました。
      社「あぎゃ」
       あわれ、社長は……。
       カエルのように潰れてしまいました。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110213102942f08.jpg
       ピクピク痙攣してます。
      律「あの人……。
       奥さんらしいね。
       でも、“なまはげ”より怖いわ」
       “なまはげ”さんも毒気を抜かれたのか……。
       社長の脇から、そそくさと立ち去りました。
       家の主が、手みやげのお餅を持たせてます。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110213102943ba1.jpg
       どうやら、お帰りいただけるようです。
      「うぉぉぉ」
      「また来年、来っからな!」
       さらにひとしきり歩き回ると……。
       ようやく、戸障子の向こうへ去っていきました。
       障子が閉ざされてみると……。
       ほんの一瞬前のことなのに、今見たことが幻のように思えます。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110213102943212.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/02/16 07:27
    • 律「あ~、面白かったね」
      み「あんまり面白くないわい。
       涙で、化粧が流れた」
      律「Mikiちゃんが一番面白いかと思ってたら……。
       うわ手がいたもんね」
       お水さんが、畳を踏み鳴らしながら通り過ぎていきました。
       その後ろを、へろへろ状態の社長が追っていきます。
      社「ま、待ってくれぇ」
       彼の前途を思うと……。
       同情を禁じ得ません。
      律「じゃ、わたしたちも行こうか。
       ちょっと、どうしたの?」
      み「た、立てない……」
      律「やだ。
       腰抜かしたわけ?」
      み「違わい。
       足が痺れて……。
       立てない」
      律「それはそれで……。
       情けないものがあるわね」
       律子先生にすがりながら、引きずられていきます。
       真山伝承館を出ると、秋の日がさんさんと降り注いでました。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011021310294211b.jpg
       ほんとうのなまはげは、夜やるんだろうから……。
       たぶん、はるかに怖いと思います。
      ガ「みなさま、お疲れさまでしたぁ」
       真山伝承館の外では、バスガイドさんが待ってました。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201012182011211d6.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/02/16 08:37
    • >>自分の中に、もう1人、別の誰かがいる
      >>わたしは、何をしようとしているのだろう
      え~~~~~~っ。
      ほんまに女教師がおるのかあっ。
      由美ぃ。
      藤村由美よ。
      もう、考えてもしょうがないぞ。
      行け、行け。何処までも行け。
      暗黒の果てまで。
      暴走特急「変態由美号」
      驀進中。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/02/16 08:50
    • お水さんって、
      しゃっちょ~の奥さんやったんかぁ。
      てっきり2号様やと……。
      ということは社長、
      町工場経営のかたわら、
      女房にスナック(か、なんか)をやらせとったということか。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/02/16 09:39
    • 皆さん。今日の日付、覚えてはりますぅ?
      2010年10月9日(土)、お昼過ぎ。
      東北旅行、昨日始まったばっかりでっせえ。
      秋の日が、さんさんと降り注ぐ中、
      バスガイドさんはニコニコと迎えてくれました。

    • ––––––
      6. 淡雪
    • 2011/02/16 11:06
    • ハーレクインさま、ほんまですねえ。
      旅行は今日はじまったばかり。
      最近時間のたつのがとーーーーっても早い。
      でも、年をとることから始まる」の可能性のひろがりを感じています。
      悪いことばかりでもないんですねえ。しみじみ。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/02/16 15:31
    • >>年をとることから始まる可能性
      そうですねえ。
      私なんかの年令のものがいうとしゃれにならないんですが、
      時を積み重ねないと実感できないことって、
      確かにありますよねえ。
      で、こればっかりは、若い方には伝えようがない。
      >>悪いことばかりでもないんですねえ
      ですねえ。
      いろいろありましたが、
      いいこともたくさんありましたよね。
      その一つはもちろん。
      Mikiko’s Roomにめぐり合えたこと。
      淡雪さまはじめ、たくさんの方々と知り合えたこと。
      なんか……。
      縁側で、お茶と羊羹、てな感じになっちゃいましたね。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/02/16 20:20
    • > ハーレクインさん
       「東北に行こう!」を書いてて、しみじみ感じることですが……。
       1日1日ってのは、稠密な時間が詰まってるものなんですね。
       日々の暮らしは、飛ぶように過ぎていくように思えますが……。
       それを書き起こそうとしたら、原稿用紙何枚あっても書ききれない。
       もっと毎日を噛み締めながら、大事に過ごさなきゃならないって、つくずく思います。
       たとえば今、余命数ヶ月と宣告されたりすれば……。
       1日1日が、愛しくてならないでしょう。
       スローな旅を楽しむように、毎日を生きたいものです。
      > 淡雪さん
       淡雪さんと知り合って、もう2年になるんですね。
       ほんとに早いものです。
       でもなんだか、もっと前からの知り合いのようにも思えます。
       わたしが「Mikiko's Room」を始めてなかったら……。
       おそらく、交わることもなかった2人です。
       まさに人生は、一期一会。
       素敵な道連れを導いてくれた神さまに、心から感謝しています。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/02/17 10:28
    • >あおいさん&Mikikoさん
      647回でのお二人の会話。
      あおいさん
      >>少し前、mikikoさんが書いてた言葉。
      >>新雪の後の快晴。
      >>あたり一面が真っ白でとても眩しい。
      >>あれは目を悪くしますよね。
      Mikikoさん
      >>そんなこと、わたしが書いたか?
      >>うーむ、記憶にない……。
      あおいさんのおっしゃるのは、おそらくこれ↓のことでしょう。
      639回、Mikikoさん。
      >>今日は、ようやく寒さが緩みました。
      >>明日は、1日晴れの予報。
      >>まぶしいだろうなぁ。
      >Mikikoさん
      「由美と美弥子」連載650回。
      まことにおめでとうございます。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/02/17 19:58
    •  確かに、書いてましたね。
       新潟は滅多に晴れないから、特にまぶしく感じます。
       今日は、晴れたうえに……。
       春のような暖かさでした。
       10度あったようです。
       下の図は、3つの地域の日照時間(2005年~2007年)をグラフにしたもの。
       見にくいですが、赤が新潟市、青が東京都千代田区、緑が那覇市です。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110217195413589.gif
       これを見ると、新潟の夏場(田植えから収穫まで)は、東京よりもお天気がいいことがわかります。
       新潟のお米が美味しいのには、こんなところにも理由がありそうですね。
       ちなみに、新潟市の水田面積は、全国市町村で第1位。
       2位旭川市(北海道)の2.6倍という、ぶっちぎりのトップです(八郎潟干拓地の大潟村は3位)。
       静岡、鳥取、高知などの県全体の水田面積より、新潟市の水田面積の方が大きいんですよ。
       って……。
       なんか、話がずれちゃいましたね。
       これがホントの、我田引水。
       650回。
       よくもまぁ、ここまで来ましたよね。
       自分をほめてあげます。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/02/17 21:18
    • 冬の日照時間は、逆に少ないですね。
      特に12月、1月は月間50時間前後、
      東京の3分の1以下なんですね。
      なるほどねえ。
      新潟市の水田面積全国1位は納得ですが、
      2位が旭川市というのは少し意外でした。
      イネは東南アジア原産ですから、もともと寒さに弱い。
      日本でのイネ栽培の歴史は、耐寒性に優れた品種の開発の歴史ともいえるかもしれません。
      その成果が、旭川市の水田面積、全国2位なんだろうか。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/02/18 06:30
    •  とんでもなく寒いようです。
       1902年(明治35年)には、日本の観測史上最低気温、-41.0℃を記録してます。
       でも、冬の寒さは、稲作に関係ありません。
       重要なのは、夏場の気温です。
       旭川市の夏は、かなり暑いようです。
       内陸性気候のためですね。
       梅雨も無いから、稲の生育はいいでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 0650】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 潤文学
未知の星 官能の本棚 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 [官能小説] 熟女の園 羞恥の風
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 電脳女学園 官能的なエロ小説
Playing Archives 新・SM小説書庫2 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点 18's Summer 空想地帯
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 女性のH体験告白集 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com かめべや 濠門長恭の過激SM小説 制服美少女快楽地獄
性小説 潤文学ブログ 女性のための官能小説 快感小説 黒い教室
女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫 Mikiko's Roomの仮設テント
魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
官能小説アンテナ 人気ブログランキング
アダルトブログランキング GL Search
ライブドアブログ 成人向けランキング
Girls Love Search Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
アダルト動画まとめ にほんブログ村 GAY ART NAVIGATION ぱっくりんく
アナル動画まとめ 創作系サイト検索・KAGOME ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top