Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2378
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 で、次の瞬間、さすがの変態のボクも、びっくり仰天したんです。
 父と杜氏は、ちんちんを床(とこ)の上に翳すと、激しく擦り立てました。
 そして……。
 射精したんです。
 酒米の上に。
 湯気で煙る麹室の中……。
 白い精液の鞭が、交差するように何本も伸びました。
 そうとう気持ちのいい射精であることは、その量と勢い……。
 そして、2人の様子から想像出来ました。
 2人とも痴呆のように口を開けながら、尻たぶを絞ってました。
 そして……。
 射精が止むと同時に、2人とも、その場に崩れ落ちたんです。

 代わって起ちあがったのは、母と女の弟子でした。
 酒米を丹念に揉み始めたんです。
 精液を、麹と共に混ぜ合わせてるわけです。
 うちの酒は、ほかの酒蔵にはない独特の風味で評価されてるんです。
 その秘密が、こんなところにあったなんて……。

 酒米を揉み終えたらしく、女2人は、ゆっくりと床を離れました。
 でも、それがすべての終わりではありませんでした。
 女2人は、べっとりと酒米の着いた手の平を、自分の顔に叩きつけました。
 そして、自分の顔を床(とこ)にして、酒米を揉み始めたんです。
 湯気の乱れで、2人が激しく呼吸してるのがわかりました。
 かすかに残る精液の匂いを、懸命に貪ってるかのようでした。
 床は、顔から胸に移り……。
 そして、おまんこに移動しました。
 自分のおまんこに酒米を擦りつけ、揉みこんでました。
 足元がふらつくのか、2人とも両脚を広げ、がに股の姿勢で踏ん張ってました。
 やがて2人は、シンクロするように尻を前後に振り始めました。
 そして……。
 ほとんど同時に、その場に棒立ちになりました。
 見えない串に刺されたみたいでした。
 2人の身体から、湯気が揺らいでました。
 その湯気が乱れたかと思ったら……。
 2人の身体は、その場に崩れ落ちたんです。
 その瞬間……。
 ボクも射精してました。
 夢精みたいな気持ちよさでした。
 遠くなる意識の中で、ボクは決意しました。
 この酒蔵を継ごうって。
 毎年この麹室の中で……。
 母や女弟子、そして姉に見られながら、思い切り射精するんだって」
由美と美弥子 2377目次由美と美弥子 2379

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/10/28 08:36
    • 千日前
       大阪の道頓堀と難波の間にある繁華街だそうです。
       昭和47年、千日前にあったデパートの火災は、死者118人を出す大惨事となりました。
       7階にあったキャバレーに煙が充満したのが、被害を大きくしたそうです。
       土曜の夜で、客が多かったのです。
       デパートの上階にキャバレーがあったというのが、昭和の大阪らしいです。

       さて。
       なんで、千日前の話を始めたのか。
       そうなのです。
       東京オリンピックまで、本日から数えて、あと1000日なんです。
       しかし、盛りあがりませんね。
       ま、3年前から盛りあがってたら、息切れするでしょうが。
       ということで、この話題はお終い。

       台風を乗り切って、再び巣を構えたジョロウグモでしたが……。
       巣を残したまま、姿を消しました。
       網が破れてないので、鳥に襲われたわけではなさそうです。
       おそらく、産卵に向かったのでしょう。
       実は、巣を再建してから、獲物がまったくかからなかったんです。
       ジョロウグモは、食べかすを巣に残すので、獲物のとれ具合はある程度わかります。
       ↓台風前の巣は、食べかすが数珠のように下がってました。
      http://livedoor.blogimg.jp/mikikosroom2008/imgs/a/c/ac0285bf.jpg

       ↓それが再建後は、ずっと綺麗なまま。
      http://livedoor.blogimg.jp/mikikosroom2008/imgs/4/4/445ef7b0.jpg

       おそらくもう、エサとなる虫がいなくなったんだと思います。
       これ以上生きても、卵に栄養を送れないと悟ったのでしょうか。
       よい子をたくさん産んでほしいと思います。
       7月から、わずか3ヶ月ほどのお付き合いでしたが、楽しかったです。
       ありがとう。
       来年また、子供が帰ってきてくれることを願います。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2017/10/28 11:39
    • 精液仕込み
       アユムよ(どうしてもアコムに見えてしまうなあ)、銘柄は何にする?
       朕誉(チンほまれ)ってのはどうだろう?
       いやいや、濁り酒になりそうだから溷六(どぶろく)。いっそ、宿六がいいか(絶対に売れんって)。


      千日前
       「せんにちまえ」ですね。為念。
       なんと、広辞苑に記載がありました。曰く……、

      【千日前】
       大阪市中央区道頓堀の南にある地。
       歌舞伎座・映画館・遊戯場などがあり、大衆的娯楽街。
       千日寺(法善寺)の前という意で、江戸時代には墓地や刑場があった。

       へええー、ですね。
       場所や土地柄はともかく、由来は知りませんでした。千日寺の前、ねえ。で、千日寺は法善寺。
       となると↓これですね。

      ♪包丁一本さらしに巻いて
       旅へ出るのも板場の修行……
            (藤島恒夫『月の法善寺横丁』)

      ついでに番宣
       『アイリス』#138に、ちらっとですが千日前が登場してます。
       どうぞご賞味ください。

      出会いと別れ
       ジョロウグモさん、さようなら、ですか。
       なんか、ほろっとしちゃいました(それほどでも)。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2017/10/28 12:29
    • 千日前には……
       焼き場もあったそうです。
       上方落語の『らくだ』にも登場するとか。

       ジョロウグモさん。
       夜もトイレに明かりを灯して、虫集めに協力してました。
       おかげで、たまげるほどデカくなりました。
       今は、窓の外に空しか見えず、トイレに行く甲斐がなくなりました。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2017/10/28 15:00
    • らくだ
       しまいまでやると1時間近くかかる大作だそうです。
       わたしは聞いたことありません。

      お女郎さん
       会うは別れの始め、とか。
       春にはまた新しい出会いがあるでしょう。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2017/10/28 18:40
    • ジョロウグモの孵化は……
       5月ごろのようです。
       でも、わたしたちの目に見えるかたちで巣を張るのは、7月の梅雨明け後くらいでしょう。
       初めてジョロウグモを見たときは、夏前ですが、秋の予感を感じてしまいます。
       まだ、蚊くらいの大きさなんですけどね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2017/10/28 23:35
    • 梅雨明けの蜘蛛
      夏と共に来たり……
       台風に乗って去る、というところでしょうか。
       夏休みの宿題、観察日記の題材にどうでしょう。朝顔なんて陳腐なのより、ずっと興味深いと思います。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2017/10/29 07:46
    • だから……
       ↓この子の観察記録を読みなはれ。
      https://www.shizecon.net/award/detail.html?id=339

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2017/10/29 10:56
    • とりあえず…… 取り込みました。
       ゆっくり読ませていただきます。
       ↓審査評の一部を引用。

      「着眼点の発想に優れ、文献やネットなども活用し、レイアウトも論理的で、結論も分かりやすくまとめられた説得力のある作品です」

       べた褒めですね。
       わたしの感想は、後刻レポートします。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2017/10/29 12:07
    • 小学校3年生
       9歳というのがスゴいところです。
       9歳当時のわたしは……。
       鼻を垂らしてボーッとしてただけでした。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2017/10/29 15:04
    • ハナタレMikiko ご同様です。
       わたしは、セーターの袖でハナを拭うので、袖口がいつもガビガビのテラテラでした。

       詳しくは読んでからですが(結構な大作なんだよ)センセ、と云いますかガッコがそういう方針なんじゃないでしょうか。
       わたしの小学校では、絵や演劇など、芸術方面に力を入れてました。しかし、卒業生に芸能人がいるとは、寡聞にして聞いていません。
       その点、理科教育は、結果・成果が目に見えて現れます。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2017/10/29 20:47
    • ♪ああ小学三年生
       ↑舟木一夫『高校三年生』で

      読みました
       まずは評価の定番、いちゃもんから。

      ①実験ごとに『方法』・『結果』を整理してあることは、当然とはいえ評価できます。
       が、いずれも文章のみで、データを整理した図表が全く無いので、きわめて読みづらい。数字だけのデータは、読む側としては把握しづらいものです。

      ②この研究の最大の目的は「なぜジョロウグモが他のクモ(ナガコガネグモ)より個体数が多いのか」を知る事。
       で、それを両者の巣の特性や、巣への外部刺激への反応力などを、様々な視点から確認しようということですが、各実験の具体的な確認『目的』が記されていないので、説得力に欠ける。
       実験の組み立ては『目的』『方法』『結果』『結論』にありますが、全体に『目的』と『結論』が甘い。
       
      ③最大の難点は、個体数の違いを解明するなら、まず大前提として、両者の産卵数・ふ化率・生存率のデータが不可欠ですが、これが全く無い。

       まだありますが、こんなところでしょう。
       次に、褒めたい点。

      ④実験項目の多様さ。つまり「個体数に影響するかもしれない要因」を、実に多様に推測し、実行したこと。
      ⑤そして、データ数の多さ。
       データの多さは、統計的正確さに不可欠ですから、これは最も優れた点と言えるでしょう。
       無論、小学生ですから当たり前ですが、そういった数学的な検証は成されていません。これは今後の課題であり、彼女の将来を思うとき、楽しみな点でもあります。
       
       怠け者のわたしなどから見れば、これほどの長期間、これほどの手間と時間をかけて実験を行ったことが、最大の評価点です。
       彼女、間違いなく理系に向いています。このまま伸びれば将来どうなるか……は、無論誰にもわかりませんが。 

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2017/10/30 07:25
    • 記録
       小学校3年生の2013年10月から、4年生の2014年8月までの記録です。
       子供にとって、1年はとても長いものです。
       続けたというところがスゴいです。
       現在、中学1年生ですね。
       順調に成長していてほしいものです。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2017/10/30 08:19
    • 一つ追加
       ふ化した子グモを、ガラス瓶で飼育・観察しています。
       一個体じゃなく、一腹から生まれた全個体です。いわゆる「クモの子を散らす」ほどの個体数をひとまとめに、です。
       少しは逃げたでしょうけど、とんでもない数でした。

       そこで気になるのは、母親の反応。教育的な対応はともかく、腹の内では「助けてー」くらいは思っていたのでは。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2017/10/30 19:52
    • 確かに……
       立派な母親です。
       普通だったら、金切り声をあげて捨てさせてたところでしょう。
       でも、ゴキブリの観察だったら、さすがにムリだったでしょうね。
       男性でも、異常にゴキブリを怖がる人がいますよね。
       わたしの友人の旦那(体重80キロ)ですが、台所でゴキブリに出会い……。
       絹を裂くような悲鳴をあげたそうです。
       その声を聞いた猫が、パニックを起こしたとか。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2017/10/30 20:52
    • 絹を裂く 80キロ
       “ドンゴロス”を裂く、じゃないですかね。
    コメントする   【由美と美弥子 2378】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
電脳女学園 ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 変態小説 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ
18's Summer 魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 空想地帯
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 漂浪の果てに 濠門長恭の過激SM小説
お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
官能の本棚 [官能小説] 熟女の園 被虐願望 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 Adult Novels Search
GL Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング 成人向けランキング Girls Love Search
アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 十八禁恋愛私花集
萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top