Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #218
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#218



「何してんのん、道、行くえ(行きますよ)、早(は)よ、来(こ)んかいな」

 嵯峨野は竹林の道、野宮神社の境内。拝殿前の石段に腰を下ろす道代は顔を上げた。
 境内の石畳の向こう、入口の鳥居、黒木鳥居の下に道代の主人、祇園の舞妓、小まめこと竹田志摩子が立ち、此方(こちら)を向いていた。その隣には、小まめの志摩子が属する置屋の下働きの老爺、秀男がやはり此方を向いて立っている。
 軽く片手を上げ、道代に声を掛けたのは小まめの志摩子。
 呼ばれた道代は小まめの付き人の道代、小野道代である。
 道代は、立ち上がる前にまず返答をした。

「へ、へえ!」

 立ち上がり、小走りに志摩子に駆け寄りながら道代はもうひと声。

「すんまへん!」

 駆けながら道代は空を見上げた。木の間越し、暮れ泥(なず)む嵯峨野の空。その空の向こうに、道代は何やら艶めかしい情景を見たような気がしたが、それは目覚める直前の夢のように掻き消える。

(なん〔何〕やったんやろ……)
(どない〔どう〕しやはったんやろ……)
(え?)
(誰が、や)
(何が、や……)

 道代は、確かに見たはずの長い夢を思い返そうとしたが、すぐに、夢を見ていたことすら忘れてしまう。

(どうぞ……)
(どうぞ、おしやわ〔幸〕せに……)

 誰への思いなのか、何のための思いなのか、それは道代自身にも最早判然とせぬまま……。

「すんまへん! お待たせしました」

 ぶつかるような勢いで、道代は志摩子に駆け寄った。
 そんな道代を、抱き留める様に受け止め、志摩子は笑い掛けた。

「道」
「へえ」
「あんた、口元によだれ(涎)ついとおるえ(付いていますよ)」
「へ!?」

 慌てて口元に片手を遣る道代に、志摩子は笑い交じりに声を掛ける。

「うそや嘘や、なんも付いてえへん」
「姐さん……」
「あんた、道……寝とったんか?」
「寝る、て……」
「夢でも見てたような顔しとるで」

 言われて道代は、掻き消える情景をもう一度思い浮かべようとしたが、そのことすらすぐに意識から消えた。

「夢……へえ、夢、どすなあ」
「もう、しっかりしてや、お道姐さん」

 姐さん、と笑い混じりに声を掛けられ、道代は背筋を伸ばした。胸前の風呂敷包を、改めて抱え直す。

「すんまへん、姐さん、お待たせしました、秀はん」

 案内役の秀男にも頭を下げる道代を見遣り、秀男は身を返しながらひと声。

「ほな、行きまひょか」

 先に立って黒木鳥居を潜る秀男の後を、志摩子、道代の主従が後先になって潜り抜ける。三人は一列になって数段の石段を下り、京都嵯峨野は竹林の道に降り立った。誰云うともなく振り返った志摩子主従は横並びに、改めて鳥居越し、拝殿に向かって頭を下げた。
 秀男が、志摩子と道代を等分に見比べ、改めて声を掛ける。

「ほな……行きまひょか」

 言って秀男は左手に身を回した。先頭に立って、先ほど野宮神社にやって来た道を戻って行く。
 後に続く志摩子と道代。
 秀男はいくらも行かず立ち止まった。分かれ道である。秀男の前方は、国鉄嵯峨駅へ戻る道。右手は、竹林の道を更に奥へ進む道。背後を振り返った秀男は、志摩子に声を掛けた。

「姐さん、こっちですわ」

 こっち、と秀男が指す先は竹林の道の只中。軽く上り坂になっている。秀男は返事を待たず、体を元に戻し、自ら指し示した方向に歩み始めた。
 あとに続く志摩子。
 道代は更にその後に続く。
 秀男、志摩子、道代の順に縦並びの三人は、さらに竹林の道の奥へと踏み入った。
 行き交う人は、相変わらず一人としていない。
 志摩子の足元、履いたおこぼ(木靴)が、時折道の小石に当たり軽やかな音を立てる。それ以外は、鳥の声も、葉擦れも、人の会話も、何の音もない静謐な竹林の道を、三人は黙々と歩いた。
 道は変わらず、軽くではあるが登り勾配である。
 道代の脳裡には、野宮神社での思いは既に無い。あるのは、主、志摩子への気遣い、それだけであった。
 三人の間の沈黙は、道代によって破られた。

「姐さん、大丈夫どすか」

 志摩子は振り返らず、前への歩みを進めながら、少し声を上げて返答した。

「だいじょうぶ、て、なんえ(何ですか)道」

 道代もつられて声を大きくする。

「お足元、大丈夫どすかいな」
「ふん、このくらい、なんともあるかいな」
「そない……どすか」
「あんたの方がえらそう(きつい;疲れた)やで、道、大丈夫かいな」

 道代はさらに声を上げた。

「うちは……姐さん、体(からだ)使うんが仕事ですさかい(ですから)……」
「身体(からだ)使うゆ(云)うたら……うちらかてせやで(そうだよ)道、あんた一遍、踊りやっとうみ(やってみなさい)どんだけえらい(疲れる)か」
「そらあ、そうどすやろけんど……」

 軽く振り向いた秀男が、足を止めずに二人に声を掛けた。

「まあまあ、まだ時間は十分おますよって(ありますから)ゆっくり行きましょかい」

 その秀男の傍ら、道の左手に簡素ではあるがしっかりした構えの門が現れた。門扉は閉じている。幅が二、三尺はあろうかという巨大な門柱には、これも巨大な表札が掛かっている。縦書きで『天龍寺』とあった。
 秀男が立ち止まる。
 追いついた志摩子と道代。
 門柱に目を遣った道代が、思わず、という風に声を上げた。

「あれ、てんりゅうじ、はん……」

 志摩子が応じる。

「天龍寺、て……道、さっきあんたがゆ(言)うとった……」
「へえ……なんで、こないなとこ(こんな所)に……」

 秀男が、笑い混じりに応える。教え子に対する教師の口調であった。

「お道はん、あんたの思てる天龍寺はんは、嵐電(らんでん;嵐山〔あらしやま〕電鉄)の嵐山駅の前やろ」
「へ、へえ」
「あこ(あそこ)は、ゆ(言)うてみたら天龍寺はんの正門や」
「正門……」
「せや、ほんでここはまあ、ちょと失礼な言い方やが、裏門ゆうことやな」

 道代は、半ば魂消(たまげ)るような、信じられない、という色合いの声を上げた。

「へええー、ほな秀はん、あこ(あそこ)からここまで、みいんな天龍寺はんの境内、ゆ(云)うことどすか」
「そうゆうことやなあ」
「はああー」

 道代には、それ以上の言葉は無い。

(なんちゅう〔なんと云う〕広さやろ)
(なんちゅうおっきさ〔大きさ〕やろ)
(天龍寺はん……)

 秀男が言葉を継いだ。

「いったい、なんぼ(幾つ)のたてもん(建物)が中にあるんかのう、わし(儂)らも見当もつかんわ」
「…………」
「まあ、時間があって、あ(開)いとったら、ちょと見物さしてもらいたいとこやが……」

 志摩子が被せた。

「残念ながらし(閉)まってますし、そないな時間もおへんわなあ」
「へえ……」

 呟く道代に、志摩子は声を継いだ。

「まあ、今度時間あったら、ゆっくり来(こ)さしてもらおやないの、なあ、道」

 そないな機会があるやろか、とは呑み込んで、道代は志摩子を軽く見遣りながら応じた。

「そないですなあ、姐さん」

「ほな、行きまひょか」

 秀男はさっさと歩みを進める。
 続く志摩子と道代。
 いくらも行かず、秀男は立ち止まった。
 道の縁を見ながら、しばらく行き来する。

「えーっと、この辺のはずやが……」

 置屋の女将、辰巳としに渡された物であろう。秀男は、手にした小さなメモ書きと、道の左右を幾度か見比べながら行きつ戻りつした。

「お、これやな」

 言って秀男は振り返った。志摩子に声を掛ける。

「姐さん、ここですわ」

 言い置き、後も見ずに秀男は竹林に踏み込んだ。
 慌てて志摩子が後を追う、道代が続いた。
 竹林の中の、道とも見えぬ小径は少し下り勾配になっている。
 軽い足取りの秀男を追って、志摩子と道代は手を取り合い、縺れ合いながら続いた。
 秀男が足を止める。
 志摩子と道代はその隣に立った。
 今にも崩れそうな苫屋が三人の前にあった。
 道代は、小さな表札に目を留める。
 掠れかけた墨文字。達筆の筆文字ではあるが、道代にも何とか読めた。

『踊熊庵』
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #217】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #219】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2017/10/24 12:22
    • とざい!
       とうざい(東西)~。

       長々と(だらだらと)書き進めて参りました『アイリス』平安京編。幕でございます。
       いったん、平安期の野宮、野宮神社に戻ろうか。恭子と兵部の名残の一発を書こうか、とも考えましたが、既に連載回数は延べ30回を数えております平安京編。始めたのが今年の3月28日、なんと半年以上も道代の妄想話を続けてしまいました。

       これはなんぼ何でも、ということでございまして、些か強引ではありますが話は現在、と云いますか小まめ時間。若き日の志摩子の時点に戻ることになります。
       続くは志摩子の恨み話。「地獄を見せたる」とまで志摩子の言う、あやめへの恨み語りが始まることになります。
       今後とも、よろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。

      天龍寺
       今回、あっさり通り過ぎました古刹、天龍寺。
       禅寺です。
       正式名称と云いますか、山号・寺号は『霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざん てんりゅうしせいぜんじ)』と称します。
       開基は足利尊氏。
       足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺で、京都五山の第一位(誰が決めたんや)。「古都京都の文化財」として、なんと世界遺産に登録されています。

       精進料理を出す店(おそらく宿坊)が境内にありまして、湯豆腐がウリだそうです。嵯峨・嵐山にお越しの節はお試しください……ですが話の都合上、天龍寺は素通りです。

      ということでございまして……
       『アイリスの匣』嵯峨野編、舞台は変わりまして『踊熊庵』で御座います。
       なんて読むんや、も含めまして続きは次回。今後の展開を乞う!ご期待。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/10/24 19:53
    • 天龍寺
       庭園参拝料、高校生以上500円。
       諸堂参拝料、さらに追加で300円。
       現在、法堂にて「雲龍図」特別公開中、参拝料、さらに追加で500円。
       合計、1,300円(団体割引等一切なし)。
       坊主丸儲け、貧乏人に仏縁なし。

       天龍寺直営・精進料理店「篩月(しげつ)」。
       年中無休。
       250人までオッケー。
       コースは、下記のとおり(税込)。
       「雪(一汁五菜)」3,000円。
       「月(一汁六菜)」5,000円。
       「花(一汁七菜)」7,000円。
       お酒も飲めます。
       なお、お店は庭園にありますので、庭園参拝料500円が別途必要となります。
       材料原価は、1割程度?(儲かりまっせー)

       湯豆腐のお店は、「西山艸堂(ぜいざんそうどう)」でしょうか?
       料理は「湯豆腐定食」のみで、3,150円(税込)。
       お酒も飲めます。
       庭園内じゃないみたいなので、庭園参拝料は不要のようです。
       材料原価は不明ですが……。
       スーパーで豆腐を3千円も買ったら、腹が破裂するほど食べられます。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2017/10/24 22:21
    • タダじゃないんだ  天龍寺。
       正門も裏門も、どちらも覗いただけ。中には入りませんでしたからねえ。
       それにしても、庭を見るだけで500円! 金沢の兼六園はタダ……じゃなかったか。昔は良かったなあ。
       貧乏人は麦を食え、というやつだな(関連性、無し)。

      雲龍図って……
       まさか北斎?
       今、大阪の『あべのハルカス』で北斎展をやってますが……。

      湯豆腐の店
       店名は覚えてません。テレビでちらっと見ただけでしたからねえ。
       しかし、豆腐料理は豆腐が命。スーパーの水増し豆腐ではどもならんでしょう(スーパーの、だったりして)。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/10/25 07:27
    • 兼六園
       タダではありませんでした。
       18歳以上、310円。
       ただし、団体割引があり、30人以上で250円です。
       ま、こちらは、管理費が県の予算から出ますからね。

       天龍寺の「雲龍図」は……。
       加山又造画伯(1927~2004)によるものだそうです。
       北斎に「雲龍図」という絵はないみたいですぞ。

       湯豆腐。
       わたしは、木綿豆腐が好きでないんですよね。
       なので、わが家の湯豆腐は、絹ごしです。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2017/10/25 12:17
    • 金取り兼六
       以前はタダだったんだけどね。
       しかし、310円とはえらく半端な。
       10円くらいまけんかい、ですがそこがお役所仕事でしょうか。

      北斎に雲龍無し
       あ、そうなん。
       じゃあ、娘のお栄かな。
       お栄の号は応為ですが、これは親爺殿からしょっちゅう「おーい、おい、おうい」と呼ばれていたからだとか。
       え? 加山又造画伯?

      絹ごし湯豆腐
       掬うとき、ぐずぐずに崩れちゃうんじゃないの?
       まあ、豆腐掬い、なんて便利グッズがあるようですが。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/10/25 19:44
    • 310円
       おそらく、消費税が5%になったときに、300円から値上げしたんでしょう。
       消費税を加えると315円になりますが……。
       おつりの手間を考え、5円は切り捨てたんだと思います。
       8%になったときは据え置きにして……。
       再来年の10%への改正では、330円に値上げすると思います。

       湯豆腐。
       わが家では、お鍋からは、穴あきお玉で掬います。
       煮ると硬くなるので、小鉢から食べるときは箸で摘まめます。


    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2017/10/25 22:41
    • 310円改め予定の330円
       要するに、内税ということですな。
       珍しいと云いますか、良心的と云いますか……。
       どっちにしても収納の手間はかかりますわな。いっそ切りよくワンコイン、500円に(やめてくれよ)。

      穴あきお玉
       はいはい、あれね。
       金網製の“ミニざる”みたいなのもあります。これは、汁がほとんど入らない優れもの。タレの“薄まり”が少ないです。
       しかし「煮ると硬くなる」って……越後の豆腐は美味そうですな。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/10/26 07:21
    • 入館料などを……
       外税で表記してるところは、まず無いと思います。
       電車やバスの料金と一緒です。

       「越後の豆腐は美味そう」。
       皮肉を言わんでも良かろう。
       煮ると硬くなるのは、凝固剤に「GDL(グルコノデルタラクトン)」を使ってるからだとか。
       スーパーなどの激安豆腐がそれだそうです。
       「にがり」を使った豆腐は、硬くならないそうです。
       そんな豆腐、食ったことないわ。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2017/10/26 17:12
    • グルコノデルタラクトン
       ものすごい凝固力だそうです。水でも固めちゃうとか(んなアホな)。

       絹ごしを止めて木綿にすれば?
       端っから硬いんだから気にならないでしょう。
       わたしは近頃、焼き豆腐一本です。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/10/26 19:48
    • だから……
       木綿豆腐は、好きじゃないんです。
       豆腐臭い味がするじゃないですか。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2017/10/26 22:30
    • >豆腐臭い味
       意味不明。
       豆腐なんだから当然でしょう。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2017/10/27 07:25
    • 豆腐の味が、さほど強くなく……
       舌触りがツルンとしてるのがいいんです。
       早い話、スーパーの絹ごし豆腐ですね。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2017/10/27 11:43
    • 舌触り
       絹ごしなんだから「喉越し」とカマすべきだったな。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2017/10/27 21:31
    • なるほど
       勉強させていただきました。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2017/10/28 01:59
    • 絹ごし
       それにしても、長いこと食べていません。
       崩れるのは承知、で久しぶりに試してみますかね。穴あきミニお玉、どこやったかなあ。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #218】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top