Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0306
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あがっ。
 あががっ」

 美弥子の腕の中で、少女は子鹿のように暴れた。
 ローファーが脱げ飛んだ。
 四肢をばたつかせながら、少女は全身で絶頂を訴えた。
 ソックスの先が、扇形に広がっていた。
 指の股がすべて開いているのが、夕日に透けて見えた。
 少女の最後に噴きあげた涎が、美弥子の髪まで届いた。

 再び蝉時雨だけの静寂が戻ったとき、少女の身体からは魂が失われていた。
 美弥子を見上げ、大きく見開いた瞼の中に、瞳は無かった。

 少女に廻した腕を解き、胸に抱えていた背中を離す。
 少女の背中はびっしょりと汗に濡れ、ブラウスが肌に貼りついていた。
 美弥子の胸元も同じだった。
 少女を起こさないように、その身体を下駄箱に凭れさせる。
 下駄箱を背にした少女は、壊れた人形のように俯いた。

 美弥子は鞄を持ち、起ち上がった。
 まだ息が乱れていた。
 鞄を持たない手で股間を圧迫し、昂ぶりを鎮める。
 息が整うのも待たず、美弥子はその場を立ち去った。


 やがて、新学期を迎えた。
 しかし、少女の姿を学園で見ることは無かった。
 やはり、自らの行為を恥じて、死を選んだのではないか……。
 美弥子の胸に、不安がよぎった。
 しかし、そのような事態になっていたのなら、必ず噂になるはずだ。
 いや、それ以前に、学校側からのアナウンスがあるはず。
 それもない。
 少女の姿だけが、学園から消えていた。

 美弥子は、1年生の担任教師をひとりずつ訪ねた。
 落とし物を拾ったと。
 落とした生徒は判っているが、名前を知らないと。
 少女の容姿を伝え、渡したいのだが最近見かけないと……。

 3人目の教師が、答えを持っていた。
 何のことはない。
 少女は、転校したのだという。
 急な転校ではなく、以前から決まっていたそうだ。
 あの少女は、下駄箱で自慰に耽りながら、美弥子に別れを告げていたのだ。
由美と美弥子 305目次由美と美弥子 307




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/10/23 07:28
    •  1990年、新潟県の中部、長岡市にある八幡林遺跡から、「沼垂城(ぬたりのき)」と墨書きされた木簡が出土しました。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20091010201840f0d.jpg
       木簡には、養老の元号が記されてました(年までは不明)。
       養老年間は、717年~724年です。
       奈良時代。
       藤原不比等らによって、養老律令が定められたころです。
       この木簡により、「渟足柵」が「沼垂城」と表記を変え、養老年間までは存続していたことが明らかになりました。
       現在、新潟市中央区には、「沼垂(ぬったり)」という地名が残ってまして……。
       この近辺に、「渟足柵」があったと云われてます。
       で、この「渟足柵」、文献には残ってますけど……。
       実際の遺跡は出てません。
       なお、木簡が出た八幡林遺跡ですが、沼垂からは50キロも離れてます。
       木簡は通行手形の役割も持ってたらしく……。
       下級役人が持ち歩き……。
       不要になったところで破棄されたものと見られてます。
       2000年には、新潟大学を中心として「渟足柵」探索のための研究チームが結成されました。
       ボーリング調査を始めとして……。
       レーダー探査、電気探査。
       地層を剥ぎ取るジオスライサーによる調査も行われましたが……。
       未だ、「渟足柵」は発見されてません。
       では、なぜ「渟足柵」の遺跡が出ないのか?
       それは……。
       治水がなされてないころの信濃川や阿賀野川は、たいへんな暴れ川で……。
       洪水を起こす度に、川筋が変わってるんです。
       2本の大河が、河口をひとつにしたり、また離れたり、のたくりまわってたわけ。
       おそらく河口近くで、川底にならなかった地域はないんじゃないでしょうか。
       なので、低地にあった遺跡は残らないんですね。
       みんな海に押し流されてしまってますから。
       あと、今「沼垂」という地名になってる地域に、「渟足柵」があったとは限らないんです。
       なぜなら、川筋が変わる度に、「沼垂」の町は移転してるからです。
       江戸時代初期には、40年間で4回移転したという記録もあります。
       さて、「渟足柵」まで持ち出して、わたしが何を言いたかったかというと……。
       つまりは新潟市が、2本の大河に挟まれた低湿地にあるということです。
       新潟市の真ん中あたりに、「亀田郷」と呼ばれる地域があります。
       西には信濃川が、東には阿賀野川が北上してます。
       南は、2本の川を繋ぐ小阿賀野川。
       北は日本海。
       4方を水に囲まれた輪中地帯。
       東西12㎞、南北11㎞。
       面積はおよそ、110平方キロ。
       東京の青梅市より、ちょっと広いくらいの面積があります。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20091010201840f4e.jpg
       新潟市の大合併前、亀田郷は、新潟市・亀田町・横越町にまたがる地域でした。
       合併により、亀田郷全体が新潟市に含まれることになりました(区は3つに別れてます)。
       で、この亀田郷ですが、戦前までは、「地図にない湖」と言われてました。
       地図には陸地として描かれてるんですが……。
       実際行ってみると、泥湿地。
       それもそのはず……。
       海面より低い地域が、3分の2を占めてるんです。
       上の画像で、肌色に塗られた部分が、いわゆるゼロメートル地帯です。
       つまり、4方を水に囲まれた真ん中に……。
       フライパンを縁まで沈めたような地形。
       それが亀田郷。
       上の画像で、2本の青い棒線が引かれてます。
       このうち、左上から右下へ、斜めに引かれた棒の断面が、下の図になります。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20091010201841e0d.jpg
       断面図の左側が、青棒の左上です。
       断面図の一番左にある青い水が日本海。
       その隣の青四角が信濃川。
       一番右の青四角が阿賀野川。
       2本の川に挟まれて、お鍋のようにへこんでる部分が亀田郷です。
       真ん中の青四角は、亀田郷の底、鳥屋野潟です。
       今、この鳥屋野潟のほとりには……。
       アルビレックス新潟の本拠地、ビッグスワンスタジアムが建ってます。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20091010201841ed7.jpg
       スタジアムの北に広がる水面が、鳥屋野潟です。
       今年、このスタジアムのとなりに、野球場もできました。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/200908250636551e6.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. 淡雪
    • 2009/10/23 08:29
    • お勉強させていただきました。
      ありがとう存じます。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2009/10/23 19:40
    •  郷土のことですから……。
       それなりの知識は持ち合わせてます。
       ほかの土地のことは、さっぱりわかりません。

    • ––––––
      4. フェムリバ
    • 2009/10/23 19:53
    • 美弥子さんとの情事は、暑さが見せた幻だと思い、何も言わずに転校して行ったのでしょうか・・・
      健気ですね。
      40年間で4回移転・・・
      不便な生活を強いられて、心身共に休まらなかったでしょうね・・・
      でも、なんとなくメソポタミア文明みたいですね?
      ハードオフエコスタジアム!
      上はこうなってたのかぁ~
      ミキコ様は本当に物知りだ!

    • ––––––
      5. フェムリバ
    • 2009/10/23 20:08
    • ハードオフエコスタジアムではなくて、ビッグスワンスタジアムの上でした・・・

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2009/10/23 21:12
    •  まったく本筋と関係なく、別に抱いてた妄想のひとつだったんです。
       美弥子の回想というかたちで、なんとか本編に組み込むことができました。
       メソポタミア……。
       世界史と地理は、からっきしダメだったので……。
       オーパーツ絡みの超古代文明の話なら、好きなんだけど……。
       ビッグスワンスタジアム、自転車で行ける距離なんですけど……。
       1度も行ったことがありません。
       人混みが苦手でして。
       人が集まって興奮してる状態は、さらに苦手で……。
       なので、コンサートなんかにも1度も行ったことがありません。
    コメントする   【由美と美弥子 0306】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top