Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2303
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 父は、5分もかけずに、そのからくりが解けたと言う。
 わかってしまえば、あっけない仕掛けだった。
 一番下の段を、5㎝ほど引き出しておくと……。
 下から4段目が、蝋の上を滑るようにスライドしたのだ。
 その中には、あるものが収納されていた。

 先住者の家族によりマンションが売りに出された際、当然、部屋は整理されてあった。
 造り付けの引き出しも、ほかの段はすべて空だった。
 しかし、4段目の引き出しの仕組みがわからなかったのだろう。
 中身は、そのまま残されていた。
 中にあったのは、膨大な写真類だったと云う。
 父が言うには、家族には返せない種類のものだったそうだ。
 生涯独身だったという老ピアニスト。
 父は語らなかったが、おそらくは性的なものだったのではないか。
 その写真は、すべて父が焼却処分したそうだ。
 最後の煙が宙に消えたとき……。
 父の耳には、頭を垂れて礼を言うピアニストの声が聞こえたと云う。

 美弥子は、引き出しの前にしゃがみこんだ。
 一番下の段を、5㎝ほど引き出す。
 再び身を起こし、4段目の引き手に手を掛け、ゆっくりと手前に引く。
 庫内は、シルクの布で覆われていた。
 薄紫の布地を半分捲ると……。
 それは、小さな赤い敷き布団に横たわっていた。
 そう。
 ここは寝床。
 それは、まさしく眠っているように見えた。
 この寝姿を見る度に、思い出す短歌がある。

『少年は少年と眠る薄青き水仙の葉のごとくならびて』

 “幻想の女王”と呼ばれた、葛原妙子の歌だった。
 しかし、匣の中の2人の少年は、寝る前に喧嘩でもしてしまったのだろうか。
 背を向け合って眠っていた。
 美弥子は布地の掛け布団を取り払い、少年たちを起こさないよう、そっと抱きあげた。
 だが、シルクの布地を取り払われたそれは……。
 すでに、少年などではなかった。
 布地に隠されていた基部は、醜く膨れあがり、2体はそこで繋がっていた。
 それは、禍々しい性具そのものだった。
 双頭のディルドゥ。
由美と美弥子 2302目次由美と美弥子 2304

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2017/07/15 08:29
    • 本日は……
       お中元の日。
       デパートが作った記念日じゃありませんよ。
       1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元とし……。
       あわせて「三元」とする道教の習慣です。
       江戸時代には、先祖に供物を捧げると共に……。
       商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、この習慣をお中元と呼ぶようになったのです。
       といって、贈り物をする日付は、特に7月15日に限らずともよく……。
       ま、7月中であれば、問題ないようです。
       でも、この習慣も、だいぶ薄れてきたようです。
       わが家でも、めっきり少なくなりました。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2017/07/15 11:12
    • 焼却処分
       礼を言うかなあ、ピアニストさん。
       そんなの、云わば妄執の塊。
       「なんで燃やすんや!」って、由美枕、いや夢枕に立ったりして。

      中元由来
       知りませんでした。上元に下元ねえ。
       誰かくれんかのう、贈り物。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2017/07/15 13:05
    • お中元
       江戸時代の中間もしたんでしょうか?

       ほしければ、自分でしなはれ。
       流行ってるでしょ。
       自分へのご褒美ってやつです。
       ビールの詰め合わせとか。
       これじゃ、自分への嫌がらせですかね。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2017/07/15 17:17
    • 自分へのご褒美
       なんか、甘ったれてますな。
       飲みたいものを飲みたいときに飲む。
       飲まないと決めれば飲まない。
       ご褒美もへったくれもおまへん。

       暑いなあ。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
愛と官能の美学 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 未知の星
新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥と屈辱の交差点 羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 潤文学 女性のH体験告白集 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
18's Summer 変態小説 ひめ魅、ゴコロ。 性小説 潤文学ブログ
Eros'Entertainment 恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 魔法の鍵
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに ぺたの横書き
アダルト検索一発サーチ 妄想ココット お姫様倶楽部.com かめべや
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 最低のオリ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ コミックルーム アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus 萌駅 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
おたりんく Adult Novels Search 少女禁忌区域 ぴあすねっとNAVI
創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】女の子のためのн小説 百合姫ランキンク アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)