Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0184
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 由美と美弥子の儀式が、今宵も始まった。

 天井のライトは落とされ、壁面の間接照明だけがフロアを照らしていた。
 仄かな明かりの中で、グランドピアノが更にその黒みを増していた。

 フローリングの床に、2人は向かい合って立った。
 見つめ合いながら、一枚一枚その衣服を落としてゆく。
 時には、ストリッパーのような仕草で互いを挑発した。
 最後の一枚を同時に脱ぎ落とし、2人は全裸になる。

 美弥子が、鎖骨から隆起の始まる砲弾のような乳房を、両の手の平で持ち上げる。
 薄紅色に屹立した乳首を由美に見せつけながら、その乳房を揉みしだく。

 由美は、見ているだけで気が変になりそうだった。
 たまらず、薄い乳房の上で棗のように尖る、自らの乳首を摘む。
 指先で棗を転がすと、声が零れた。

「あぁ、あぁ、あぁ」

 由美が鼻声を上げ始めると、美弥子は片手を乳房から離した。
 手の平は、ゆっくりと腹を這い下り、由美を焦らすように性毛を縫い分け、ようやく性器にまで届いた。

 美弥子の陰核は、由美にも判るほどに屹立していた。
 そこを揉み立てたい欲望からか、美弥子の指先が一瞬止まった。
 しかし、思い直したように指は更に下へと伸びていく。

 陰唇は充血し、捲れ上がっていた。
 美弥子は指先でそれを拡げ、由美に見せつける。
 由美は目が眩みそうだった。

 美弥子の白い腹。
 黒々と萌え立つ性毛。
 それを掻き分ける長く白い指。
 そしてその指先に開かれた、深紅の性器。

 美弥子の性器は、そこだけが別の生き物のように呼吸していた。
 膣口を溢れた仄白い液体が、黒い性毛の先に露を結んでいる。
 太腿を伝った流れは、幾本もの細い筋を引いて膝まで届いていた。
由美と美弥子 183目次由美と美弥子 185




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/05/01 07:25
    •  第177回に入った、イシュリーヌちゃんからのコメント。
      > でも、最近Mikikoさんの小説の文章がなんか、薄い気がします。
       これに、わたしはショックを受けました。
       身に覚えのないことなら、鼻で笑ってたでしょう。
       でも、できませんでした。
       思い当たることがあったからです。
       わたしが執筆にかけられる時間は、1日1時間。
       祝日の無い週は、火曜から金曜までの朝に執筆しています。
       つまり合計しても、週4時間しかないわけ。
       投稿は週4回。
       4時間でこの分量を書かなくちゃならない。
       1回の投稿量は、原稿用紙にして3枚強。
       だから、1時間で3枚強書ければ自転車操業でやっていけるわけです。
       最初のころは、1時間に3枚書くのがやっとでした。
       これがだんだん増えていって……。
       1時間で6~7枚、コンスタントに書けるようになった。
       最高で12枚書いたこともある。
       未投稿のストックが溜まってくのがうれしかった。
       ストックはどんどん増えていき、400枚を超えました。
       いい気になってたんですね。
       薄々は感じてました。
       水増しじゃないかって……。
       でも、止められなかった。
       そんなときです。
       イシュリーヌちゃんからのコメントが入ったのは。
       「由美美弥」は、シチュエーションもストーリーも、現実離れしたお話です。
       唯一物語を支えるのは、ディテールの書き込みだって自覚してたはずなのに……。
       目をつぶってました。
       最初のころは、ほんと丁寧に書いてた。
       どうしたら物語に命を吹き込めるかってことを考えながら。
       「Der liebe Gott steckt im Detail(神は細部に宿り給う)」って言葉があります。
       建築家の言葉だそうです。
       でも、これはまさしく小説に言えること。
       以前は、どうしたら小説にリアリティを持たせられるか、腐心してました。
       たとえば、「混血の秘密」の章。
       長くなりそうなので、続きは日曜に。
       できれば、35回から37回の「混血の秘密」、さらっと読んでおいてくださるとうれしいです。

    • ––––––
      2. 淡雪
    • 2009/05/01 10:05
    • Mikikoさん、あなたは神様ではないので、完璧を目指さなくてもよいのです。
      筆が走って、描写に濃淡ができたっていいじゃないの。
      こってこてに、濃いものや、ヘビーなのが続いたら、さらっとしたものを食べたくなるじゃないですか。
      たしかに、延々続いたスカトロには参りましたが、読者の中にはそれがいい!と思って読まれていた方もおおいと思うのです。
      自分の中での創作への反省やいろいろな葛藤はあって当然だと思います。
      それがイシュちゃんの歯に衣着せぬひとことで、どかんときてしまってるだけでしょ。
      最初のころ、丁寧に書かれていて、わたしは「おや?」と思い、このサイトに嵌っていきました。
      あなたの思い入れが読んでいるだけで伝わってきました。
      だから、それを伝えてあげたくて、コメント欄に登場しました。
      逆に一気読みしたときは、丁寧に書かれすぎているところは、「まわりくどい」と感じたくらいよ。
      だから、ノープロブレム!

    • ––––––
      3. イシュリーヌ
    • 2009/05/01 13:18
    • こんにちは、イシュリーヌです。
      またまた、お邪魔してまぁ~す(≧▽≦)ノノ
      ・・・・って・・・お話の内容が薄いからって、悩んでいるみたいだけど。・・・でも、仕方ないじゃん・・・(;^◇^;)ゝアハッ
      ・・・・で、なんか・・足らないかなぁ~って検証していると、あることに気が付きました。それは・・由美ちゃんと美弥子ちゃんがメインなのに・・なんか・・2人の会話がないのです。・・そう・・・2人の話をあまり美しく描こうとして、幻想の彼方に2人の心をとばしすぎなのです。夕暮れの並木みちも・・・幻想的な恋人たちの小道も・・・きらめきの湖も・・・ぁっ・・・
      ・・・と・・・とにかく・・・このような表現を・・2人に語らせるともっとよくなるんじゃなっかしら?そこのところで・・愛の語らいをかいてみるのもいいかと思います。ちなみにあおいさんの文章は何故?人を引きつけるのでしょう?それは、恋人達があまくせつない?会話を交わしてるからだと思います。それに・・・執筆している・・記事が溜まっているのなら連休の間に・・改稿及び再校正をしてみてもいいかも?
      ・・・それに淡雪さんがいっていた丁寧に書くことで、“まわりくどい”・・と感じるというのもあったので、ここで、付け加えておきますね。確かに・・表現を文章だけで書こうとすれば“まどろっこしい”ですね・・でも、文章自体を簡潔にして、その背景を恋人たちに語らせたらいいのではないでしょうか?すると・・・いままで、面白くなくなってきた文章が面白いに変化するかもです。
      それに・・・このサイトはアダルトサイトじゃなくて、恋愛小説サイト?らしいですからなおさら・・・恋人たちの語らいが必要に感じます。ぁっ!エッチの時も語らいをいれたほうがいいかも?
      ・・ですので、がんばってくださいね。そうすれば・・読者のみなさんがMikikoさんを淫乱の女神と・・崇拝し崇めることでしょう(*v.v)。
      ・・ではぁ~またね~ノシノシ

    • ––––––
      4. あおい
    • 2009/05/01 19:14
    • あわわわぁ~ そうなの?
      なんかむちゃくちゃ出来すぎ誉め言葉!
      あおいはエクスタシーを感じました。
      あ、あっ、ありがとうございます。
      文才はものすご~~~く 自信ありません。
      正直申し上げると、ちょっと嘘ついてました。
      携帯から2~3回は自分のサイトを見たことがあります。
      読んでいるうちに、なんと情けない文章かと・・・
      だから移動中に携帯サイトを見なくなりました。
      (今は携帯ゲーム 大富豪にはまっています)
      イシュリーヌさんとあおいは♡がぴったんこ、合ったんじゃないでしょうか。
      (イシュさんへの口説き文句かも?)
      淡雪さんも言われてることで万人にうける小説はありません。
      また人も気まぐれで濃い物が欲しい時もあれば、関西風薄味がいい時もあります。
      作家にとっても同じモチベーションを続けるのは難しいぃ。
      ハイな時もあればローの時もあるのが人間。
      そりゃぁ、もっと進化して読者の心を濃い口に持って行ったり、薄口に持って行ったりコントロールできればプロになれます。そのようなテクニックがあれば、ネットより出版業界に進出しましょう。
      そういえばちょっと挑戦したことが
      「行間を読ませる」 mmmん 難しかったですね。
      あとワザと語尾を書かないとか・・
      時間があればもっと丁寧な文章が書けると思いますが、なかなかネェ。。
      さぁ~~ GW! 遊ぼうぜぇ~~~

    • ––––––
      5. 淡雪
    • 2009/05/01 19:58
    • 作者に任せてみてはどうでしょう。
      喧嘩うるようだけど、あなたたちの忠告、Mikikoさんのためをおもって言ってるとはおもうけど、
      「余計なお世話」なのよ。
      年上ですから、ガツンと言わせてもらうわよ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2009/05/01 20:28
    • > 淡雪さん
      > Mikikoさん、あなたは神様ではないので、完璧を目指さなくてもよいのです。
       わたしもそうは思うのですが……。
       A型だからかなぁ。
       なかなかそういうふうには思い切れないのです。
      > 最初のころ、丁寧に書かれていて、わたしは「おや?」と思い、このサイトに嵌っていきました。
       やっぱり丁寧だったよねぇ、最初のころ……。
       それで読むようになってくれた人からすると、最近はそうとう筆が荒れて見えるんじゃないかと……。
       わたしの中では、思うように書きたいという気持ちと、作品として整ったものを書きたいという気持ちが、常に葛藤してます。
       思うように書いちゃうと、「ツインピークス」みたいな奇形瘤になってしまうし……。
       筆は異様に走るんだけどね……。
       いくらでも書けるみたいな気がするから、どんどんハイになってきて、作品を客観的に見れなくなってく。
       「ツインピークス」書いてるときは、最高に面白い章だと思ってたんだよ。
       でも今はなんか、読み返す気がしないくらい……。
       書いてる最中に、作者の気持ちがこんなに揺れたら、統一性なくなっちゃうよね……。
      > 逆に一気読みしたときは、丁寧に書かれすぎているところは、「まわりくどい」と感じたくらいよ。
       この「まわりくどさ」は自分でも気になってて、069のコメントで「くどいかな」って、読者にお伺い立てました。
       そんときは、うな丼くん(初コメント。このときはまさか高校生だとは思わなかった……)、ファンさん、ミリさんから、「くどくない」ってレスをいただき、このままでいいのかなって思ったけど……。
       やっぱり、「くどい」って感じる人もいるんだよね。
      > だから、ノープロブレム!
       淡雪さん、ありがとうね。
       ほんとに読者に支えられて書いてるんだなって、身に染みました。
       いつまでも一本立ちできない作者ですが、これからも、どうかよろしくお願いします。
       読者のみなさん。
       「由美美弥」は、わたしが生まれて初めて書くエロ小説なんです。
       だから、自分の書いてるものがどんなふうに読まれてるのか、すごく気になる。
       そもそも、人が読んで面白いと思ってくれてるものなのかどうか……。
       それすらわからないんです。
       どうか、お言葉をいただけたらと思います。
      > イシュリーヌさん
       このたびは、率直なご意見をありがとうございました。
       わたしはいい気になりがちなので、たまにああいうお言葉をいただくと、ほんとにありがたいです。
       たしかに会話、少ないよね。
       1回まるまる地の文なんてこともあるからね。
       女教師の視点で書いた「濫觴」なんて、4回続けて会話無しってこともあった。
       苦手だからなぁ。
       実生活でも、会話……。
       相手は息が詰まるみたいなんだ……。
      > それに・・・執筆している・・記事が溜まっているのなら連休の間に・・改稿及び再校正をしてみてもいいかも?
       うん。
       今、書き進めるの止めて、少しずつ書き直してます。
       きっと良くなるってことを信じて……。
      > あおいさん
      > 淡雪さんも言われてることで万人にうける小説はありません。
      > また人も気まぐれで濃い物が欲しい時もあれば、関西風薄味がいい時もあります。
       そのとおりだね。
       同じ人でも、そのときどきで気分も違うんだろうからさ。
       誰が読んでも面白い小説なんて、あるわけないんだよね。
       やっぱ、淡雪さんのおっしゃるとおり、どこかで吹っ切らなくちゃね。
       同じ波長の人たちに送るメッセージなんだって。
      > 再び淡雪さん
       またそういう過激なことを……。
       でも、いっつもわたしを守ってくれるお姉ちゃん。
       ありがとう。

    • ––––––
      7. イシュリーヌ
    • 2009/05/01 21:42
    • こんばんは~イシュリーヌです(≧▽≦)ノノ
      また、お邪魔しました(←ヾ(--;)ホントにお邪魔かも?)
      えぇぇぇ~~とね・・・・淡雪さんって・・・以前17歳っていってたような気がするけど・・・Mikikoさんより・・年上だったなんて・・・想像するだけで・・・今夜も眠れなくなってしまいます(*v.v)。
      ・・・年上で美人の子持ちの主婦と・・駆け出しの女流作家の純愛?それに・・・旦那のお兄さんの息子との三角関係な小説なんてシュチュエーションなんかもいいかもです。
      ・・・・で、本題ですが・・淡雪さん!よろしければ簡単なブログ小説とかはじめてみませんか?・・というよりも日常のブログ日記でもかまいません。それをブログ小説村のランキングに登録してみたりすると、自分が読まれる方にどれだけ支援されているのかが分かると思います。
      ・・・Mikikoさんを甘えさせるのは簡単ですけど、ある程度、良い方向性に向けるのは難しいと思います。でも、これも、読む方の立場だけでなく執筆する方の立場からも考えれば意外と良い方向性に導けるのではないでしょうか?
      それに・・Mikikoさんが嫌いなら・・だれも・・Mikikoさんのサイトに足を運んでコメントとか書かないと思います。それにね・・・淡雪さんのコメント読んでるうちに・・なんか・・淡雪さんの作品を読んでみたくなりました。これは・・執筆者の性では・・ないでしょうか?
      ・・・なので、よろしければブログはじめられて、Mikikoさんのサイトにリンクしていただければ・・嬉しいと思います。
      それとね・・Mikikoさんですが・・・会話ができないとか思っているなら唯でできるネットゲームをはじめたらいいかもです。
      ・・・普通に話はできなくてもネットゲームのチャットとかは・・心で話すことがでからです。自分が思うことを素直にチャットではなして、みんなと協力してゲームを進めていけるかもです。
      で、一番、人がやさしくて、話とかもしてくれるのがリネⅡですね。これは費用が一月に3kはかかりますが、頑張ればできなくもないです。そこで、新しいネタ・・とかを見いだすのもいいでしょう。ぁっ、多少矛盾してるような気もするのですがあまり気にされないでくださいね。
      ではぁ~今後の活躍を楽しみにしております。
      PS.連中だから暴飲暴食暴陰核いじり・・にはお気をつけてくださいね。ではぁ~またねぇ~ノシ

    • ––––––
      8. 淡雪
    • 2009/05/01 22:50
    • イシュちゃんへ
      私宛にコメントいただきありがとうございます。
      ブログなど、文才のないわたくしには、できない相談です。
      わたくしは、読む側のみ参加ということにさせておいてくださいまし。
      実生活では、美人でもなんでもなく平凡でじみーーーーな主婦でございます。
      ブログで日常を書いたところで、支援されるとも思えませんし。
      また、ランキングや人様からの評価など、もうしわけございませんが、いま現在のわたくしの興味の外、アウトオブ眼中でございます。
      わたくしはココロ静かに、好きなことをして、過ごして行きたいのです。
      以前数度こちらにコメントを寄せられておられました、akさんの創作など、わたくし本当に読みたくて、いurlをおあかしになるかと待っておりましたのですが、かなわぬ夢でございました。
      それでは、今宵はこのへんで・・・ごきげんよう。
      とまあ、いろいろ議論はおこりましたが、肝心の本編!
      わたくしの好みのパターンにモリアガッテマイッテオリマスワヨつ!
      究極の愛のシーンに言葉は要りません。
      そうですわね、わたくしは愛する人を言葉でイカせますわ。
      昂ぶらせる手段としては有効活用いたしますわ。
      Mikikoさん、雨降りばかりではありません、晴れの日もあります。
      決して甘やかせているわけではありませんよ。
      わたくし自分の好みには厳しいのです。
      おわかりですわよね。

    • ––––––
      9. イシュリーヌ
    • 2009/05/01 23:42
    • こんばんはぁ~まいどおさがわせています・・ちり紙交換・・・・もとい・・・・イシュリーヌです(≧▽≦)ノノ
      みなさんはブログとかブログ小説とか書かれるときにどうしてますか?文才があるから書くのですか?それとも書きたい物があるから書くのですか?
      ・・・そう・・わたしやMikikoさんやあおいさんそれに諸々の執筆者のみなさんは文才があるから書くのではないのです。書きたい物があるから書くのです。それは・・理屈では表せないことがあるのです。文才があって小説を書きたいっていう方は・・新人賞や文学賞でなどで、デビューするんではないかと思います。
      ・・でも、あたしたちは文才がないからブログで自分が書きたいものを少しずつ執筆することにしているのではないでしょうか?文章が下手でも・・読者に自分が書いた思いを伝えたい・・それだけのために執筆しているのです。中にはその中から選りすぐりの物を選んで、小説として出している方もいると思います。でも・・基本は・・自分が書きたい物の思いを伝えることからブログははじまるのです。
      あたしが初めにブログ始めたのはネットゲームのブログが最初ですけど、そのときはブログには興味がありましたが、ブログって、何を書いたらいいの?って感じだったので、とりあえず、ネットゲームでプレイしたことを書こうかと思ってはじめたのがきっかけです。
      このFC2のブログに関しても初め何をかこうかなぁ~て思いながら日常の話を書くうちに・・いつのまにか・・小説形式にしてみようと思ってやってみたら・・いつのまにか小説になっちゃいました。あたしのように文才がない子でも、ブログで何かを伝えたい何かを書きたいという思いがここまで、引っ張ってこれた要因にもなっています。それはMikikoさんやあおいさんやイネさんその他諸々の方でも同じと思います。
      ですので、文才がないのでブログ書かないと思っているあなた!もし、なにかを伝えたいという思いがあれば失敗したってかまわないので、一度ブログにチャレンジしてはいかがですか?
      ・・・って・・・ここにスレ付けちゃったので、ここで、Mikikoさんにお詫びいたします・・ゴメンネ・・・・
      ではぁ~みなさん、頑張ってくださいねぇ~ノシ

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2009/05/02 08:04
    • > 淡雪さん
       タイトルの「ノシノシ」ってのは、ご自分の足音のことですね……。
       好みに厳しいってのはよくわかるなぁ。
       スカトロのときは、さんざん言われてたもんね。
       ほかのブログだったら、見限ってたでしょ?
       それでも読みに来てくれてたのは、やっぱりMikikoの魅力かな?
       Mikikoは、年上に甘えるのが大好きなので、もっと甘やかしてほしいですぅ。
       胸に抱かれながら、「Mikiちゃん、上手よ。よく書けたわね」って、頭ナデナデされたい……。
      > イシュリーヌさん
       読者のみなさん。
       わたしがブログを始めた経緯については、「わたしがエロ小説を書き始めたわけ(『Mikikoのひとりごと』)」をご覧くださいね。
       簡単に書くと……。
       わたしが書き始めたきっかけは、突然自分の中に湧きあがった妄想を、形として残しておきたいって気持ちからでした。
       最初は、まとまってから人前に出したいと思ってました。
       でも、書いてるうちに、当分まとまらないことがわかってきました。
       で、ブログに連載することにしたんです。
       始めたころは、自分のためだけに黙々と書いてたんだけど……。
       コメントが入るようになってから、だんだん気持ちが変わってきた。
       読んでもらいたい、思いをつたえたいって気持ちが、どんどんふくらんできました。
       ブログの醍醐味ってのは、やっぱり読者とのリアルタイムなやりとりですよね。
       週4回も投稿してるのは、ひとえにリアルタイムな反応が欲しいからです。
       そういう気持ちがなかったら、ある程度まとまった量を、週1くらいでアップしてたと思う。
       だから、イシュリーヌさんのおっしゃるとおり、今は、自分の思いをつたえるために書いてます。
       そして、その思いがどうつたわったのかを知りたくて、みなさんからのコメントやメールを待ってます。
       でも、イシュちゃま。
       Mikikoは、少しだけ文才があると思ってるぞ……。
       さて、今日はこれから会社に行ってきます。
       午前中だけで帰ってくるつもりだけど。
       別に出なくてもいいんだけどね。
       休み明けに仕事が溜まってるのがイヤだから。

    • ––––––
      11. 淡雪
    • 2009/05/02 08:10
    • わたくしには今、伝えたいものが特にございません。
      文才うんぬんは、わたくしの本意が伝わっていないようですので、訂正させていただきますが、わたしには書きたいとおもうものがないのです。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2009/05/02 22:06
    •  わたしは、「読者」という存在に感謝してます。
       作者にとって、一番大切な存在と思ってます。
       みんなが表現を始めたら、誰がわたしの小説を読んでくれるのでしょう。
       伝えたいことが無い人、表現するつもりの無い人、そういう人たちをわたしは大事にしたいです。
       なぜなら、わたしが伝えたいことを、受け取ってくれる人だと思ってるから。

    • ––––––
      13. ak
    • 2009/05/02 22:30
    • すみません…!
      >>淡雪さん
      Mikikoさんにも、私の書いたものなんて読みたいと言って頂きありがたいことです。
      お返事しようと思うとコメントが別の日に流れていてどうしようと思っていたのです(苦笑)
      えぇと、多分私の作品はここを見られている方には物足りないかと思います。
      どちらかというと過激レズ小説、と言うよりはエロが生きる話でそこそこちゃんとしたエロを書く感じで、百合ジャンルなのです。
      あと、二次創作にもなるので元ネタがわからないと面白くないと思います(笑)
      それでもよろしければ自信作を…!
      うーん、文才、文学部日本文学科で近代文学を専攻していた私から言うと(笑)
      Mikikoさんは文才があると思います。
      ただ、文学的文才なのでそれを理解できるできない、好き嫌いは分かれるのかなと。
      私もどちらかと言ったらMikikoさんタイプで、エロ小説のくせに文体が固いのが悩みです。
      でも、文学的なエロ小説があってもいいし、好きだなと思う人が読めばいい、それだけのことだと思います。
      ただ、Mikikoさんが色んな人に楽しんでほしいと思うならここのユーザーさんの意見を取り入れるのも一つかな、と。
      個人的意見としては、今のままのMikikoさんでいてほしいし、早く由美美弥の官能的シーンを読ませてほしいです。
      なかなかないんですよね、女オンリーでスカトロやるサイトとか。
      あっても、ブログ小説と言われるところの読み応えのない短編と表現で、私はここのサイト好きです。
      もっと言うならば、編集など文章に携わる人間でもない人が、簡単に他人の文章に意見できることがどうなのかなぁと。
      私は自分の萌え補完のために文章を書いているので、他人のアドバイスは一切ほしくないです。
      完全に自分のために文章を書いているので…。
      …とはとても自分のサイトでは言えません(笑)
      勝手な意見で気分を害された方がいたら今謝っておきますね…orz(土下座)

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2009/05/02 23:22
    • > どちらかというと過激レズ小説、と言うよりはエロが生きる話でそこそこちゃんとしたエロを書く感じで、百合ジャンルなのです。
       さっぱりわからん……。
      > それでもよろしければ自信作を…!
       ぜひ教えてください。
       メールでもいいからさ。
      > うーん、文才、文学部日本文学科で近代文学を専攻していた私から言うと(笑)
      > Mikikoさんは文才があると思います。
       これが聞きたかった……。
       誰も言ってくれないから、実は明日のコメントで、自分で言おうと思ってたんだけど……。
       先に言われちゃった♪
       でも、明日も言うぞ。
      > 私もどちらかと言ったらMikikoさんタイプで、エロ小説のくせに文体が固いのが悩みです。
       そんな気がしてたけど……。
       でも、なんで悩むんだ?
       珍しいから得だぜ。
      > なかなかないんですよね、女オンリーでスカトロやるサイトとか。
      > あっても、ブログ小説と言われるところの読み応えのない短編と表現で、私はここのサイト好きです。
       スカトロ支持してくれんの、akさんだけなんだ……。
       レズスカって、そんなに少ないの?
       2人で盛り上げて行きましょーよ。
      > 私は自分の萌え補完のために文章を書いているので、他人のアドバイスは一切ほしくないです。
      > 完全に自分のために文章を書いているので…。
       あんたは強い。
       わたしもこうなりたい。
       でも、できないんです。
       人に依存する性格だからかなぁ?
      > 勝手な意見で気分を害された方がいたら今謝っておきますね…orz(土下座)
       akさんが、このような書きこみをしてくださったこと、ほんとに嬉しいです。
       わたしのほうこそ、orz……。

    • ––––––
      15. あおい
    • 2009/05/03 01:00
    • みきこさん! ブログ村! ランキング 5位だよ~~
      おめでと~~う  すっご~~い
      みんなのおかげだね。
      感謝! 感謝!
      みきこさんは心優しいからもう一つのことをたぶん言いたいと思うけど、ここは素直に喜んでぇ

    • ––––––
      16. 淡雪
    • 2009/05/03 01:22
    • すごいタイミングで適確なご意見です。
      さすが、大学で文学を専攻しておられただけあって、「書く」ということをよくよくわかっておられると思います。
      読みたい読みたい、淡雪ラブコールいたします。

    • ––––––
      17. イシュリーヌ
    • 2009/05/03 01:33
    • こんばんはぁ~イシュリーヌです(≧▽≦)ノノ
      ブログランキングも7位から5位までヒートアップですね
      よかったよかった・・・^^
      ・・で、akさんですが・・・akさんのサイトってどこ?
      よかったら・・URLを教えていただけると助かります。
      ・・じゃないと・・akさんの文章読めないじゃん><。
      ・・と思い・・もやもやの気持ちのまま、朝までねぬれそうにありません。・・ですので・・akさん教えてネ❤

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2009/05/03 08:10
    • > あおいさん
       日付が変わったら、5位になってたのか……。
       もう一つのことってのは、イネさんの「ひとみの内緒話」のことだよね。
       絶対抜けない存在だった「ひとみ」さんが落ちたから、うちの順位が繰りあがったわけだ。
       でもうち、「ひとみ」さんがいたときでも、最高4位になったことがあるんだよ(一瞬だったけど……)。
       それに今のポイント数、ちょっと前なら7~8位くらいの数字だし……。
       もうすぐ、あおいさんとこにも抜かされそうだし……。
       って、「気にしないことにする」なんて書いておいて、ものすげー気にしてるじゃんね。
      > 淡雪さん
       最強の援軍現る、だね。
       akさん、Mikikoも一緒にラブコールしま~す。
      > イシュリーヌさん
       今回は、物議をかもしてくれて、ほんとうにありがとう。
       皮肉で言ってるんじゃないよ。
       こころから感謝してます。
       おかげで、第25回のころ(昨年7月)から読んでますって方から、初めてのメールもいただけたし。
       また何か気づいたことあったら、遠慮なく言ってくださいね。
       しかしみんな、遅くまで起きてるんだなぁ。
       ゆうべは、わたしも頑張ったんだけどね。
       11時半が限界でした。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど 愛と官能の美学 未知の星 ましゅまろくらぶ
萌木ケイの官能小説 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 ちょっとHな小説
羞恥の風 恥ずかしがりたがり。 変態小説 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 空想地帯 恥辱小説 淫界散歩 妄想ココット
18's Summer 黒い教室 性小説 潤文学ブログ Eros'Entertainment
性転換・TS・女体化劇場 官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく
潤文学 魔法の鍵 人妻熟女・エッチな体験告白集 ちょっとHなおとなのための…
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 調教倶楽部 淫鬼の棲む地下室
お姫様倶楽部.com アダルト検索一発サーチ 漂浪の果てに 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ライトHノベルの部屋 ぺたの横書き オシッコオモラシオムツシーン収集所 最低のオリ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 誰にも言えない秘密
被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所 昭和のあの日あの頃 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 エピソードセックス
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia ただ貴女を愛したくて
ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン 黒塚工房 リアル官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
正しいH小説の勧め Girls Love Search
小説の匣 GL Search
官能小説アンテナ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング ライブドアブログ コミックルーム 【携帯】GL狂愛Rank
萌駅 セックス・ノベル・ネット 【携帯】女の子のためのн小説 【携帯】Lovely Venus
ぱっくりんく Cyber あまてらす SindBad Bookmarks ぴあすねっとNAVI
おたりんく 少女禁忌区域 GAY ART NAVIGATION MEGURI-NET
アダルト検索BBJapan GIX ヌケルアダルト作品 Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(31~50)