Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0173
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 永遠に続くかと思われた煉獄の日々は、唐突に終わりを告げた。

 女教師が死んだのだ。

 事故だった。
 小雨の降り続く夕刻……。
 学校近くのS字カーブだった。
 女教師の運転する赤いクーペは、センターラインを越えて突っ込んできた大型トラックと、真正面から激突した。
 赤いクーペは激しく炎上し、美弥子を苛んだ肉体は、その場で骨になった。

 事故の日も、美弥子の携帯には呼び出しメールが入っていた。
 しかし、重い生理に苦しんでいた美弥子は、どうしても女教師の前に性器を曝す気にはなれなかった。
 美弥子は放課後、黙って帰宅した。

 あの日、女教師の命に従っていれば……。
 あの時間、女教師がクーペを駆ることは無かった。

 自分が殺した……。

 美弥子は苦しんだ。
 もちろん、女教師を愛していたからではない。
 憎んでいたからこそ、苦しんだのだ。
 ただ、「自分が殺してしまった」という事実だけが、冷たく美弥子を浸した。
 そこは氷の海だった。

 しかし、時と共に、自分の心ではなく、身体が悲しみ出したことに気づいた。
 あの指を、あの唇を失ったことを、身体が悲しみ始めていた。
 誰からも触れられなくなった身体が、悲鳴を上げていた。

 新たな煉獄の日々が始まった。

 夜ごと、狂ったようにオナニーに耽った。
 それでも昼間、身体は泣き出した。

 ある日の放課後。
 ついに耐えきれなくなった美弥子は、保健室に忍び込んだ。
 新しい養護教諭はまだ赴任しておらず、保健室は無人だった。

 そっと物入れを開けた。
 空のままだった。
 微かな尿臭もそのままだ。
 隣のロッカーを開いた。
 女教師の白衣が、まだ下がっていた。
 一枚を取り出す。

 小さな白衣だった。

 突然、美弥子の頬を涙が伝った。
 女教師が死んでから、初めて流れる涙だった。

「先生……」

 美弥子の涙が白衣に落ちた。
 白衣には、そこここに染み跡があった。
 この白衣に涙を零しに来たのは、美弥子だけではなかったのだ。

 美弥子は、泣きながら全裸になった。
 白衣を抱き締めて物入れに入った。

「ごめんなさい!
 ごめんなさい、先生。
 許して……。
 美弥子を許して」

 白衣に顔を埋め、泣きながらオナニーした。

 保健室を後にするとき、美弥子の顔からは表情が消えていた。
 その日を境に、美弥子は誰からも心を閉ざした。

 そう、この日、由美と出会うまで……。
由美と美弥子 172目次由美と美弥子 174




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/04/12 07:41
    •  保健室シーン、ついについに完結しました。
       思えば、保健室のシーンが始まったのは、第25回のことでした。
       25回を投稿したのは、昨年の7月16日。
       それから今日まで、回数にして149回、期間にして9ヶ月弱……。
       原稿用紙に換算すると、500枚近い分量になるかと思います。
       長かった……。
       長すぎました。
       それは自分でもわかってたけど……。
       筆が止まらなかった。
       この保健室シーンを書き始める前は、ほんとにちょっとした寄り道のはずだったんです。
       美弥子が、パイパンの女性にトラウマを持ってるって事情だけ書いたら、すぐに女子大トイレに戻るはずだった……。
       それが、戻れなくなったんです。
       すべては、女教師さんのせい……。
       最後まで固有名詞を与えなかったことからもおわかりのように、この女教師、ほんのちょい役のつもりで出しました。
       ところがあなた、思いがけない大活躍始めて、9ヶ月も居座っちゃった。
       いえ、女教師のせいにしちゃいけませんね。
       わたしのせい。
       わたしが、この女教師さんに惚れちゃったせい。
       この女教師は、わたしの理想の女性なんです。
       こうなりたいっていう理想じゃありませんよ。
       こんなふうに責められたいって願いを、すべて叶えてくれる人だったんです。
       だから、わたしのほうで離れられなくなった。
       これが、保健室が長引いた真相。
       でも、もう止めなきゃって思った。
       まだいくらでも書けちゃうけど、これ以上やったら、小説自体を壊してしまうって……。
       で、女教師さんにお別れを言うことにしました。
       生きてられると未練が尽きないので、殺すしかありませんでした……。
       女教師さん、ご苦労さまでした。
       心から愛してました。
       さて、次回から、ようやく女子大トイレに戻ります。
       2008年7月13日投稿の、第24回に続くシーンが始まります。
       視点の主は、由美です。

    • ––––––
      2. もんぷち
    • 2009/04/12 14:22
    • 衝撃的な結末でした…
      最後は「女教師と美弥子が愛欲に耽っている…→他教師に見つかる→事情を聞かれた美弥子は、女教師から持ちかけられた関係だと話してしまう→女教師は教壇を去る」くらいかと思ってましたが…。
      まさか殺してしまうとは…。
      激しい恋愛をしてきたmikikoさまならではですね。
      忘れるべき人の存在を心の中で殺すのだって苦しいのに、理想の女性を(小説の中とはいえ)殺すのは辛かったでしょう。
      読者の反応も気になるかとは思いますが、書きたいだけ膨らませたい気持ちもあってもよいと思いますよ…φ(..)
      この後、「嘆く美弥子を後ろから抱き締める万里亜様…2人は女教師のくれた快感を思い出すように貪りあう」とか「嘆く美弥子を物陰から見つめ、女教師のかわりに攻め立てるキャプテン」とか、膨らみに膨らんでしまう、学校というストーリー性のある舞台。
      いつか番外編でその後の学園物語とかどうですか?
      ひとまずお疲れさまでした\(^o^)/

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2009/04/12 17:54
    •  休み時間に読んでくれたのかな?
       しかも、携帯から長文のコメントまで入れてくれて……。
       いつもやさしいね。
       ありがとう。
       ひどく辛かったけど……。
       自分の気持ちにケジメをつけるためには、殺すしかありませんでした……。
       ははは。
       実生活でこれやったら、タイヘンですよね。
       しかし、こんなことできちゃうのって、ほんと作者の特権だよね。
       なんでも出来るんだって、少し怖くなりました。
       小説を壊してしまうことだって、簡単にできる……。
       番外編の件。
       いいね!
       保健室なら、いくらでも書けるし。
       それに、万里亜さまの生徒会室の中も、ホントは書きたかったんだ。
       ああ、身が2つあればなぁ。
       片っぽで由美美弥の蜜月書いて、もう片っぽで学園物語書けるのに……。

    • ––––––
      4. shiku
    • 2009/04/12 19:36
    • おつかれです。。Mikiko姫。
      …まさか死ぬなんて‥あまりのビックリさに、、コメント書いております。
      本当に女教師サマ…Mikiko姫おつかれさまでしたm(_ _)m。。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2009/04/12 19:48
    •  なんで急に姫なの?
       どっちかっていうと、毒リンゴ食わせる意地悪な王妃キャラだろ?
       そんなにびっくりした?
       でも、美弥子が記憶を扼殺するほどのトラウマ抱えたわけだからさ。
       ありきたりな別れじゃ、収集つかんでしょ……。
       ケータイ小説だと、やたらと登場人物が死ぬみたいだけどね。
       できればMikiko姫は、登場人物を殺したくありません。
       みんな、わたしの分身だから。
       これだけは誓いますが、由美と美弥子は絶対に殺しません。

    • ––––––
      6. 淡雪
    • 2009/04/12 21:31
    • ほんの数日事情でこちらにこれなかったのですが、(律儀なわたしは欠席届提出済み)とてもびっくりしました。
      死んでしまったのね。しかも事故で。(TT)
      ハト派のわたしには、考えられない展開でした。
      保健室のセンセイのご冥福をお祈りいたします。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2009/04/12 21:53
    •  欠席届は受領済みでした。
       いつも真っ先に入る淡雪さんのコメントが無いので、読者のみなさんのほうが心配したんじゃないですか?
       ひょっとしてあの女教師は、淡雪さんじゃなかったのかって思った人も……。
       でも、女教師の死って、そんなに以外でした?
       3人とも、すごい驚かれたみたいで……。
       わたしのほうが、ちょっとびっくり。
       でも、考えてみれば、9ヶ月も主役を張ってきたんですからね。
       主演女優の死。
       やっぱ、インパクトあるか……。
       今日、4月12日は、女教師忌として、長く偲んでいきたいと思います。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫 熟女夜伽物語
官能文書わーるど 愛と官能の美学 未知の星 萌木ケイの官能小説
赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2 羞恥の風 恥と屈辱の交差点
ちょっとHな小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 魔法の鍵 性転換・TS・女体化劇場 女性のH体験告白集
18's Summer 変態小説 潤文学 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
性小説 潤文学ブログ 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに 淫鬼の棲む地下室
ぺたの横書き アダルト検索一発サーチ 空想地帯 お姫様倶楽部.com
かめべや 出羽健書蔵庫 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHなおとなのための…

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルトブログランキング コミックルーム 【携帯】GL狂愛Rank セックス・ノベル・ネット
ネット小説ランキング 【携帯】Lovely Venus 萌駅 少女禁忌区域
アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan Adult Novels Search 創作系サイト検索・KAGOME
おたりんく 百合姫ランキンク ぴあすねっとNAVI 十八禁恋愛私花集
【携帯】女の子のためのн小説 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)