Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0644
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あひゃぁ」

 唇が陰核包皮に触れただけで、少女は嬌声を噴きあげた。

「せっかちな子。
 まだ、これからだよ」

 由美は唇で包皮を捲り上げながら、陰核を咥えた。
 舌先を尖らせ、皮間に差しこむ。
 硬い舌先が、陰核を撫で回す。

「あっふぅ。
 あぁぁ、ふぅぅ」

 少女は、初めての感触を貪り始めていた。
 由美は唇を突きだし、陰核を覆った。
 空気が漏れないように、唇を密着させ……。
 陰核を吸い上げる。

「ひ」

 滑らかな腹部に、腹筋が浮き上がった。
 今までのオナニーでは、陰核を引かれるという感触は、味わったことが無いはずだ。
 腹筋が、さざ波のように揺れ始めた。

「はぅぅ……」

 赤ん坊が乳を飲むように、リズミカルに吸い上げる。

「あぁっ、あぁっ、あぁっ」

 由美のリズムに合わせて、溢れるように声が零れた。
 掌上では、相臀が躍動していた。
 由美は、小さな尻たぶを、揉みしだいた。

 少女は、尖った顎を天井に向けていた。
 白い喉元を、無防備に曝している。
 悦楽に溺れているのだ。

 美弥子との行為でも感じることだが……。
 相手に奉仕する場面では、2つの感情が相半ばする。
 仕えている喜び。
 そして、支配する充足。

 今、少女は、完全に由美の掌中にあった。
 由美の与える悦楽を、思うさま貪り、溺れていた。
 2つの感情が、螺旋のように絡み合い、背筋を駆け上る。
 螺旋の鞭を絞るように、由美の内臓も興奮に捩れた。

 由美は、吸い上げた陰核を、舌先で突き落とし始めた。

「あひっ、あひっ、あひっ」

 少女の声は、既にたしなみをかなぐり捨てていた。
由美と美弥子 643目次由美と美弥子 645




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/02/07 06:21
    • http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110205202133c2e.jpg
      律「これ、何て読むの?」
      み「わ、わからん……」
      律「学者じゃないの?」
      み「国語学者じゃないもの」
      ガ「こちらは、榧(かや)の巨木になります。
       慈覚大師の手植えと伝えられておりますので……。
       樹齢は、1,000年を越えております」
      律「やっぱり、手植えじゃないの」
      み「植えた人が違うでしょ。
       ジカクって、どういう字を書くんですか?」
      ガ「慈悲の“慈”に、“覚える”です」
      み「一瞬……。
       違う字を想像しちゃったね」
      律「あんたの頭の中は想像できるわ」
      み「てことは、先生も同じ字を想像したってことじゃない。
       痔核……」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011020520212207d.gif
      律「アクセントが違うじゃないの。
       そもそも、いつごろの人よ?」
      み「1,000年以上前でしょ。
       この木の樹齢が、1,000年越えてるんだから。
       詳しくは、ガイドさん、どうぞ」
      ガ「慈覚大師のお生まれは、西暦794年になります。
       桓武天皇が平安京に都を移した年。
       つまり、平安時代の始まった年です。
       最後の遣唐僧として唐にわたり、天台宗を大成させました」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110205202123619.jpg
      ガ「慈覚大師というお名前は、諡号(しごう)と云いまして……。
       お亡くなりになった2年後の貞観8年(866年)……。
       清和天皇から賜ったものでございます。
       生前のお名前は、円仁さまと申します」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110205202123191.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/02/07 06:22
    •  さてさて。
       杉木立に囲まれた境内には、山の気が満ち……。
       荘厳な雰囲気が漂います。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110212100533dc6.jpg
       本殿は、さほど大きくはありませんが……。
       立派な作りです。
      律「この建物を、武内宿禰が建てたの?」
      み「そんなわけないでしょ。
       2,000年近く前になっちゃうじゃない。
       学校で習わなかった?
       日本最古の木造建築は……。
       法隆寺だって」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110205202121b00.jpg
      律「理系だったからね」
      み「それ以前に、中学校で習ってるはず」
      ガ「それではみなさん、順にご参拝ください。
       こちらは、大晦日の『ゆくとしくる年』でも、よく中継されるんですよ」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110205202122cd2.jpg
      律「お賽銭、いくらにする?」
      み「100円」
      律「細かいの、ないの?
       崩してあげようか?」
      み「100円でいいの!」
      律「ずいぶんと奮発するじゃないの」
      み「秋田まで来て……。
       越後人がケチだと思われたくないからね。
       それに……。
       なまはげの実演で、怖い目に遭いたくないし」
      律「どうやら、そっちが本音のようね。
       それじゃ、わたしも」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/02/07 09:12
    • お、そうだった。
      陰核は「舐める」のではなく「吸う」のだったな。
      陰核を「引き上げる」
      確かに、これをオナニーで行うのは無理か。
      いや。片手の二本の指で、陰核の両側を摘んで、クッと押し上げればどうだ。
      で、持ち上がった陰核の頂点を、もう一方の手の指で擦る。
      どうかな。
      陰核にも大小があるからな。
      小ぶりの場合はやはり難しいか。
      ちんちんの場合は「引く、引き上げる」というのは、オナニーでも可能だが。
      陰核とちんちんでは、また感触が違うだろうしな。
      こればっかりは、体感不可能。
      >>掌上では、相臀が躍動していた。
      >>由美は、小さな尻たぶを、揉みしだいた。
      「尻」というのは、なんであんなにそそられるんだろうな。
      見てよし、触ってよし、舐めてよし。
      >>相手に奉仕する場面では、2つの感情が相半ばする。
      >>仕えている喜び。そして、支配する充足。
      う~~~~む。
      被虐と嗜虐は、詰まるところ一体のものなのか
      結局は「相手が愛しい」、という思いのなせる業だろうかのう。
      愛しいから虐める。虐められて愛しく思う。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/02/07 14:18
    • ****** 大辞林 *********************
      榧(かや)の木。
      高さ20mに達する、イチイ科の常緑針葉樹。
      山地に自生し、また庭木として栽植される。
      4,5月頃に開花、
      翌年の秋に、楕円形で紫褐色の種子をつける。
      材は碁盤などに用い、種子は油など食用にする。
      「榧(かや)の実」は「秋」の季語。
      *********************************
      う~む。
      律子先生は、都合が悪くなると「理系だった」で逃げおるのう。
      理系だろうが文系だろうが、
      一般教養を身につけておかんと、
      TVのクイズ番組に出たときに恥をかくぞ
      神社の賽銭に、
      元やウォン、ルピーが増えているとニュースでやっておったな。
      日本円では、1万円札もわんさと映っておったが。
      100円で「奮発」か。
      ま、それが正常な感覚だよな。
      >>「言うこと聞かないと、なまはげが来るぞ」
      思い出した!
      子供の頃いたずらをすると、母親に
      「そんなことしてたら『ガオ』が来るで!」と言われた。
      「『ガオ』てなに?」
      「『ガオ』は『ガオ』や!!」
      全然怖くなかったが……。
      “ガオ”てなんやったんやろ。
      ちなみに母親は滋賀県、近江の産。

    • ––––––
      5. 淡雪
    • 2011/02/07 17:38
    • 大野のおっちゃんじゃないんです。
      おぉぉのおっちゃん、が小さいころの我が家のなまはげ的な存在でした。
      ハーレクインさま同様、ちっともイメージがわかずに、「は?」みたいな感じでしたが、母がしつこいので、いちおう話を合わせて怖がってみるふりをしたり、行動をただしたりもしました。
      4つ下の弟はすごく怖がってましたが。
      ***********************
      舐められるという状況は、至近距離で見られていて、しかも触れられ、舐められる・・・・
      非常にはずかしく、逃げたくて、暴れてしまうのをしっかり押さえこまれて・・・という私のパターンを思い浮かべて、
      二度おいしい思いを実感しました。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/02/07 18:21
    • なるほど~。
      クンニというのは物理的な快感だけではないんですね。
      羞恥心、被虐心、
      それらが生理的な快感と綯い交ぜになって……。
      そういえば私も、初めてフェラされたときは、
      気持ちよさももちろんですが、
      「あ~、そんなことまでしてくれて有り難う」
      という思いと、相手に対する愛しさで一杯になりましたね。
      はるか昔の話ですが。

    • ––––––
      7. あおい
    • 2011/02/07 20:23
    • おひとつご報告!
      「携帯mini図書館」http://01.rknt.jp/kminit/
      ですがin数字は多くは望めませんが検索エンジンにひっかかりやすい。
      かなり上位に食い込んでくるのでSEO的には良いかも?
      ドコモの検索エンジンは基本gooなので相性がいいらしい・・・
      ご参考まで。(登録数もメッチャ少ない)
      イネさんへ。
      いつもPingありがとうございます。
      今後は予約が多くなりますので、日にちはずれるかもしれませんが当方にて送信して行こうと思ってますが、やはりやってくれると嬉しい(*^^)v

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/02/07 22:02
    •  ふぅぅ。
       本日も残業であった。
       ちかれた。
      > ハーレクインさん
       “ガオ”は……。
       もちろん、男鹿水族館ではありえないし……。
       一瞬、「鉄人28号」かとも思ったけど……。
       年代が合わないみたいですね。
       で、とりあえず検索してみたら……。
       あっさり、ヒットしました。
       京都新聞の記事。
      http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110119000065
      ----------------------------------------------------------------------
       滋賀県東近江市の八日市商工会議所の会員でつくる「ほない会」は、地域に伝わる妖怪「ガオ」の使いの格好で、子どものいる家庭を回る「ガオがくるぞ!大作戦」を2月6日に催す。参加家庭を募集している。
       八日市の読み方をもじった地域おこし「八日市は妖怪地」の一環。子どもが未知のものを意識することで、道理から外れずに成長してほしいと、しつけの意味をこめて3年前から続けている。
       当日は午後6~8時に、妖怪「ガオ」の使いの面をかぶったほない会会員が家に現れる。「悪いことをしない」などと子どもが約束すれば、厄災から守られる「ガオのお札」を置いて立ち去る。
      ----------------------------------------------------------------------
      > 淡雪さん
       残念ながら……。
       おぉぉのおっちゃんは、ヒットしませんでした。
       なるほど-。
       恥ずかしくて逃げたいんだけど……。
       逃げたくない気持ちも大きい。
       なので、四肢をがんじがらめに縛られた少女のシチュは……。
       逃げたくても逃げられないという、理想のポジションってことか?
      > あおいさん
       「携帯mini図書館」、覗いてみました。
       確かに、数字はあまり望めないようですね。
       携帯で検索エンジンを使う人は……。
       けっこう多いものなんでしょうかね?
       わたしは面倒くさくて、まったく使わないのですが……。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/02/07 23:20
    • いやあ。
      母親のでっち上げと思てたんやけど。
      母親は、もう少し正確にいうと、信長の「安土山」の麓の産。
      あのあたりは町村合併で、今は東近江市。
      まちがいないですね“ガオ”。
      そうか。近江土着の妖怪か。
      今度、家族が寄ったらこの話をしてやろう。
      Mikikoさん。ありがとう。
      しかし、なんでMikikoさんの検索にかかると、
      こうもあっさりヒットするのだ。
      私も検索してみたのだが……。
      GAOという歌手がいるのを知ったのが収穫かな。
      なかなかのもんでした。
      なんか、夏実ちゃんを思わせるような雰囲気が……。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/02/08 06:19
    • 「敵は本能寺にあり」
      じっさいにこの檄がなされたかどうかはともかく、
      この明智光秀の言葉を知らぬ日本人はおるまい(と、思うぞ)。
      天正10年(1582年)6月2日未明。
      「本能寺の変」
      光秀軍の奇襲により、京、本能寺にて織田信長、落命。
      壮麗を極めた安土城も焼失、廃城。
      まさに「そのとき歴史が動いた」だな。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/02/08 07:36
    •  なるべく、そのものズバリのフレーズを入れるのがコツ。
       ひょっとして、「ガオ」で検索してません?
       わたしの検索ワードは、「ガオが来る」。
       あの記事は、トップに表示されてました。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/02/08 08:22
    • 仰せの通り「ガオ」で検索してました。
      なるほどなるほど。
      そういうことか。
      何の世界でもちょっとしたコツがある。
      独学はあかん。
      先人に素直に教えを乞うことが、上達の早道ですね。
      柔道やってたときも、
      「投げられて覚えるんや」とよく言われました。
      結局、投げられっぱなしでしたが。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/02/08 17:01
    • 昨日、ダンボールの底から発掘した本があります。
      (まだ片付けとらんのかい)。
      HQ妻「そら、一冊出すたんびに読んどったら片付かんわな」
      あ~、うん。
      タイトルは「裸のサル」
      著者は「デズモンド・モリス」、生物学者にして動物行動学者。
      裸のサルとは、もちろん人間、ヒトのこと。
      ヒトとサル、特に類人猿とを対比させることで、
      動物としてのヒトの特質を解説した書物です。
      このての書物としては異例のベストセラーになりました。
      で、この著書「裸のサル」の第2章「セックス」で、
      モリスは次のように述べています。
       「『裸のサル』のオスは『半球形のものが二つ並んだ図形』、
       さらに『二つの半球の間の赤い色』に性的興奮を覚える」
      「二つならんだ半球形」とは丸く膨らんだ『尻』を、
      その間の赤い色とはメスの外性器、
      特に『陰唇』を意味しているのは、いうまでもありません。
      モリスは、さらに述べます。
       「『裸のサル』以外のサル類の性行為の際の姿勢は、
       いわゆる『後背位』である。
       メスは尻を掲げ、背後から近づくオスを迎えいれる。
       『裸のサル』の祖先も、
       かつてはこの姿勢で性行為を行っていたであろう。
       このとき、オスの眼に映るメスの尻の双球と、
       その間(あわい)に垣間見える赤い陰唇は、
       オスを著しく性的に興奮させたであろう。
       しかし体毛がなくなり、つまり裸になり、
       直立二足歩行という日常の姿勢を完成させた『裸のサル』は、
       性行為に限らず、
       相手と向かい合って、社会的な関係を行うようになっていった。
       さらに、直立二足歩行を行うようになった影響で、
       『裸のサル』のメスの膣口の位置は、他のサル類に比べ、
       著しく体の前方に移動した(いわゆる上付きですね)。
       そのため『裸のサル』の性行為における姿勢は、
       互いに向き合う、特にオスがメスの上に乗る姿勢
       (いわゆる正常位ですね)が、主流になっていった」
      さらにモリス。
       「『裸のサル』は衣服を身に着けており、尻は見えない。
       性行為に入っても
       『正常位』では、メスの尻はオスには見えない。
       つまり『裸のサル』にとっては、祖先の時代に確立した、
       『尻』と『陰唇』によって性的興奮を促すという方法は、
       著しく阻害されている」。
      そこでモリスは大胆な説を展開します。
       「見えなくなった『尻』と『陰唇』。
       性的興奮を促すものの代替は、
       向かい合った姿勢で眼に映る胸の双球、つまり『乳房』と、
       顔面にある赤い『唇』である。
       そこで『裸のサル』のメスは、
       これらを強調するため唇に『ルージュ』を塗る。
       また、上着を脱いだ状態、
       つまり性行為に入る前段階で乳房を強調するため、
       『ブラ』を着けるのだ……」
      おおよそ、こういう話なんですが、
      ま、いろいろ異論はあるでしょうね。
      特に男性側からは「いや、バックの方が好きや」
      「正常位以外にいろんな体位を楽しむんや」
      などが多いと思われます。
      確かに「裸のサル」は、その性文化! の発展と共に
      様々な姿勢(体位)を発明! してきました。
      これについて、モリスはこうも言っています。
       「各種の体位のうち『正常位』は、
       交接中にメスの陰核を刺激するのに最適であり、
       メスに最も大きな快感を与える体位である」
      「裸のサル」のオスが、メスの愛らしい尻の丸みに、
      えもいわれぬ興奮を覚えるのは、
      遠い祖先の時代の記憶がなせる業だったんですね。
      ペアリングが女性同士の場合、
      モリスの理論はどうなるんでしょう。
      残念ながらモリス先生。
      ビアンについては全く触れておられません……。

    • ––––––
      14. あおい
    • 2011/02/08 20:21
    • まぁ書き手は小説を探さないから検索はまずしない。
      ごもっともです。
      検索するより、そんな時間があれば自分のサイトをなんとかしようと思うはずですよね。
      直近1週間の恋愛至上主義のin数字197に対して、ezwebサーチは1194になっています。
      これはサーバー側のアクセス解析だから正確だと思うのですが。
      PCからの数字や携帯google/yahoo検索は別項目になっています。
      つまりうちではezwebサーチがダントツ
      (ただし携帯専用サイト)
      FC2携帯変換サイトは正確な解析ができないのではっきりとは言えませんが、同様の検索はされていると思います。
      あくまでご参考まで

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/02/08 21:48
    •  今日も残業であった。
       金曜日も休めそうにないわい。
      > ハーレクインさん
       チンパンジーから分岐したサル、ボノボでは……。
       正常位での性行為が確認されてるそうです。
       しかも、メス同士での性器のこすりつけ行為さえ行われてるとか。
       以下、Wikipediaの記述。
      ---------------------------------------------------------
      本種の行動学上の大きな特徴は多様な性行動である。両性間の交尾、ホカホカと呼ばれる雌同士の性器のこすりつけ行為、雄同士の尻つけ行為など、性的な行動のほとんどが挨拶や社会的な緊張緩和の行為として行われている。人間だけが行うと考えられていた正常位での性行動をボノボも行うことが発見されている。チンパンジーよりも直立二足歩行が得意で、食物を運ぶときなどに数十メートル二足で歩くことがある。
      ---------------------------------------------------------
       モリス博士の以下の論述は、実に至言です。
      ---------------------------------------------------------
       「各種の体位のうち『正常位』は、
       交接中にメスの陰核を刺激するのに最適であり、
       メスに最も大きな快感を与える体位である」
      ---------------------------------------------------------
       「Mikikoのクリクリ講座(http://mikikosroom.com/archives/2697992.html)」で、わたしが書いたことと同じですね。
      > あおいさん
       携帯用のアクセス解析をつけてないので……。
       ezwebサーチからのアクセスは、うちでは確認できません。
       しかし、1週間で1,000以上ってのは、スゴいよね。
       そんなに検索する人がいるとは、驚きです。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2011/02/08 22:23
    • 連日の残業、お疲れ様です。
      ふ~む。
      正常位、ビアン、ゲイ、直立二足歩行。
      ボノボって、ヒトの方向に進化しつつあるのか。
      そのうち「裸」になったりして……。
      モリス先生のデータ。
       ●アメリカ人の70%は正常位しか行わない。
       ●アメリカ人で後背位を行うのは10%以下である。
       ●全世界の、200以上の文化的に異なる社会での比較調査によると、後背位を通常的に用いている社会はない。
      ま「裸のサル」は1969年初版という古い本ですから、これらのデータは今では当てにならないでしょうが……。
      引用されたモリス先生の「正常位賛歌」。
      私も「クリクリ講座」との、あまりの整合性に驚きました。
      Mikikoさん。
      火山に加え、動物行動学にも造詣が深い!

    • ––––––
      17. Mikiko
    • 2011/02/08 22:33
    •  カンガルーって、どうやってヤルんでしょうね?
       後ろからだと、ぜったい尻尾が邪魔になるよな。
       と思って、画像を探してみたら……。
       ちゃんとヤレてますね。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110208223131e4a.jpg
       ちんちんが長けりゃ、余裕でデキるようです。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2011/02/08 22:58
    • モリス先生によると、
      サル類の中で最も大きいちんちんをもつのはヒトだそうです。長さも太さも。
      ヒトに比べれば、チンパンジーのちんちんは「太い釘くらいにすぎない」そうです。
      よかったのう「裸のサル」のオスどもよ。
      自信を持て!
    コメントする   【由美と美弥子 0644】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top