Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 496
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「わたしは今、京都にいるんだけど……。
 心配になって来てみたの。
 さっき、会って来たんだけどね。
 やっぱりおかしくて……。
 膝抱えて座ってるだけなのよ。
 目に精気が無いって言うか……。
 で、部屋にあの子残して、フロントに事情を聞きに来たの。
 でも、いつもいらっしゃる方がお休みみたいで、要領を得ないのよ」

 そう言って姉は、フロントのスタッフに、咎めるような視線を投げた。
 スタッフは、この姉から、ずいぶんと問い詰められていたようだ。
 姉の視線を受けた瞳が、怯えていた。

「藤村さん……。
 こちらの方と一緒に、棚橋さんのお部屋に行ってもらえないかしら?
 若宮に連絡取ろうとしたんだけど……。
 携帯が通じないの」

 縋るような瞳を向けられ、心ならずも由美はうなずいていた。
 もちろん、ミサがああなってしまったことへの、後ろめたさがあった。
 しかし、その理由を明かすことが出来ないのも事実だ。

 由美は、姉に伴われ、ミサの部屋に向かった。



 ミサは、ベッドの傍らに、膝を抱えて座っていた。
 一見しただけでは、ことさらな変化は感じられない。
 しかし、ミサの瞳は、カーペットの一点を見つめたまま、揺らごうとしなかった。

「ずっと、こんな調子なのよ。
 何言っても上の空で……。
 ときどき、ひとりごと言うだけ。
 あなた、えーっと、藤村さんだったわよね。
 ちょっと話しかけてみてくれない?」

 姉に見下ろされ、由美はうなずいた。
 姉は、人に命じることに慣れているようだった。
 由美は、ミサの傍らに身を屈めた。

「ミサちゃん。
 お姉さんが心配して、来てくれたんだよ」
「ミサ?
 この子、ミサって呼ばれてるの?」

 そう言って姉は、傍らのベッドに、勢いよく腰を落とした。
 スプリングの軋みと共に、マットレスが揺れた。
由美と美弥子 495目次由美と美弥子 497




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2010/07/16 07:28
    •  『城橋』では、勢いをつけて坂を上るためにスピードを上げたんですが……。
       ここは、逆です。
       川に向かって下り坂になってるので……。
       自然とスピードが出るようです。
       橋が見えてきました。
       欄干の無い、低い橋です。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20100710211148fd4.jpg
      「こん橋は、『沈み橋』と云います。
       その名のとおり、大水の時は水の中に沈む橋です」
       沈下橋というやつですね。
       以前にも書いたと思うけど……。
       わたしは、橋が苦手なんです。
       欄干の近くには寄れない。
       特に、欄干の隙間から見える水面には、恐怖を覚えます。
       ましてや……。
       欄干のない橋なんて、とうてい渡れません。
       実は、高知の四万十川の見所のひとつに……。
       沈下橋があったんですが……。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20100710211148d1b.jpg
       怖いのでパスしました。
       まさか、こんなとこで、沈下橋が待ち受けてるとは……。
       でも……。
       飛び越せそうな狭い川に掛かる橋は短く……。
       恐怖を感じる間もなく渡り切ってしまいました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201007102111495bf.jpg
       程なく、第一の立ち寄り場所、仏山寺に着きました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201007102112113a9.jpg
      「降りてもらう前に、馬車の向きを変えますけん、少々お待ちください」
       お馬さんが、ゆっくりと回り始めました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2010071021115101d.jpg
       狭い道幅ですが、毎回ここでUターンしてるんでしょう。
       ウマいもんです。
       やり直すこともなく、馬車は石垣に沿って反対を向きました。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2010/07/16 07:29
    •  お客さんは、ひとまず下車し、仏山寺の見学です。
       見学時間は10分。
       子供たちは、お寺より馬の方に興味があるらしく……。
       馬の顔近くまで寄って、熱心に見てます。
       わたしたちは大人なので……。
       とりあえず、お寺を見てきましょうか。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201007102112104a9.jpg
       臨済宗のお寺のようです。
       山門は古そうで、古刹の雰囲気を期待したんですが……。
       本堂は、新築間もないようでした。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2010071021121054c.jpg
       馬車に戻りましょう。
       子供たちは待ちきれない様子で、すでに座席に座ってました。
       中には、座席から立ち上がって、わたしたちを恨めしげに迎える子も……。
       まだ10分経ってないからね!
       さて、出発進行です。
       お馬さんは、石垣沿いに左側を歩みます。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20100710211147d59.jpg
       狭い道ですが、これならクルマともすれ違えますね。
       かと言って、寄りすぎたら、馬車が石垣を擦っちゃいます。
       馬車は、石垣と絶妙な間隔を保って進みます。
       偉いもんです。
       もと来た道を戻ります。
       また、『沈み橋』が見えて来ました。
       馬車のスピードが上がります。
       さっきは、下り坂で自然にスピードが上がるのかと思ってましたが……。
       よく考えたら、橋を境に、今度は上り坂になるわけですから……。
       そのために勢いを付けているようです。
       橋を渡りきったところで、道がY字に分かれてます。
       先ほどは右の道から来たんですが……。
       お馬さんは、迷うことなく左の道を選びました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201007120900582de.png
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. フェムリバ
    • 2010/07/16 20:34
    • こんな高圧的な人だと、私なら疲れを理由に断っちゃうな(汗)
      角が立たないようにやんわりですけどね。
      あと
      断りの最後に「許してください・・・」を使えば、しつこい方でも必ず引き下がってくれちゃいます♪
      こういう小川みたいな所の橋でも駄目とは・・・
      筋金入りの橋恐怖症ですな。
      しかし
      「沈下橋」・・・欄干が無い!!
      ちょっと危ないな(汗)
      お寺はけっこう好きですけど・・・
      今回は、子供達に混じってお馬さんに張り付いちゃうかもー
      でも
      お馬さん、馬車の横幅を認識してるのでしょうか?
      賢いですねぇ(驚)

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2010/07/16 20:56
    •  角が立たないように断れる人は、なかなかいないと思うよ。
       うらやましいです。
       わたしなんか、断れずに引き受けて……。
       結局、潰れちゃうタイプだな。
       欄干があると、水の抵抗や漂着物で、橋が流されちゃうからね。
       でも、欄干が無いのは、吊橋より怖いよな。
       夜なんか、どうやって渡るんだろ?
       匍匐前進か?
       ほんまに、賢いお馬です。
       人間でも……。
       自分の横幅を認識してないオバハンとか、いるのにね。
    コメントする   【由美と美弥子 496】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top