Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 486
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美弥子が、由美の瞳を覗きこんだ。

「このまま、いいの?」

 美弥子の声は掠れていた。

「待って。
 気を失ったままじゃ、可哀想だから……」

 由美は、抱きかかえた叔母の身体を揺すった。

「ん……」

 息が漏れた。
 揺すられるままだった頭部が、意志を持って定まった。
 頸が持ち上がる。

「叔母ちゃん、目が醒めた?」

 由美は、叔母の髪に顔を埋めるように、耳元でささやいた。
 叔母は、正面の美弥子を見ていた。
 まだ、状況が把握できないようだった。
 由美は、もう一度叔母の身体を揺すった。

「始めるよ」

 ようやく叔母は、自らの状況を理解したようだ。
 由美の胸で、叔母の背中が身じろいだ。
 同時に、美弥子に抱えられた脚に、力が籠もるのが判った。
 しかし、背中も脚も、固定されて動かない。

「あ……。
 待って。
 待ってちょうだい」
「何を待つの?
 叔母ちゃんは、待ちすぎたんだよ。
 39年も……。
 待つのは、もう終わり」

 美弥子が、更に腰を進めた。
 男根の根元が、叔母の股間間近まで迫った。

「ひぃぃぃ」

 叔母の口から、笛のような悲鳴が漏れた。

「無理よ。
 お願い、許して。
 こんな大きいの……。
 絶対入らないぃ」
「さっき見たでしょ。
 由美のおまんこに、あのちんちんが入るとこ」
由美と美弥子 485目次由美と美弥子 487




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2010/07/02 07:21
    •  若女将(?)に教えられたスーパーは、『グルメシティ湯布院店(http://shop.daiei.co.jp/shop/ShopPageTop.do?shopid=0519)』というお店でした。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201006261951130d1.jpg
       規模はそれほど大きくありませんが、日常生活品の調達には十分のようです。
       『グルメシティ』というスーパーは、新潟には無いので……。
       地元資本かと思ってたら、大間違い。
       ダイエーグループのスーパーでした。
       ところで、そのダイエーですが……。
       今、新潟には、1店舗もありません。
       でも、5年前まではあったんです。
       新潟市の「万代シティ」という商業地には、旗艦店がありました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20100626195113056.jpg
       開店は、1973年。
       1979年には、売上高が、全国のダイエー店舗中でトップになったそうです。
       最盛期の年間売上高は、200億円近かったとか。
       わたしは生まれてましたが……。
       そのころの記憶はありません。
       土・日には、店内が立錐の余地も無かったとか……。
       でも、中心商業地にあったため、駐車場が店舗に隣接してませんでした。
       離れてた上に、有料。
       その後、郊外に……。
       滑走路のような無料駐車場を完備したスーパーが、続々と建つようになります。
       郊外からのクルマ客が来なくなると、売上げは激減。
       ピーク時の3分の1になっちゃいました。
       そしてついに……。
       2005年、閉店。
       新潟店以外の県内店舗も、これ以前に閉鎖されており……。
       新潟店の閉鎖で、新潟県からダイエーは無くなりました。
       ダイエーが、「万代シティ」に出店する前は……。
       新潟の中心商業地は、信濃川を渡った「古町(ふるまち)」という地域でした。
       大和デパートがあったところね。
       その客足を、ダイエーを中心とする「万代シティ」が奪ったのです。
       そしてその「万代シティ」も、郊外の大規模店に客足を奪われ、衰退していきました。
       まさに、栄枯盛衰ですね。
       今、ダイエーだった建物は、「LoveLa(ラブラ)万代」という、専門店の集まった施設になりました。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201007012042023ef.jpg
       さて、てなわけで、ひさびさにダイエー系列でのお買い物。
       なにしろ、今夜の宿は、1人2,500円です。
       俄然余裕が出来ました。
       しかも、外食するつもりでいましたからね。
       由布院のお店で、夕食食べてお酒も飲んだら……。
       どう考えても、1人前5,000円近くなっちゃうんじゃないの?
       2人で、10,000円です。
       スーパーの総菜で10,000円も買ったら、カートがてんこ盛りになっちゃいます。
       もちろん、2人でなんか食べられっこありませんよ。
       てなわけで……。
       今日は、ビールを奢りましょう。
       普段は、第3のビールしか飲んでないからね。
       本物のビールは、久しぶりです。
      「お刺身、どうします?」
      「わたし、生魚ダメなんだ。
       でも、美弥が食べたかったら、買っていいよ」
      「お昼がお肉だったから……。
       お魚が食べたいなと思って。
       切り身買ってって、コンロで焼きましょうか?」
      「いいよ。
       面倒じゃない。
       こんなにお総菜があるんだから、みんな出来合いで大丈夫」
      「焼いてあるお魚、買って行きます?
       でも、レンジもオーブンも無かったから……。
       暖め直せませんよ」
      「いいよ、冷たくても。
       あ!
       いいこと思いついた。
       お刺身を、多めに買っていこう」
      「でも、生魚食べれないんでしょ?」
      「だから……。
       お刺身を、コンロで炙って食べる。
       美弥は、生で食べればいいんだよ」
      「そんなことしなくても……。
       切り身、焼いてあげますって」
      「ほら、高知であったじゃん。
       鰹のタタキ。
       あれ、おいしそうだった。
       炙った鰹。
       考えてみればさ。
       お刺身ってのは、一口サイズに切ってある魚ってことだよな。
       焼き肉用の肉と一緒だよ。
       お刺身の裏表を、ちょちょっと炙って食べたら、絶対美味しいって。
       きっと、いい旅の思い出になるよ。
       お刺身焼いて食べることなんて、もう二度と無いかも知れないんだから」
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. フェムリバ
    • 2010/07/02 21:05
    • なんだか、凄く可哀想になってきちゃいました(泣)
      でも
      怯える律子さんは、めちゃんこキュートです♪
      いまどき有料駐車場じゃ、客足も遠のきますよね・・・
      (東京だったら有料が当たり前なのかな?)
      まあでも、他の大型スーパーと変わりませんからね、なくても大丈夫かも・・・(汗)
      炙りお刺身、美味しそうですね♪
      私は、お刺身をしゃぶしゃぶにして食べる時があるんですけど・・・
      親や友人には不評です(泣)
      けっこう美味しいのに、悲しい・・・
      お刺身をしゃぶしゃぶしたっていいじゃないかぁ~(泣)

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2010/07/02 21:27
    •  律子おばちゃんも、本望でしょう。
       必ずわたしが、幸せにしてあげます。
       作者が請け合うんだから、間違いなし!
       なるほど。
       お刺身のしゃぶしゃぶね。
       それ、絶対イケるよ。
       お刺身は……。
       そのまま食べるだけじゃなくて……。
       素材としての使い方が、もっとあるんじゃないかな。

    • ––––––
      4. フェムリバ
    • 2010/07/02 21:40
    • ミキコ様を信じます!!
      そうですよね!
      素材として扱ったっていいんです!
      あ、でもって・・・
      お刺身しゃぶしゃぶでのオススメは、タイとサーモンとブリです♪
      タレは、ポン酢でもゴマダレでも醤油系タレでもなんでもいいです。
      お好きなように召し上がって下さい♪

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2010/07/02 21:47
    •  しゃぶしゃぶは美味しそうだね。
       タレをいろいろ用意すれば……。
       一品で、いろんな味が楽しめるでないの。
    コメントする   【由美と美弥子 486】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 変態小説
愛と官能の美学 ちょっとHな小説 官能の本棚 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集
ぺたの横書き 被虐願望 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のための官能小説 お姫様倶楽部.com 空想地帯
出羽健書蔵庫 魔法の鍵 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Adult Novels Search ヌケルアダルト作品

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search ネット小説ランキング 少女禁忌区域 おたりんく
成人向けランキング アダルト動画まとめ ぱっくりんく Cyber あまてらす
クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top