Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0277
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 大きな街路との交差点まで来た。
 ここを渡れば、もうマンションはすぐそこだ。
 折り悪く、信号は赤に変わったばかりだった。
 ここの赤信号は長い。
 横目に立つミサは、交差点の向こうを真っ直ぐに見ていた。
 表情の消えたミサの横顔は、思いのほか大人びて見えた。

「由美ちゃん。
 今、あたしが何してるか、わかる?」

 ミサが、前を見つめたまま呟くように言った。

「え?」

 聞き違えたのかと思った。
 ミサは、ただ前を見つめて立っているだけだったからだ。
 ミサは、ゆっくりと由美に頸を巡らせた。

「あたし今、おしっこしてるの」

 思わずミサの足元を見る。
 足元は一面、雨が浮いていた。
 黄色い点字ブロックの凹凸を、雨水がすり抜けていく。
 無論、小水など識別できなかった。

 由美は視線を、ミサの足元から上に移した。
 ミサは、デニムのミニスカートに素足だった。
 いつものファッションだったが、このときのミニは、マンションで見ていたものとは違った。
 染め立てのインディゴだった。
 そのスカートにも、小水の跡など見えない。
 厚い生地のせいで、表まで抜けてこないのだろうか……。
 抜けたとしても、濃いインディゴが染みを隠してしまうのかも知れない。

 しかし、ミニから真っ直ぐ伸びた素足には、内側を流れ下る水流が確認できた。
 白い素肌の上を、蜂蜜を薄めたような流れが伝っていた。

「あたし、雨の日大好き……。
 歩きながらおしっこできるから。
 パンツはね、駅のトイレで脱いじゃってるんだ。
 お尻がすかすかして、気持ちいいよ。
 このスカート、風で捲れる心配も無いしね」

 ミサは、由美を見てにっこりと微笑んだ。
 思わず引きつけられるような、優しい笑みだった。

 信号が青に変わり、2人は歩き出した。
由美と美弥子 276目次由美と美弥子 278




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/09/12 07:26
    •  さて、出雲大社にもご挨拶もしたし、十二分に堪能しましたね。
       一畑電車で戻りましょう。
       出雲大社前駅、14:01、出発です。
       今度は川跡駅で乗り換えず、そのまま宍道湖の北を周り、松江に向かいます。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2009091206413420f.jpg
       15:02、松江しんじ湖温泉駅着。
       宿に入るにはまだ早い時間です。
       足を伸ばして、松江城を目指しましょう。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2009091122165477d.jpg
       バスで4~5分くらいの距離なので、歩いて行きます。
       ちょっと寄り道したいから。
       それは……。
       月照寺!
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2009090520091454c.jpg
       ここには、面白いものがあるんですよ。
       ↓これ、これ!
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905201043977.jpg
       さすがのロシアのディルドゥも、この亀さまには負ける……。
       大亀頭を前に、大いに盛り上がる2人です。
       さて、松江城に向かいましょう。
       松江と言えば……。
       もちろん、小泉八雲です。
       さっきの大亀も、八雲が「夜な夜な松江を徘徊する」と随筆に書いてます。
       目指すは、「小泉八雲記念館」。
       松江城を囲む堀沿いにあります。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905201427b5b.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2009/09/12 07:28
    •  となりには、小泉八雲旧居があります。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905201527a80.jpg
       「庭のある侍の屋敷に住みたい」と、八雲自ら希望して借りた家。
       八雲はここで、奥さんのセツさんと新婚時代を過ごしました。
       旧居を出て堀沿いをさらに歩くと、「武家屋敷」があります。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/200909052017511ea.jpg
       「小泉八雲記念館」や「武家屋敷」が並ぶ堀沿いの道は、「塩見縄手」と呼ばれてます。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905202029073.jpg
       「塩見縄手」は江戸時代の侍町の通りで、「日本の道100選」にも定められてます。
       「縄手」とは、まっすぐな長い道を云うらしいです。
       新潟みたいな港町では、道が真っ直ぐなのは当たり前ですけど……。
       城下町の道筋は、外敵の侵入を防ぐために、鈎の手になってたりしますからね。
       真っ直ぐな道が珍しいので、わざわざ「縄手」なんて呼びかたをしたんでしょうか?
       ほんと、城下町っていいですよね。
       わたしは、城下町の雰囲気が大好きなんです。
       新潟みたいな港町は、スコーンと空が開けてる感じで、なんだか落ち着きません。
       その点城下町は、箱庭みたいにチマチマっとまとまってる感じが、わたしの肌身に合うんでしょうね。
       さて、どうやら縄手道も尽き、バスが来たようです。
       17:28、「北堀町」バス停から一畑バスに乗車、「松江大橋北詰」で降ります。
       所要時間6分。
       今夜の宿は、バス停から徒歩2分のところにあります。
       宍道湖から流れ出る大橋川のたもと。
       「皆美館(http://www.minami-g.co.jp/minamikan/)」さんです。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905203632ef4.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2009/09/12 07:29
    •  島崎藤村が愛したお宿とか。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090912073152350.jpg
       庭園は、アメリカの専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」でも紹介されてます。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905205902f93.jpg
       わたしたちが泊まるのは、展望露天風呂の付いた4Fのお部屋。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/200909052042235fe.jpg
       仲居さんが帰るや否や、さっそく飛びこむ2人です。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905204401a85.jpg
       「月舞」コースのお料理です。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090905205109e7a.jpg
       さて、宍道湖の夜も更けました。
       お布団に潜りこむことにしましょう。
       お楽しみはこれからですよ♪
       2人だけの夜が、更けていきます……。
       次回に続く。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2009/09/12 17:01
    •  冬は、湯気が立ってバレちゃうのか。
       街角おしっこは、夏季限定だね。
       この旅行記書いてて、マジで松江に行きたくなった。
       月照寺の亀が、わたしを呼んでる……。
       露天風呂付きのお部屋、憧れるよね。
       でも、当然ながら、たまげた値段です。
       こんな旅館に泊まれるのも、紙上旅行だからこそ。
       実生活で泊まれるのは、淡雪女王くらいだよ。

    • ––––––
      5. 女王たま
    • 2009/09/12 20:28
    • 怒りますわよ。
      わたしたち、皆生温泉でどこのホテルに泊まったんでしょう。
      JTBで探したはずなんですが、一応蟹をうたい文句にしてたはずのところです。
      何の特色もないどでーーんと大きな宿だったような記憶です。
      こちらの部屋付き露天風呂、すてきですね。
      今日も半日かけて、整理しておりました。
      小さな物置にいらないものがいっぱい。。。大変疲れました。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2009/09/12 20:50
    • > フェムリバさん
       月照寺は、松江藩祖松平直政公が、生母月照院の霊牌を安置するために興した寺だそうです。
       なるほど、天照月照の対比は面白い。
       きっと、亀の頭に月の光が照るのでしょう。
       思いっきり贅沢するつもりなんだが……。
       300円のシャワーカード買ったり、いまいちビンボー人根性が抜け切れんな。
      > 女王たま
       淡雪女王は今ごろ、皆美館の露天風呂に浸かってたりして……。
       と書こうとしたら、先にコメントを入れられてしまった。
       ネタ帳「るるぶ」によると……。
       皆生温泉では、「華水亭」とか「湯喜望 白扇」などが紹介されてました。
       まだ片付けものしとるのか!
       しかも物置とは……。
       ご主人と、よほど顔合わせたくないんじゃないの?

    • ––––––
      7. 女王たま
    • 2009/09/12 22:37
    • やっぱり、華水亭か天水かどちらかだったような。。。
      すぐちかくが、トライアスロン発祥の地とかいう海岸でした。
      華水て、読みようによっちゃ、はなみず。。。
      ええ、ええ、片付け物は続くよ、どこまでも♪
      途中、邪魔したいのか、イランこと言うてきます。
      「台所の排水溝が臭う」とか・・・無言でシンク下(先日片付け終了で、きっれーーー)から、大きいハイターを取り出して、排水溝に、どっぼどっぼどぼ!と1滴残らず流し込んで、目の前のゴミ箱に、音を立てて、ハイターの空容器をバシーーーンと捨てました。
      終始無言です。
      「邪魔するな、ボケ[絵文字:v-237]」と聞こえましたかしら?おほほのほ。
      しかし、わたくしなんで、こんなに怒ってるんでしょう。
      忘れました。(え゛?)
      更年期とかなんとか揶揄されようとかまいませんが、わたしの残り時間に考えが及んだら、もういけません。
      私の人生の邪魔をするんじゃない!と叫びだしたくなったのですの。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2009/09/12 23:05
    • > 女王たま
       怖いよぉ(泣)。
       最初読んだときは……。
       ハイター捨てたのは、ご主人かと思ったけど……。
       読み返してみたら、女王たまのお振る舞いだったのですね……。
       わたしは、そういう緊張状態に極端に弱いので……。
       たぶん、お二人の間に入ったら、おしっこ漏らすと思います。
       わたしで良かったら……。
       ぜひ、イカリのはけ口に使ってほしいです。
       女王たまに組み伏せられてビンタ張られたら、それだけでイッちゃいます……。
      > フェムリバさん
       あの月照寺の亀って、子授けに霊験がありそうだよね。
       真夜中に……。
       月の光を浴びながら……。
       全裸で、亀さまにまたがる。
       で、お尻を振り立て(毛切れしそう……)。
       そのまま、天を見上げて絶頂を迎えたとき……。
       口中に月の光が飛びこみ……。
       子宝が授かる、とか。
       見物人の方が多くなりそうだな。

    • ––––––
      9. 女王たま
    • 2009/09/13 16:43
    • あのねーーー。
      きょうは、何したと思う?
      サッシの桟を洗いました。
      掃除してたら、文句言いませんもん。
      ええこと思いつきましたわ。
      主人がいるときはわたくしは掃除します。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2009/09/13 17:06
    •  女王たまモードなのか……。
       サッシの桟なんか、どうやって洗うの?
       高圧洗浄機は使えんだろうし……。
       スチームクリーナーかなんか?
       そうやって、家中がピカピカになってくかと思うと……。
       とても怖いです。
    コメントする   【由美と美弥子 0277】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top