Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
亜理紗 雪むすめ(第8話)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『亜理紗 雪むすめ(伝説官能ホラー作品)』 作:Shyrock


第8話:騎乗の美少女


 亜理紗はゆっくりと腰を上下動させる。
 俊介は最初微動だにしなかったが、まもなく亜理紗の腰のリズムに合わせるように、下から小刻みに突き上げた。

(ズンズンズン!ズンズンズン!)

 ふたりの動きは一段と激しさを増す。
 俊介の身体と亜理紗の身体がぶつかるたびにふたりの愛液が混じり合っていく。

「俊介さぁ~ん……んんっ……すごくいい……!」

 長い髪を振り乱し悶える亜理紗の姿が、まるで踊り子が踊りを舞っているように見える。

 亜理紗は急に上体を前屈させ俊介に接吻を求めた。
 俊介も負けじと濃厚なキスを返す。
 悦楽がさらなる悦楽を呼ぶ。官能がさらなる官能を呼ぶ。
 亜理紗の快感は急上昇していった。

「ああっ…俊介さん!私…イッちゃうかも!俊介さん、イッひゃうぅ~~~~~~~~~!!」

 歓喜にむせび随喜の涙を流し、亜理紗は卑猥な言葉をつむぐ。
 亜理紗の膣が蠢動し激しく肉棒を締めつける。

「亜理紗……亜理紗ぁ~~~!!」

 俊介も亜理紗の名前を呼ぶ。彼も絶頂が近づいている。
 次の瞬間、俊介は精を吸い取られていくような気がした。

「……!!……!?」

 俊介は射精直前に亜理紗から抜こうとした。いや瞬時に抜くべきだとかすかな理性が働いたのだ。
 だが亜理紗は俊介が離れることを拒んだ。
 俊介が射精する瞬間、逆に亜理紗は俊介に抱きつき強く密着した。

「俊介さん!私の中で思い切り出して!!」
「うううっ…もう持たない!!限界だ!!」

 亜理紗の腰が最大限に揺れた。

「あぁぁぁ~~~~~~っ!もう…もうダメ……!!わたし…イクぅぅぅぅぅ~~~~~~~~~~~~~~!!」

 亜理紗は身体を後方にのけぞらせて激しく喘いだ。

 俊介もまた亜理紗に続いて激しい射精が始まり、亜理紗の中へ白い液体を発射させた。
 その瞬間、俊介は再び精を強く吸われていくような気がした。
 今までのセックスでは体験したことのないような強烈な快感が俊介を包み込んだ。

「うわぁ~~~~~~~~!!最高だ~~~~~!!出るぅ~~~~~~~~~~!!」
「出して!!出して!!いっぱい出してぇ~~~~~!!あぁ……俊介さんのが……こんなにいっぱい亜理紗の中へ……嬉しい……」
「亜理紗…かわいい……」
「俊介さん……大好き……」

 ふたりは繋がったまま、身体を布団で包み深い眠りについた。



 亜理紗はその後も俊介の部屋へ夜毎現れた。
 そしてふたりはめくるめく快楽の世界へとおぼれていった。
 俊介は亜理紗が現れるとずっと前からの恋人のように真心を込めて愛した。
 亜理紗もまた俊介の前では一心不乱に乱れた。

 一方、仕事の方は順調に進んでいた俊介であったが、3日目の取材中に軽いめまいがあった。
 亜理紗との夜毎の密事で寝不足が続いているからだと考え、それほど気には留めなかった。
 それから数日経ってもやはり時々めまいが起こり、それに疲れが残るようになった。
 小千谷に来て6日目のことだった。大浴場で体重を量ってみると驚いたことに体重が4キロ減っていた。
 ここ数年1キロ程度の増減は珍しくなかったが、短期間で4キロも減るのは初めてのことだった。

(どうしたんだろう?食事はきっちり摂っているのになあ……やっぱりアレが過ぎるのだろうか?)

 俊介は医者に行くことも考えたが、幸い症状は軽く仕事にも支障がないことから、とりあえず通院は見合わせることにした。

 俊介の頭の中は仕事以外は亜理紗のことでいっぱいだった。
 今夜もまた来るのだろうか。そう言えば亜理紗が訪れるのは夜更けばかりだ。
 ふと俊介は一度だけでいいから昼間に亜理紗と会いたいと思った。
 どうして昼間は来ないのだろうか。おそらく女将や他の仲居に自分とのことが見つかると拙いと思い、わざと現れないだろうか。
 それにしても奇妙だ。自室に訪れてくる亜理紗を見る以外、旅館内で彼女の姿を見たことは一度もない。
 女将に亜理紗の所在を聞けば良いのだが、もしも深夜の秘め事を感づかれたら厄介だ。
 亜理紗が叱られても可哀想だし、女将の怒りを買って取材が中断にでもなれば大変だ。
 そんな事情から女将に聞くわけにもいかない。

 雪女伝説の取材については、村の長老や識者それに寺の住職や神社の宮司にも聞くことができたし、一応目的は果たした。
 俊介はまもなく10日間の取材を終え東京に帰ることになる。
 取材で得た情報や撮影した写真は東京に戻ってから編集すればよい。
 俊介の心残りはやはり亜理紗だった。
 あれほど気立てが良くて見目麗しい娘というものは滅多にいるものではない。
 それでいて、ひとたび(しとね)に入ればまだ10代とは思えないほど淫らな女に変身する。
 最初のうちは多少遊び心があったことは否めないが、毎夜逢う瀬を重ねていくうちに亜理紗への想いはどんどんと深まっていった。
 もし叶うならずっとそばにいて欲しい。
 亜理紗の気持ちを確かめたわけではないが、好意を寄せてくれていることは間違いなかった。
 それは亜理紗と愛し合っているときの瞳の輝きから十分に読み取れた。
亜理紗 雪むすめ【第7話:濡れる花弁】目次【読者の部屋】日本酒を飲もう!(Ⅰ)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/09/09 08:36
    • 『牡丹灯籠』と『雪女』
       どちらも、男の精を吸い取る女の妖怪です。
       これ、現代版にしてAVに出来ませんかね。
       どこか翳のあるデリヘル嬢。
       惹かれた男は、毎日のように呼んでしまう。
       やがて痩せていき、朝も起きられなくなり、会社はクビ。
       しかし、デリヘルは呼びたい。
       高利貸しの老婆からの借金は膨らみ、返済を迫られる。
       男はついに老婆を殺し、金を奪う。
       男の名は……。
       ラスコーリニコフ。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2017/09/09 12:48
    • デリヘルは呼ばんと思うぞ
       ラスコーリニコフ(いちおー五七五ね)。

       肝心の亜理紗は、この後じっくり読ませていただきます。
       すんませんなShyrockさん。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2017/09/09 13:03
    • 雪女も牡丹灯籠も……
       男を取り殺して、何の得があるんでしょう?

       でも、雪女の怪談が生まれた要因は、なんとなくわかります。
       凍死者の表情だと思います。
       とても穏やかで、眠ってるようなんだとか。
       寒さで感覚が麻痺してしまうため、苦痛を感じないそうです。
       事故死のうち、一番綺麗な死体が凍死だそうです。
       雪女に取り殺されたという怪談が出来ても不思議じゃありません。
       これ、前にも書きましたっけ?

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2017/09/09 17:35
    • 体重4キロ減
       おー、羨ましい。
       貸してくれんかのう、亜理紗ちゃん。

      凍死者の表情が微かに笑っている。
       なじかは知らねど、雪女物の定番のようです。
       雪女もねえ。正体を隠すんなら、最後まで隠し通せよ、と思いますが、まあお話だからな。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2017/09/09 18:09
    • なじぇに……
       交わってる最中に、解けて消えないのか?
       ま、お話ですからね。

       雪男は、見つけ次第射殺しましょう。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2017/09/09 21:47
    • 日向子姐さん
       だったかなあ。
       いや、星野之宣か。

       雪深い山中に住まう男、吹き降りの夜に娘を拾います。
       氷のように冷え切った娘。が、囲炉裏に寄ろうともせず部屋の隅に端座します。幾ら勧めても、風呂も食事もとろうとしません。
       業を煮やした男、娘に声を掛けます。
      「あんたははあ、ひでえお人だ。こんだけ勧めてやってんのによお」
       答える娘。
      「それでは……お湯を……いただきます」
       娘は風呂場に消えます。が、さあいくら待っても戻ってこない。
       風呂場をのぞく男。
       娘の姿はどこにもなく、ただ湯船に浮かぶ櫛一つ……。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2017/09/10 07:41
    • 娘は……
       風呂場の窓から逃げたに違いない。
       拾われたのは、大迷惑だったのです。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2017/09/10 09:25
    • 大迷惑
       有難迷惑、というやつですかね。
       それならそれでそう言えばよかろう、と思いますが。
       「実はわたくし……」

       それとも、正体を明かすのは相手を取り殺す際に限られるのでしょうか。


    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2017/09/10 12:28
    • 「小さな親切」
       「大きなお世話」の典型です。
       正直に言っても、勘違い親切男には通じないと思いますよ。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学
禁断の体験 エッチな告白集 萌木ケイの官能小説 未知の星 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 恥と屈辱の交差点 ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説
秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 Playing Archives 羞恥の風
変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説 女性のための官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 魔法の鍵 空想地帯
人妻の浮気話 艶みるく 性転換・TS・女体化劇場 快感小説 18's Summer
ぺたの横書き 性小説 潤文学ブログ Eros'Entertainment 調教倶楽部
ひめ魅、ゴコロ。 黒い教室 潤文学 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ 淫鬼の棲む地下室 お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ
ちょっとHなおとなのための… 恥辱小説 淫界散歩 出羽健書蔵庫 むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ 被虐のハイパーヒロインズ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ライトHノベルの部屋
riccia 妄想ココット オシッコオモラシオムツシーン収集所 [官能小説] 熟女の園
漂浪の果てに かめべや 空想の泉~The Fountain of Daydream~ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド

黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 アダルト動画まとめ
エログちゃんねる 小説の匣
正しいH小説の勧め 官能小説アンテナ
GL Search Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ コミックルーム アダルトブログランキング ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット 萌駅 おたりんく 【携帯】Lovely Venus
少女禁忌区域 ヌケルアダルト作品 SindBad Bookmarks クリエイターコレクションR18
【携帯】女の子のためのн小説 ぱっくりんく Adult Novels Search ぴあすねっとNAVI
【携帯】GL狂愛Rank アダルト検索BBJapan Cyber あまてらす アダルトなび2

ランキング/画像・動画(31~50)
GAY ART NAVIGATION カテゴリ別オンライン小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!