Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #208
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#208



「では、姫よ」
「あい」
「改めて問うのじゃが」
「あい」

 笹津由は正面から恭子(のりこ)を見詰め声を掛けた。
 恭子は背筋を伸ばし、姿勢を正してその言葉を受ける。

「姫が口吸い、為したくなき相手とは、如何なる者なりや」
「それは……」
「それは?」
「我にとりて、苦手な御方」

 恭子は俯きつつ答えた。

「む」
「語り合いたく無き者」

 恭子は顔を上げない。その声は次第にか細くなっていく。

「ふむ」
「座を共に、したく無き……」

 恭子(のりこ)の声は、耳を澄まさないとよく聞き取れないほど小さくなった。

「要するに」

 笹津由の声は逆に大きく、恭子を叱咤する色合いを帯びた。

「要するに、姫が嫌はるる相手、ということにありまするな」

 恭子は、我が胸に顎先を埋めるかのように深く俯いた。辛うじて答えを返す。

「あ……い」

笹津由は、少し声を和らげた。その面(おもて)には、微かに笑みも浮かんでいる。

「どうされた、姫」

 俯いた恭子の顔は上がらない。捗々(はかばか)しい返答も適わぬ様子である。
 笹津由は、更に柔らかく声を掛けた。

「姫よ」
「……あ、い……」

 恭子(のりこ)はようやく顔を上げた。その目の前に、笹津由の温顔があった。恭子は引かれる様に顔を寄せる。
 笹津由の上下の唇が、誘(いざな)うがごとく軽く開く。
 その唇に、恭子の唇は自然に近づいた。恭子は何の躊躇(ためら)いもなく、我が唇を笹津由の唇に触れた。触れ合う直前、恭子のその上下の唇は、これも自然に開いた。開いた自らの唇を更に割り、恭子の舌が這い出た。這い出た舌は、ついで笹津由の両唇を割り開いた。
 いや、笹津由が自ら大きく口を開いた。
 恭子の舌は、笹津由の口内に迎え入れられた。

「ぶぶ」

 固く合わさる互いの両唇の隙間から、喘ぎとも呻きともつかぬくぐもった音が漏れた。恭子と笹津由。いずれの漏らした音であるか、それは判然としない。二人同時に零した肉の音であったろうか。
 恭子は舌を動かす。
 先程の、我が口中での笹津由の舌の動き。その動きを思い出すかの様に、なぞる様に、恭子の舌は動く。
 いや、思い出す必要なぞ無かった。笹津由の舌の動きは、恭子の舌に確(しか)と埋め込まれていた。肉の記憶であった。恭子は、我が肉の動きに身を委ねた。
 笹津由の舌は、恭子の舌の動きに見事に合わせて動いた。シテとワキ。能楽の主役シテと、脇役のワキ。恭子の舌がシテならば、笹津由のそれはワキ。いや、いずれが主役か脇役か、それは判然としない。
 二枚の舌、二つの肉塊は主脇一体となって舞台上で自在に動いた。舞台は笹津由の口内、演目は……。

「く、ふうううう」

 これは、明らかに恭子(のりこ)の上げた嘆息であった。恭子は知らず、自ら舌を、唇を引いた。

「かはあああ」

 恭子の顔が天を仰いだ。笹津由の唇から離れた恭子の唇は、息を求め大きく開く。その口元から糸を引く一筋の唾(つはき)。

「姫、よ……」

 笹津由が片腕を伸べた。その手の先、指の先が、恭子の頬に軽く触れ、零れ落ちる恭子の唾(つはき)を掬い、留める。いや、その唾には、笹津由自らのものも含まれているであろう。笹津由は、唾に濡れた我が指先を口に運んだ。舐める。笹津由は、己が指の先を口に含む。喘ぐ恭子を見遣り乍(なが)ら、笹津由はその指に我が舌と唇を這わせた。
 顔を戻した恭子は、笹津由のその振る舞いを、目を見開いて見詰めた。わが師笹津由の、普段の立ち居振る舞いには似つかわしくない仕草に、恭子は夢から覚めた、という風情で声を掛ける。

「ささ……」
「何かの、姫」

 口から手指を放した笹津由は、何の動ずる風もなく、両の手を腹の前で組んだ。

「美味しゅうござりますか」
「美味じゃの。甘露、とはこのこと」
「わたくしには……」

 わかりませぬ、と言いさした恭子(のりこ)を見遣る笹津由。それには答えず、逆に問い掛けた。

「どうじゃな、姫」
「どう、とは」
「我と為す口吸い、如何(いかが)かと問うておる」
「それは無論、心地よきに御座りまする」
「さようか」
「口吸いがかほど心地よきものとは、ついぞ知らぬことにおじゃりました」
「それはさもありましょうが、お嫌ではあらしゃらなんだか」
「嫌など、とんでもない、あまりの心地よさに息も止まろうかと……」
「それは重畳、ならば、我は姫に嫌われてはおらなんだと、こういうことじゃな」

 恭子は、思いがけないことを言われた、そのような思いであったろうか。向きになって笹津由に言い募る。

「嫌うなど! とんでもなき事に御座ります」

 笹津由は、そんな恭子を宥(なだ)める素振りか、軽く片手を上げた。

「分りおり申す、詮無き物言い、許されよ」
「あい……」
「して、姫よ」

 笹津由は、軽く言葉を改めた。

「あい」
「先ほどの姫が問いへの答えじゃが」
「問い……」
「早(はや)お忘れか」
「…………」
「口吸いなる振る舞い、何のために為すや」
「おお」
「今はお分かりか、姫」
「それは……」
「む」
「好いた者どうしが」
「うむ」
「心地よさを求めて、にありまする」

 笹津由は、暫時、言葉を止めた。が、僅かの間の後、続けた。

「左様……それはそうにおじゃるなあ。好いた者どうし、憎からず思う者どうし、互いに愛しむ者どうしの行う……その、相手を愛しむ思いがそのまま表れた、云わば『思いの証(あかし)』とでも申そうか」

 恭子(のりこ)は深く頷(うなず)いた。

「愛しむ思いの証……」
「うむ」
「だからこそ、嫌う相手とは為さぬ事である、と」
「そうじゃのう」
「だからこそ……だからこそ、ささ、わが師よ」
「おう」
「我に口吸い、為して……お教え下された、と」
「さよう」
「師は、我を愛しんでおくれであると」
「何をいまさら姫、左様な事……」

 自明のことに有ろうとは目で告げ、笹津由は軽く笑んだ。
 応えて恭子は、満面に笑みを湛えた。正面から笹津由を見詰める。
 放っておかばこちらに飛びついて来かねぬ、そのように感じたか、笹津由は師としての口調に変えた。

「姫よ」
「あい」
「話はまだ終わりにはありませぬぞ」
「……あい……」
「我らが今語り合(お)うておること、そもそもの初めは何でありしか」
「…………」
「いやいや、思い出さるるは無理か、と」
「……あい……」
「お教え差し上ぐる」
「あい」

 さらに一呼吸を置き、笹津由は恭子(のりこ)に告げた。

「そもそもは、をのこ(男)とをみな(女)、如何(いか)にして子を成すや、にあり申した」

 聞いて恭子は瞬時に応じた。

「あい!」

「しかしてそは、をのこ(男)の成す精の液、をみな(女)が作る卵、これらを合わするにあり申した」
「あい」
「さらに言わば、をのこ(男)の精の液を、をみな(女)が体内に注ぎ入るることで子は成さるるもの」
「……あい……」
「これより姫にお教えするは他に非ず、精の液を注ぎ入るる、その手立てである」
「…………」
「口吸いは、その手立ての一環でもある」

 暫時、恭子(のりこ)は絶句した。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #207】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #209】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2017/08/15 10:24
    • 意地悪センセ
       女官笹津由です。
       言いづらいこと、答えづらいことを生徒恭子に無理やり言わせる。
       苦慮する恭子。
       まあ、これも皇女教育の一環なのでしょうか。

       それはともかく、性教育の方は順調に進んでいるようで、恭子ちゃん。積極的に『口吸い』を求め始めました。恭子『春のめざめ』です。

       しかし、口吸いは『愛しむ思いの証』。
       読み返しまして、何をいまさらですが少々、いやかなり気恥ずかしくなります。よくこんな恥ずかしい文章を書けたもんだ、というところですが、まあこれは時の勢いというところでしょうか

       ともあれ、笹津由センセの性教育。
       いよいよ本番にとりかかるようです。
       次回以降を乞う!ご期待。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/08/15 11:47
    • ラブレターを……
       夜、書いてはいけないと云われます。
       こっ恥ずかしい文章を書いてしまいがちだからです。
       小説も、同じなのかも知れません。
       重要なのは、時間を置いてから、もう一度読み返すことです。
       そのためには、早めに書き上げるということが必須です。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2017/08/16 01:01
    • 夜陰にまぎれ……
       ついでに書いておきます

       『まぐはひ(目合ひ)』
       はむろん「エッチすること」で、この語もいずれ恭子に教えねばなりません。
       で、今回はこれを「愛の証」とでも書こうとしたのです。ないしは「愛の行ひ」と。

       問題はこの『愛』。
       今回の「愛しむ」や、例の「愛づ」など、動詞は辞書にあるのですが、直截に、名詞としての『愛』。これは当時あったのでしょうかね。使われていたのでしょうか。
       あったとして、そのニュアンスは現在と同じだったのでしょうか。まあ、現在でも様々なニュアンスで用いられるわけですが。

       『愛』
       もし使用可能なのであれば、今回はもう少しあっさりと書けたかも。
       で、もっと恥ずかしかったちんちんかもかも。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/08/16 07:34
    • 愛、それは……
       「愛(あや)し」と読むんじゃなかったかと思いましたが……。
       ネットの古語辞典には載ってないようです。
       JR東日本の仙山線に『愛子(あやし)』という駅があります。
       この記憶だったんですかね?

       「愛」は、直江兼続のころにあったことは確かでしょう。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2017/08/16 12:37
    • 愛は「あやし」
       怪しい、ですかね。
       それとも妖しい?


      愛子(あやし)駅
       どこじゃーい、で鉄道地図を見ます。
       まず仙山(仙山線)線。
       東北ですね、JR東日本。

       起点駅:仙台駅
       終点駅:羽前千歳駅(山形県山形市)
        いわゆる“肋骨線”ですね。
       起終点を含む駅数18
       軌間:1067㎜
       全線単線全線電化。
       最大勾配33‰(けっこうきついよ)

       で愛子駅は、仙山線の起点、仙台駅から8駅目。仙台市青葉区愛子にあります。わたしの鉄道地図(1973年版)では3駅目になってます。市街開発が進んだんでしょうねえ、仙台。


      直江兼続
       大河ドラマ、えーと、何だっけタイトル。
       とびとびにしか見ていないんで、「愛」の由来はよくわかりません。

      >愛、それは……
       宝塚。ベルばらですか。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/08/16 19:45
    • 『愛子駅』
       皇太子殿下のご長女のお名前が「愛子」さまと決まった日には……。
       入場券が、1,000枚売れたそうです。
       結局、その日を含む5日間で、33,200枚売れたとか。
       現在の入場券の料金は、140円。
       4,648,000円になります。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2017/08/17 01:06
    • たかが入場券
       されど入場券、てとこでしょうか。
       しかし、↑これの元ネタをご存知の方はもはや少ないかな。
       まあ、野球関係者なら……。

       それはともかく、4,648,000円(こういう時は500万弱、でいいんだよなあ)の経済効果ねえ。
       よく売り切れなかったねえ、切符(入場券は切符とは云わんか)。まあ、今は自動券売機なんでしょうけど。

       前コメ、
       仙山(仙山線)線→仙山(せんざん)線
       です。
       も、むちゃくちゃですな。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/08/17 07:21
    • 500万弱
       そんないい加減なことでは、経理は務まりません。

       入場券は、券売機で買うのでは?
       あれって、機械の中で印刷するんですよね?
       用紙とインクだけ補充すれば、無限に発券できると思います。

       自分のコメを読み直すとは大したものです。
       ヒマの成せるわざでしょうが。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2017/08/17 08:26
    • 券売機
       問題は、仙山線というローカル線に設置されているかどうかです。
       調べましたところちゃんとありました、券売機。で、何とみどりの窓口まで!
       ひょっとして無人駅?とも思ってました。
       しっつれいしました、あん(久しぶりだな、これ)。

      >ヒマのなせるわざ
       では、なーい!
       コメにだって「話の流れ」はあります。
       前コメを確認せずして書けぬではないか。
       よって件の如し。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/08/17 20:00
    • わたしは確認しません
       なぜなら、記憶というものがあるからです。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2017/08/17 20:55
    • 認知症の検査に……
       記憶力のチェック、という項目があります。
       話はそれだけ。どんとはらい。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #208】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top