Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0152
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ほうら、スイッチを変えるよ。
 極上モードに」

 女教師は足裏の振動を止め、足の位置を移動した。
 キャプテンの腹に、僅かに見えていた爪先が消えた。
 かわりに、キャプテンの尖った尻から、踵が見えた。
 今までは、おそらく足の裏で陰唇を包むような位置だったろう。
 新しい位置は明らかに、足指の付け根の膨らみで、恥丘ごと陰核を踏みつけるポジションだった。

「さあ、いくよ。
 天国行きの按摩機。
 スイッチ、オン」

 再び振動が始まった。
 美弥子は、見ているだけで身を揉んだ。
 あれがどれほどの快感をもたらすか、予感できたからだ。
 陰核を踏み潰されながら、恥丘に揉み込まれているのだ。

「あひゃ。
 あひゃ。
 あひゃひゃひゃひゃひゃ」

 キャプテンは、泣き笑いのような顔を振り回し始めた。
 涎が、はしゃぐ子供のように宙に踊った。
 女教師に抱えられた脚の先で、指の股がすべて開いていた。
 背中が、アーチを描いて床から上がった。

 振動が更に増した。
 キャプテンは、懸命な様子で顔を持ち上げた。
 まるで、中距離レースの終盤のような表情だった。
 歯を食いしばり、自らの股間を凝視している。
 その視線が、かくんと仰のき、女教師を見上げた。
 何か言いたそうに、口が開きかけた。

「わきゃっ」

 キャプテンが全身を跳ね上げた。
 女教師は振動を止めなかった。

「わきゃっ。
 わきゃっ」

 キャプテンの全身が跳ね続けた。
 両腿に腱を走らせ、尻たぶを絞りながら、キャプテンは跳ね続けた。
由美と美弥子 151目次由美と美弥子 153




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2009/03/06 07:25
    •  困ったときの葛原妙子さま。
       今回は、Mikikoの好きな歌を並べてみます。
       まずは、ブログテーマに合わせ、少女を歌ったものから。
      たれかいま眸を洗へる 夜の更に をとめごの黒き眸流れたり
      かりかりと噛ましむる堅き木の實なきや冬の少女は皓歯をもてり
      をとめごの前歯かすかにあらはれぬをりしもひとつの微笑のために
       次は、わたしの大好きな歌。
      ヴィヴィアン・リーと鈴ふるごとき名をもてる手弱女の髪のなびくかたをしらず
       ヴィヴィアンのウェストサイズは、43センチだったそうです。
       手弱女は、「たおやめ」と読んでね。
       続いては、オンナの次にわたしが好きな猫ちゃん。
      生みし仔の胎盤を食ひし飼猫がけさは白毛(はくもう)となりてそよげる
      胡桃ほどの脳髄をともしまひるまわが白猫に瞑想ありき
       そのほか、わたしの好きな歌たち。
       まずは、明るい色彩のもの。
      うすらなる空気の中に實りゐる葡萄の重さはかりがたしも
      龍舌蘭の陰なる時計職人はま白き鼠族の歯をもてるかも
      中国の麻のハンカチ薄ければ身につけしよりかきうせにけり
       続いて、暗い色彩。
      蝋燭に片顔を照らしゐるときの寂しき人にちかづくべからず
      黒峠とふ峠ありにし あるひは日本の地図にはあらぬ
      築城はあなさびし もえ上がる焔のかたちをえらびぬ
       まだまだあります。
       みんなは、どの歌が好きかな?
      青ぶだう唇(くち)にふれつつ思ふことおほかたは世に秘すべくあるらし
      月蝕をみたりと思ふ みごもれる農婦つぶらなる葡萄を摘むに
      美しき把手(のぶ)ひとつつけよ扉にしづか夜死者のため生者のため
      白鳥は水上の唖者わがかつて白鳥の声を聴きしことなし
      竹似草しらしら白き陽を翻(かへ)す異変といふはかくしづけきか
      サラブレッド種嘶きたかくふるはする大気の冷(ひえ)のむらさきを感ず
      糸杉がめらめらと宙に攀づる繪をさびしくこころあへぐ日に見き
      落としきし手套の片手うす暗き画廊の床に踏まれあるべし
      蝶々は圓と星形を区別する盲目の姫のようにさぐりて
      噴水は疾風にたふれ噴きゐたり 凜々(りり)たりきらめける冬の浪費よ
      雁を食せばかりかりと雁のこゑ毀れる雁はきこえるものを
      おそき月羊歯むらに射す青酸の匂ひしづかにかもしゐるらむ
      忽然の死(しに)よ到らむ樹間ゆくわが黄の服の華やぐなれば
      いっしんに木を下りゐる蟻のむれさびしき、縦列は横列より
      天体は新墓(にひはか)のごと輝くを星とし言へり月とし言へり

    • ––––––
      2. 淡雪
    • 2009/03/06 07:31
    • わたしはもう、満腹になってしまいました。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2009/03/06 07:52
    •  毎回コメント考えるのも、これで大変なんだぞ。
       週4回もあるんだからな。
       どう?
       ヴィヴィアン・リーの歌、良かったでしょ?
       淡雪さんは、どの歌が好み?
       まさか、読み飛ばしてないでしょうね。
       今日は雨だから、もう出なきゃ。
       行ってきまーす。

    • ––––––
      4. 淡雪
    • 2009/03/06 08:06
    • 糸杉と蝶々と天体。
      雨だわ。こちらも。

    • ––––––
      5. イ
    • 2009/03/06 09:49
    • 脇役に惹かれるんですね。
      だからオリヴィア・デ・ハヴィランドの方がスキ(マジ違

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2009/03/06 17:27
    • >淡雪さん
       蝶々はわからんでもないが、あとの2首はちょっと意外でした。
       心、あえいでる?
      >イ
       誰じゃそれ。
       布施明の元妻か、と思って検索してみたら……。
       メラニーだったんですね。
       美人よりも、十人並みの女性の方に、エロを感じるタイプ?

    • ––––––
      7. 淡雪
    • 2009/03/06 18:47
    • 美人より、十人並みで、悪賢いヤツがいつも勝つのよ!
      それでも、悪いことしたら、また報いを受けるのよ。
      はー一服の清涼剤!
      (なにもここで、ウサばらししなくてもいいのにね。)

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2009/03/06 19:14
    •  てことは、淡雪さんが美人で、十人並みで悪賢いヤツってのは、「妻という字にゃ」の人ってわけ?
       それに続くお言葉は、さーっぱりわけわかりませんが、それでウサばらしになるのなら、Mikikoは嬉しいです。

    • ––––––
      9. 淡雪
    • 2009/03/06 19:45
    • わたしが美人というせっていにしてるところが、うさばらし(自爆)

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2009/03/06 20:07
    •  自爆されてしまっては、フォローのしようが……。
       今度イクときは、ぜひご一緒に……。

    • ––––––
      11. shiku
    • 2009/03/07 20:06
    • >今度イクときは、ぜひご一緒に……。
      あたしも入れて。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2009/03/07 20:20
    •  今日はお休み?
       せっかくの土曜日、ずっと待ってたのに、誰も遊んでくれなくて寂しかった……。
       shikuちゃん、きっとイイ声出すんだろうな。
       いかん、またうずいてきた……。

    • ––––––
      13. shiku
    • 2009/03/07 21:59
    • 今週の水曜、バイクが吹っ飛んできました。。
      それを反射的に受け止めようとして、、その結果、おでこと腕に、怪我をしてしましました。。
      みなさん、バイクには気を付けましょう!!

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2009/03/07 22:10
    •  頭にバイクがあたったのか!
       これ以上バカになったらどうする!
       今、寝てるの?
       これ書いてるからには、死んでないんだよね?
       可哀相によぉ。
       でもさ、大当たりってことで、きっとイイことあるよ。
       Mikikoが請け合います!
       絶対!

    • ––––––
      15. 淡雪
    • 2009/03/07 23:47
    • かわいそうに、とんだことで・・・・・
      お大事になさって下さいね。
      厄落しです、厄おとし!!!
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話 未知の星
レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど 愛と官能の美学 新・SM小説書庫2
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ 性小説 潤文学ブログ
萌木ケイの官能小説 恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 羞恥の風
恥ずかしがりたがり。 誰にも言えない秘密 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ちょっとHな小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 変態小説 人妻熟女・エッチな体験告白集
潤文学 魔法の鍵 快感小説 人妻の浮気話 艶みるく
ぺたの横書き 女性のH体験告白集 調教倶楽部 出羽健書蔵庫
[官能小説] 熟女の園 Eros'Entertainment 18's Summer むね☆きゅんファンサイト
かめべや アダルト検索一発サーチ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 最低のオリ オシッコオモラシオムツシーン収集所

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 黒い教室 お姫様倶楽部.com 漂浪の果てに
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ライトHノベルの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
昭和のあの日あの頃 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
riccia ただ貴女を愛したくて ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン
黒塚工房 リアル官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング にほんブログ村
エログちゃんねる 小説の匣
Girls Love Search 正しいH小説の勧め
イメチャログ 官能小説アンテナ
ネット小説ランキング GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング コミックルーム 少女禁忌区域
おたりんく Adult Novels Search 【携帯】女の子のためのн小説 十八禁恋愛私花集
萌駅 セックス・ノベル・ネット ぱっくりんく 【携帯】♂恋愛至上主義♀
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす 厳選2chまとめ アダルト検索BBJapan
MEGURI-NET ぴあすねっとNAVI SindBad Bookmarks 【携帯】GL狂愛Rank

ランキング/画像・動画(31~50)
GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】Lovely Venus アダルトなび2