Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0270
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美の尻は、小舟を漕ぐ艪のように、宙を煽り続けていた。
 ベランダの手摺りに吊された右脚が、手摺りの上に突き出ていた。
 タオルケットに括られた膝が真っ直ぐに伸び、脛は青空を指していた。
 爪先が、空を掴むようにすべて開いていた。
 指先の狭間の空を、鳩の群れが旋回しているのが見えた。
 絶頂が近かった。
 青空を仰ぎながら迎える絶頂は、美弥子とのベランダを思い起こさせた。

『美弥ちゃん……』

 青空に、美弥子の顔が浮かんだ。
 悲しげに、由美を見下ろしていた。

『ごめんね……』

 由美の頬を涙が伝った。

『美弥ちゃん、由美、もうイッちゃう』

 由美は青空の美弥子から目線を切り、頸を仰け反らせた。
 隣室とのパネルを見つめながら、絶頂を待った。
 由美が瞳を迫り上がらせ、唇から歓喜を迸らせようとした、その時だった。
 不意に、陰核から刺激が消えた。

「あ、あ」

 由美は小さな悲鳴を零しながら、頸を振り戻した。
 ミサが口角を上げ、真っ直ぐに見下ろしていた。

「今、イキそうだったでしょ?
 ダメだよ。
 勝手にイッちゃ。
 お答えがないでしょ、まだ」
「あ、あぁ」
「ちゃんとしゃべりなさい。
 由美ちゃん。
 お尻までタラタラ垂れてる、このお汁はなんですか?」
「……」
「言わないと、ずっとこのままだよ」
「うぅっ」

 由美の口から嗚咽が零れた。
 絶頂の間際までたどり着きながら、その扉が開かれない。
 四肢は戒められ、自ら扉を開くことは適わなかった。
 ミサの手で、開いてもらうしかないのだ。
由美と美弥子 269目次由美と美弥子 271




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/09/02 07:25
    •  さて、1回飛ばしてしまったヤマタノオロチのお話の続きです。
       あるサイトの画像を見て……。
       思わず、「ヤマタノオロチだっ!」と叫んだわけは……。
       その時見た画像は、どうしても見つかりませんので、似たような画像を載せます。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/200908230951478e4.jpg
       もう1枚。
      http://blog-imgs-24.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20090824161402cc9.jpg
       いずれも、溶岩流が山肌を流れ下る画像です。
       どうです?
       まさに、たくさんの頭を持つ、真っ赤なヘビに見えませんか?
      『8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大』
       ひょっとしたらわたし、大発見したのではなかろうか……。
       ドキドキしました。
       で、「ヤマタノオロチ=溶岩流」という説が無いか、ネット検索したところ……。
       がっくり……。
       やっぱり、その説を唱えてる人がいたんです。
       しかも偉い人。
       寺田寅彦(1878~1935)という人です。
       物理学者でありながら、夏目漱石の高弟。
       随筆家としても有名な人です。
       わたしが見つけたのは、「寺田寅彦随筆集」にあった「神話と地球物理学」という一文。
       昭和8年8月に発表された文章です。
       中に、次のような記述があります(原文に行分けはありません。全文はこちら→http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2357_13804.html)。
      ---------------------------------------------
       高志の八俣の大蛇の話も火山からふき出す熔岩流の光景を連想させるものである。
       「年ごとに来て喫うなる」というのは、噴火の間歇性を暗示する。
       「それが目は酸漿なして」とあるのは、熔岩流の末端の裂罅から内部の灼熱部が隠見する状況の記述にふさわしい。
       「身一つに頭八つ尾八つあり」は熔岩流が山の谷や沢を求めて合流あるいは分流するさまを暗示する。
       「またその身に蘿また檜榲生い」というのは熔岩流の表面の峨々たる起伏の形容とも見られなくはない。
       「その長さ谿八谷峡八尾をわたりて」は、そのままにして解釈はいらない。
       「その腹をみれば、ことごとに常に血爛れたりとまおす」は、やはり側面の裂罅からうかがわれる内部の灼熱状態を示唆的にそう言ったものと考えられなくはない。
      ---------------------------------------------
       まさに、そのまんまですよね。
       斐伊川の氾濫なんて例えより、ずっと視覚的に近いじゃありませんか。
       それにこの説なら、山の頂上近くがオロチに襲われるって疑問も氷解します。
       溶岩流は、頂上から流れ下って来るわけですから。
       ただ、この説でも説明し難い記述が、神話にはあります。
      『毎年古志(こし)からヤマタノオロチがやって来て娘を食べてしまった。』
       古志というのは、「越」のことです。
       『Wikipedia』を引くと……。
      「越国(こしのくに)とは、現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部に相当する地域を領した、古代の勢力圏である」
       つまり、その越の国から出雲に、ヤマタノオロチはやってくるわけです。
       この記述、単純な火山噴火説からは、説明がつきません。
       もちろん、洪水説でも説明できませんけど。
       なんとか説明できんもんか……。
       考えました。
       オロチは、越から出雲にやって来る……。
       越と出雲を繋ぐもの……。
       首を捻るうち……。
       突如、閃きました。
       あったんです。
       越と出雲を繋ぐものが。
       続きは、あさって。

    • ––––––
      2. 淡雪
    • 2009/09/02 08:18
    • 読ませるわよねー。
      Mikikoさんは。
      いまや、労力の半分以上はコメントに使ってますね。
      コメントのエロ部を除いた内容でも、ひとつブログが出来そうよね。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2009/09/02 19:48
    •  コメントの方が、メインコンテンツになっちゃってますよね。
       オマケの方がデカくなったお菓子みたいです。
       コメント書くのに、かなりの時間を取られてるのは確かです。
       本編の1回分は、30分くらいで書けるけど……。
       最近のコメントは、そんな時間じゃ書けませんわな。
       調べものとか、しなくちゃならないし……。
       最近は、本編とコメントが完全に乖離しちゃってるから……。
       こういう形式でいいのかと、考えないこともないです。
       コメント欄は、制約も多いしね。
       でも、今さらやり方変えるのも面倒なので……。
       このまま行くつもりですけど。

    • ––––––
      4. 淡雪
    • 2009/09/02 21:54
    • ほんまに面白いものになってますよ。
      頑張ってるなあ。ミキコさんは。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2009/09/03 07:50
    •  照れますが……。
       自分でも、頑張ってると思うから……。
       とっても嬉しいです。
       これだけやって、面白くないなんて言われたら、ぺちゃんこですもん。
       来てくれたお客さまには、なんとか楽しんでってもらいたいじゃない?
       生まれながらの芸人なんでしょうかね。

    • ––––––
      6. 淡雪
    • 2009/09/03 08:40
    • 旺盛なるサービス精神ですね。
      でも人を幸せにすること自体、すごくシアワセなことよね。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2009/09/03 19:44
    •  いやにほめるね。
       何も出ないぞ。
       でも、ほんとだよよね。
       わたしの文章読んで、楽しんでいただけるなら……。
       これに勝る喜びはありません。

    • ––––––
      8. 淡雪
    • 2009/09/03 20:12
    • 片付け物を続けているので、なんか自分の癖?に向き合う毎日です。
      主人から、身辺整理みたいで気持ち悪いからやめてくれと言われました。
      でも、つづけてるのよ。意地悪かしら。^^
      仏に近づいているのかしら。
      でも、きっちり毒も捨ててはいませんよ。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2009/09/03 20:24
    •  片付けものなんてしないんじゃないの?
       わたしなんか、母からしょっちゅう言われてるけど……。
       あれって、早く仏に近づけって言ってるのか?
       片付けものって……。
       自分の心を片付けてるのかもね。
       きっちり収まったら、また歩き出しましょう。
       再び、散らかすために。
    コメントする   【由美と美弥子 0270】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集
官能文書わーるど 官能的なエロ小説 ちょっとHな小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
電脳女学園 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ひめ魅、ゴコロ。 変態小説 潤文学
羞恥の風 性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
秘密のエッチ体験談まとめ HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer 人妻の浮気話 艶みるく
Playing Archives 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 快感小説 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 アダルト検索一発サーチ SM~猟奇の性書~変態
恥ずかしがりたがり。 [官能小説] 熟女の園 黒い教室 濠門長恭の過激SM小説
魔法の鍵 女性のための官能小説 Eros'Entertainment 女性のH体験告白集
出羽健書蔵庫 ちょっとHなおとなのための… ぺたの横書き お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 妄想ココット 最低のオリ riccia
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト 調教倶楽部 緊縛新聞
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被支配中毒 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる アダルトブログランキング
小説の匣 官能小説アンテナ
にほんブログ村 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search アダルト動画まとめ Girls Love Search おたりんく
ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット アダルトなび2 Cyber あまてらす
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 萌駅
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank Adult Novels Search 絵描きさん.NET
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top