Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #214
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#214



「はおっ」

 これは恭子(のりこ)。
 近づけた顔、その鼻先を笹津由の股間に弾き返され、仰け反りながら上げた悲鳴であった。

「おひっ」

 これは笹津由。
 恭子の額に陰核を押し潰され、腰全体を跳ね上げながら上げた悲鳴、いや、嬌声であった。
 両者の声はそれぞれそれ一つのみ。
 笹津由は首を擡(もた)げた。左の腕を曲げ、肘を突いて軽く上体を起こす。恭子を見やりながら言葉を掛けた。

「姫、大事おじゃらぬか」

 恭子は鼻先に当てていた片手を戻し、仰け反らせた顔を戻して居住まいを正した。軽く頭を下げる。

「大事……おじゃりませぬ」
「左様か、痛(いと)うしたのではあるまいの」
「大事おじゃりませぬ、わたくしこそ、ご無礼申し上げました」
「なんの、ただ、いきなりじゃったでのう」
「まことに、ご無礼をば……」
「いやいや、こちらこそ済まぬことであった」

 恭子(のりこ)と笹津由は互いに目を見交わした。軽く微笑み合う。
 恭子はすぐにいつもの調子に戻った。笹津由に声を掛ける。

「師よ」
「うむ」
「今一度、確かめさせていただいて宜しいか」
「尿(ゆまり)が洞(うろ)、いや、孔じゃな」
「あい」
「ご覧(ろう)ぜよ」

 いうなり笹津由は、仰臥位に直った。改めて股間に手をやり、陰門を開く。

「さあ姫、ようくご覧(ろう)ぜよ」
「あい」
「ただし、ゆるりと、の」
「あい……」

 端座のまま、恭子は両膝のそれぞれ外側に左右の手を突いた。ゆっくりと両の肘を折る。深く折る。恭子の上体がゆっくりと前に傾き、その顔が笹津由の股間に近づく。慎重に、ゆっくりと、ゆっくりと恭子の顔が笹津由の股間を目指し下降する。恭子の鼻先が笹津由の陰門に触れんばかりに近づいた。
 両の掌を敷き栲(しきたえ;敷布団)に、両の肘を深々と折り、頭(こうべ)は、仰臥する笹津由のそれと同じほどに低く垂れ……恭子の姿勢は笹津由に頓(ぬかず)くやに、いや、何ものかに祈りを捧げるやに見えた。

「ここ、ですぞ」

 ここ、と指し示す笹津由の示指の先は、過たず自身の尿道口を指していた。

「ここに、我が食指の先におじゃるぞ」

 幾重にも帳を立てた室内、笹津由の両脚と恭子(のりこ)の頭(こうべ)の陰になる笹津由の股間は仄暗い。
 一心に瞳を凝らす恭子は、笹津由の示指の先に、針で突いたかのような小孔をようやく認めた。

「おお」

 恭子は知らず、嘆息交じりの声を一つ漏らしたか。
 耳聡く聞きつけた笹津由は問いかける。

「お分かりか、姫」
「あい、何と……」
「む」
「何と小さき……」
「そうじゃのう」
「をみな(女)の液を出だす洞(うろ)に比べ……」
「左様」

 恭子は少しく顔を引いた。笹津由の視線を捉え問い掛ける。

「何故、斯様に小さきにありましょうや、師よ」
「姫よ、尿(ゆまり)の孔が小さしと申すより、をみな(女)が液の洞(うろ)が大き、と申すべきにあろうかのう」

 恭子(のりこ)は、笹津由と見合ったまま小首を傾げた。

「しかし師よ、いずれの穴も液を出だすとば口にありまするに、何故斯様に大きさが……」

 笹津由は仰臥のまま、軽く首を擡(もた)げて恭子を見詰めた。その視線は、そして掛ける言葉は変わらず、弟子に対する師のものであった。

「姫よ」

 その語調に込められた笹津由の意図を、恭子は敏くも感じた。

 大事のことぞ。
 これより、大事の事を陳(の)ぶるぞ。
 確(しか)と、お聞きあれ……。

 恭子は姿勢を戻した。両手は両の腿の上、背筋を伸ばし頭(こうべ)を上げる。普段は希に、神殿に額ずく折にのみ取る端座であった。笹津由の声掛けに即答する。

「あい」
「尿(ゆまり)が孔は、確かに尿を出だすのみにあるが……」
「あい」
「をみな(女)の液の洞(うろ)、先ほど姫が指を入れられし穴が出すは、をみな(女)の液のみに非ず」
「それは…………」
「姫よ」
「あい」
「子は……」
「あい」
「をみな(女)が体内に成せし子は、十月十日の日満つるとき、このをみなが洞(うろ)よりこの世に生まれ出(いづ)るのじゃ」

 恭子(のりこ)は、暫時絶句した。わが師笹津由の言葉が直ぐには理解できなかった。ややあって、掠れる声を絞り出す恭子であった。

「そ……」

 笹津由は無言。

「その、ような……」

 恭子は、生まれ出たばかりの赤子(あかご)を見たことは無い。しかし、下働きの女官が、時に大きな腹を抱えて立ち働く様を垣間見ることはあった。

(あの……)
(あの、腹の膨らみ具合から察するに……)
(赤子の大きさは……)

 容易に察しのつく恭子であった。

「赤子が……」
「うむ」
「赤子が、をみな(女)が洞(うろ)より出(いづ)るとは……」
「考えもつかぬとてか、姫」
「……あい……」
「戯れを申しおるにはあらぬぞ、姫」
「…………」
「赤子は、間違いのうここより出(いづ)るのじゃ」

 ここ、と笹津由は我が膣口を指し示すが、もはや恭子(のりこ)には目を遣る余裕はなかった。あらぬ方に目を送りながら、恭子は言葉にならぬ言葉を出(いだ)すしかなかった。

「そ……その……」

 笹津由は淡々と言葉を継いだ。

「この、をみな(女)が洞(うろ)は伸縮自在、要に応じ緊(きつ)う締まるも、大きゅう開くも自由自在」
「…………」
「子を成したる我の体感せしことじゃ」
「…………」
「さらに、子の生まるる処に幾度も立ち会いし我の見しことじゃ」
「…………」
「宜しきか、恭子姫」

 笹津由の声が少しく大きくなった。その声掛けは、恭子を叱咤するやに、また、励ますやに聞こえた。

「……師よ……」
「おう」
「わたくしにも……わたくしにもその、をみな(女)の洞(うろ)、御座りまするのか」
「無論の事」
「ならば、我もまたその洞(うろ)より子を出(いだ)す、と……」
「無論」
「…………」
「ご心配召さるな、姫」
「…………」
「こ(是)は、古(いにしえ)より並べてのをみな(女)の為せし事」
「…………」
「しかも、いまが今ということにはおじゃらぬ」
「…………」
「姫が子を成すまでには、是より様々なことどもを知り、為さるる、その上でのことじゃ」
「…………」
「この、今の我らが問答もその一つ」
「…………」
「案ぜらるること、何一つおじゃらぬ」
「……あい……」

 ようやく、ひと(一)声返す恭子(のりこ)であった。


「さて、姫よ」

 暫時の後、変わらず仰臥位のまま、笹津由は恭子に声を掛けた。

「あい」
「をみな(女)が洞(うろ)の働き、今一つ有り申す」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #213】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #215】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/09/26 15:07
    • すみません
       今朝は、やけに時間があるなと思ってたら……。
       投稿を忘れてました。
       申し訳ないので、会社から投稿しました。
       お詫びいたします。m(_ _)m

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2017/09/26 22:25
    • ボケたか、Mikik
       は、ともかく……、
       会社から投稿など、危ないことは止めましょう。

      それはともかく……、
       『アイリス』性教育編、ではなくて平安京編。
       いよいよ佳境、と申しますか究極の中だるみ、と申しますか……。
       ふとしたことから始まりました、エロ斎王恭子とエロ女官笹津由、さらにはここ数回、全く忘れ去られておりますエロ貴公子兵部、北の兵部卿宮の物語。ようやく先が見えて参りました。
       あと数回、総選挙の投票日までには(何の関係が)宮中を離れ、野宮神社に戻る算段が付きました。今しばらくのご辛抱、じゃなくてお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

      さらにともかく……
       女官笹津由の実践的性教育講座
       今回のテーマは『をみなの洞(うろ)』
       膣、膣口です。
       女性器、女性の外部生殖器と申しますと、何と申しましても膣でしょう。
       その膣の働き。
       笹津由センセは出産から始めました。
       生徒の恭子姫は、少しビビっておりますが、これはまあ無理からぬところでしょうか。
       
       さらに今回のラスト、センセのセリフです。
       「をみなが洞の働き、今一つあり申す」
       これが今回のヒキ、次回をなにとぞ乞う!ご期待。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2017/09/27 07:35
    • 投稿忘れは……
       前にも自分の回でやってるので、ボケたわけではありません。
       いずれにしろ、申し訳ありませんでした。
       会社から投稿が出来たのも……。
       データを、ネット上に保存してあるからです。

       お寺の中には、「胎内巡り」ができるところがあります。
       うちの檀那寺にも、似たシステムがありますが……。
       暗くないので、ほんとの「胎内巡り」とは違うでしょう。
       「胎内」と云うからには、観音さまとかの女身の中なんでしょうね。
       男性の仏では、入るのが肛門になってしまいますし。
       女身の「胎内」への入口であれば、当然、膣口です。
       信者に巡られると、観音さまも気持ちがいいんでしょう。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2017/09/27 08:51
    • 換骨奪胎
       という語がありますから、『胎』は広く「人体の内部」とも考えられそうですが、どうも女性、特に母体の内部、つまるところは『子宮』のようです。
       胎児、という語もありますからねえ。

       ここまでどう書いてきたか、少しチェックしてみましたが、女性の場合は『胎』『胎内』、野郎の場合は『体内』と書き分けてきました様です。やれやれ、ですね。

       体内巡りとは異なりますが、奈良東大寺は大仏殿に、潜り抜け柱、ってえのがあります(名称はテキトー)。
       堂内で天井を支える太い柱の根本が大きく刳り貫いてあり、この穴を潜り抜ければ極楽往生……とまでは云っていないようですが。
       現在のわたしがやれば、まず嵌まり込んで抜けられないでしょう。君子危うきに近寄らず(誰が君子や)。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2017/09/27 19:48
    • 東大寺の柱
       『ブラタモリ』で見た記憶があります。
       桑子さんのころです。
       くぐり抜けは、修学旅行生に人気だそうです。
       抜けなくなったアホはいないんですかね?

       新潟県には、文字どおりの『胎内市』があります。
       市名の由来は、市域を流れる『胎内川』です。
       この川の名前の由来は、容易に想像できます。
       ヒントは、扇状地。
       ここまで言うと、タモリさんなら即答でしょう。
       つまり、中流域の扇状地では……。
       川が地上から消え、伏流水となって地下を流れるわけです。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2017/09/27 20:40
    • >抜けなくなったアホ
       ネット検索しましたら、そういう話がありました。
       が、よくよく読めば与太話でした。

      胎内川は……
       伏流水。
       言いたいことは分りますが、『胎』の語が生々しくて、もひとつピンときません。

       そうえいば、懐かしの久保田祐佳アナが、タモリと組んで番組をやるとか聞きました。ブラタモリではなさそうですが、さて。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2017/09/28 07:19
    • 胎内川という名前
       伏流水になる川は、全国の扇状地にたくさんあるはずですが……。
       不思議と、胎内川という名称は、新潟県にしかないようです。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2017/09/28 08:33
    • 胎内川
      >新潟県にしかないようです
       新潟人の、いや越後人の独特の感性の成せる業でしょうか。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #214】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)