Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #191
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#191



「立ち去れと……仰せか」

 兵部、北の兵部卿宮(ひょうぶのきょうのみや)は、ようやく声を絞り出した。
 それに応じる斎王恭子(のりこ)の声は変わらずに凍て切っていた。

「左様申したはずじゃが」
「出て……行けと。斯(か)く、忍んで参った我に、出てゆけと仰せになるか!」
「左様に申しておる」

 畳み掛ける恭子の声は氷の刃であった。

「かような夜更け、かような僻地に供も無く、提灯の灯り一つを頼りに、二里余りの道のりを徒歩(かち)にて辿(たど)り着いたのでござるぞ」

 恭子は、寸刻も置かずに切り返した。その両の眉は微動だにしない。

「兵部殿。それはそなたが勝手に成したることにて、私(わたくし)の与(あずか)り知らぬ所。私(わたくし)から来て下され、会いに来て下され、と願(ねご)うたに非ず。さようではないか、兵部殿」
「!……」

 兵部(ひょうぶ)は再び絶句した。
 先ほどの沈黙は感極まってであった。久方ぶりに見る恭子(のりこ)の顔(かんばせ)。久方ぶりに見たそのなよやかな姿態。そしてその姿態が奔放に示した狂乱の痴態。その顔も、姿態も、そしてその痴態も、かつてはすべて兵部の手の内にあった。恭子が斎王に卜定されるそれまでは、恭子のすべては我がものであった。
 兵部と恭子は、互いの体の隅々まで、裏の裏まで、いや身の内の腸(はらわた)まで晒し合い、触れ合い、貪り合った仲であった。
 それが今は……今は恭子は兵部の手を離れ、神のものであった。
 兵部の着る狩衣(かりぎぬ)。その下半身は裾を絞った狩袴(かりばかま)である。その狩袴の中、股間の中心では兵部の男根が固く大きく屹立していた。猛り狂うような兵部の肉の茎は、天を目指して狩袴を突き破らんばかりになっていたが、無論ゆったりとした袴は、その屹立をやんわりと受け流す。兵部の股間の外観は、何ら変わるところの無いように見えた。

(あれほど睦〔むつみ〕あった二人ではないか)
(生涯を共に、と)
(誓い合った仲ではなかったか)
(心変わりされたか)
(いや、既に人ではなくなられたか)
(このお方は)
(もはや人に非ずして……まこと、神の使いとなられたか)
(先ほどは、もはやひめみこ〔皇女〕に非ずと、御自〔おんみずか〕ら仰せに……)

 沈黙の中、そのようなことを考える兵部であった。
 今の兵部の沈黙は、千々に乱れる思いが齎(もたら)すものであった。

(いや、しかし)
(先ほどの)
(淫らというも愚かなあの痴態、お戯れの様は)
(あれぞまさしく、恭子〔のりこ〕内親王の所業)
(我が愛しき女性〔にょしょう〕の成される所)
(到底、神の眷属とは……見えぬ)

 兵部は、ようやく言葉を絞り出した。

「せめて。せめて今一目、との思いで成したる所業。何卒わが想い、お汲み取り下され」
「未練なことよのう、兵部卿(ひょうぶのきょう)殿」

 斎王恭子は、またも一刀の下に兵部を切り捨てた。が、その声音には、先ほどの氷の冷たさはもはや無かった。
 恭子の声音の変化を敏感に感じ取ったか、こちらも凍り付かせていた身を僅かに動かした。一膝、いや、半膝を前に進める。
 恭子はそれに気付いたか気付かなかったか、先ほどのように制止することは無かった。

「未練と仰せか、斎王様」
「さよう。明日には伊勢に旅発つこの身。どのように足掻(あが)いたとて、今更どうなるものでもあるまい」
「もはや、このみやこ(京)には戻られぬのか」
「斎王が代替わりは、時のすめらみこと(皇尊)の代替わりに伴って、と決まっておる。斎王の任期などあって無きが如し。運良くば任を解かれ、みやこ(京)に戻ることもあろうが……。三十数年の長きに渡って斎王であられたお方が、いや、身罷るまで伊勢で務めを果たされた斎王も、かつてはおられたそうじゃ」
「………」

 三度(みたび)絶句する兵部(ひょうぶ)であった。その沈黙の中、更に膝を進める兵部であった。その動きは変わらずゆっくりとしたものであったが、もはや遠慮や躊躇いは無かった。
 恭子(のりこ)も、先ほどのように咎め、制止することは無かった。ゆったりと兵部に声を掛ける恭子であった。

「のう、兵部殿」
「………」
「楽しかったのう」

 思いもかけぬ恭子の言葉に、兵部は顔を上げた。恭子を見詰めるその視線は、真っ直ぐに恭子の瞳に向かっていたが、恭子は逸らすように顔を背け、あらぬ方を見遣った。

「ほんに楽しかった」
「………」
「楽しくはあったが……今にして思わば、果たしてあれはうつつ(現)の事であったのか」
「………」
「あれは……二人して見た白日の夢、泡沫(うたかた)と消えゆく幻の出来事だったように思えるのじゃが……のう、兵部殿」

 じわりと膝を進めながら、兵部は声を発した。その声は恭子を咎めるような、詰問するような色合いを帯びていた。

「我らがこれまでの事……泡沫(うたかた)と仰せか。斎王恭子様」
「左様……ひょっとして我が身もうたかた、其処許(そこもと)もうたかた。この世自体、泡沫のごとき物かもしれませぬのう」
「左様な事!」

 兵部(ひょうぶ)の声が少し大きくなった。いや、恭子(のりこ)にはそう聞こえるほど、兵部が恭子に近づいたのだ。

「声が高い、兵部どの。誰ぞが聞き付けるやもしれませぬぞ」

 兵部は意識して声を潜めたが、その語調は激しく、強いものであった。

「なんの斎王恭子様。御身はうつつ(現)、我がこの身もうつつ。しかして、我らがこれまでの日々が泡沫であろうはずなど、断じてあり得ませぬぞ」

 兵部の両手が、腿の上に置いて組んだ恭子の両手を、包み込むように捉えた。兵部の掌と、恭子の手の甲が、互いの存在を確かめるようにその温度を交わし合った。
 兵部はゆっくりと膝行しながら二人の間の隔たりを徐々に詰め、今ようやく手の届くところまで恭子に辿り着いたのだ。
 動くな、近寄るなと兵部を制止した恭子だが、先ほどからそれを忘れたように兵部の接近を許していた。いや、黙認していた。
 恭子の手は、逃げることも抗うこともしなかった。長い長い道のりを踏破し、ようやく辿り着いてくれた愛しい人。その人に全身を委ねるように、恭子の両手は、包み込む兵部の、円く合わせた両手の中に寛ぐと見えた。
 実際、手を取られた瞬間に漏らした恭子の軽い吐息は、安堵のそれ以外の何物でもなかった。

「斎王さま……」
「兵部、どの」
「は」
「斯(か)く成りては、もはや私(わたくし)は斎王に非ず」
「は、では……」
「以前のように、呼んで下さらぬか」
「おおっ」
「呼んで、くりゃれ」
「姫様……」
「もっと、呼んで……」
「ひめ、さま……」
「おお、兵部、さま……」
「のりひめさまっ」
「愛しや、ひょうぶさまっ」

 兵部(ひょうぶ)は、恭子(のりこ)の両手を包んでいた我が手を外した。両腕を大きく広げ、恭子の上体をその両腕ごと、包み込むように掻き抱いた。
 恭子は、かろうじて自由に動く肘から先を持ち上げ、その両掌を兵部の背に当てた。力の能う限り、離してなるか、と兵部を抱き寄せる。
 二人は共に膝立ちになり、互いの両腕で互いの上体を引き寄せる。斎王恭子と、北の兵部卿宮。二年(ふたとせ)ぶりに巡り合った二人は、仄暗い野宮神社の一室で、ほんのわずかの隙も恐れるように、固く抱き合った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #190】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #192】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 線香花火ハーレクイン
    • 2017/04/18 11:04
    • とざいとうざい(東西)~
       ようやく幕開きでございます。
       演目は無論……斎王恭子とその想い人、北の兵部卿宮“愛しの兵部さま”とのエッチ、まぐはひ(目合い)でございます。

       斎王は神の使い。その寝所に夜這いを掛けるとは、大胆極まる兵部の卿ですがどうもこの二人、以前から関係のあった関係のようです(日本語、変)。
       しかしそうなりますと、恭子は既に経験者、非処女ということになります。以前に書いたと思うのですが(秀男語りの中でしたか)斎王は処女、生娘、未通女(おぼこ)であるというのが絶対条件。これはある意味「神への捧げもの」である斎王としては当然のことでしょう。
       このあたり、洋の東西・時代を問わず同じことですね。いわば“神の処女権”というところでしょうか。

       がまあ、そのあたりは百も承知であろう恭子&兵部コンビ。
       「何をいまさら」てなところで別れの一発、最後の一発、名残りの一発、未練の一発(あーしつこい)に及ぼうとしております。
       これは凄まじい「まぐはひ」になるのでは(実は、書きながら勃ってきました作者のイチモツ;ホンマかーい)。

       それはともかく、次回から本格的に始まります、嵯峨野野宮神社、神の結界内での「神をも恐れぬ」超弩級のエロシーン(そないにぶち上げて大丈夫か、北朝鮮のミサイルみたくならなきゃええがのう)。
       まあしかし、次回予告って大概こんなものでしょう。どうぞご期待ください。
                           作者軽薄、いや敬白

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/04/18 19:51
    • 非処女は隠せても……
       妊娠はそうはいきません。
       過去にいなかったんですかね?
       腹ぼての斎王。

       斎王は別にして……。
       平安時代は、夜這いのようなことも半ば公然と行われてたんでしょうかね。
       避妊はどうしてたんでしょう。
       しなかったんでしょうか。

    • ––––––
      3. 夜這い公卿HQ
    • 2017/04/18 22:28
    • 姦通斎王は……
       いましたが、妊娠斎王はいないようです。
       まあ、さすがにひた隠しにしたのかもしれませんが。

       退任後、独身を貫いた斎王が多いのですが、天皇に嫁ぎ、娘を設けた斎王がいました。
       で、この娘も斎王に選定。つまり母娘二代で斎王を勤めたそうです、へええーですね。

       で、で、この娘が伊勢に赴くとき、母親も同行したそうです。つまり母親の方は二度、伊勢勤めをしたことになりますが、さすがにこの時、まわりは止めたそうです。しかし元斎王にして母親のこの女性、頑として聞かずに娘斎王に同行したとか(何やら過保護という感も)。
       母親はともかく、娘の方は心強かったことでしょう。半ば家族旅行気分だったりして。
       この母娘。斎王群行の途上、↓歌を詠んでいます。

      母 ●世にふればまたも越えけり鈴鹿山むかしの今になるにやあるらむ
      娘 ●鈴鹿山しづのをだまきもろともに ふるにはまさることなかりけり

       両歌中『鈴鹿山』とあるのは、斎王群行途次の鈴鹿越えの事ですね。


      夜這い
       といいますか『妻問い婚』というのがあったそうですね。夫妻が同居せず、やりたいときは夫が妻の居宅を訪問して一発……。
       日常の揉め事などが起こりにくいので、夫婦関係は長続きしやすかったんじゃないでしょうか。ただ、婚姻届けなどがある時代じゃないですから、飽きた夫の足が遠のけば「はいそれまでよ」だったでしょう。

      避妊法
       まず考えられるのは『外出し』ですが、これは男次第。あてにはなりません。
       事の後、女性が自ら掻き出した、なんて聞いたことあります。道具は藁を束ねた、みたいな……。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2017/04/19 00:32
    • たしかに、現(うつつ)のことであったのに、「白日の夢」「泡沫(うたかた)」のことにしておきましょう、と一方的に言下されたような体験が最近ありまして、すごく身につまされております。
      HQさまのお話は、HappyEndになりますように。

    • ––––––
      5. 中原中也ハーレクイン
    • 2017/04/19 04:39
    •  ↑おいおい

      手羽崎 鶏造さん
      >一方的に言下されたような体験
       なにやら、すごく羨ましく思えますが、ご当人にはそれどころではないんでしょうね。


      Happy End
       なんせ登場人物が多いですから、Happyのも、そうでない奴もおるはずです。
       Happyになるにしてもそこはお話。その前にひと悶着と云いますか、試練を乗り越えんとアカンわけですが、これはまあ「お約束」ですね。

       とりあえず斎王恭子は……何もかも放り出し、兵部と手に手を取っての逃避行、なんてやらかす手もありますが、そんなことやっておっては話が進みません。
       物語全体から見れば、恭子は所詮点景人物。おとなしく伊勢に行ってもらう予定です。つまり兵部とは「はいサイナラ」ですね。
       まあ、落ち着いて考えれば、これも一つのHappy Endじゃないでしょうか。「名残の一発」はやった(今からですが)わけだし。少なくとも“生活の心配”なんてないわけだし。

       心置なく“行かれよ”と年増婦(としま)の低い声もする

       兵部は兵部で、斎王恭子なんぞそれこそ「白日の夢」。
       またいい娘(年増?)を探しゃいい訳だし……。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/04/19 07:32
    • 鈴鹿峠
       足腰の難儀さは、たいしたことはないそうです。
       箱根峠の方が、はるかに大変だとか。
       それでも、鈴鹿峠が難所と云われたのは……。
       ひとえに、山賊のせいでした。
       警護の付いた皇女の行列が襲われ……。
       身ぐるみを剥がれたこともあるそうです。
       襲われた斎王も、いたんじゃないですかね?

       鈴鹿峠に限らず、東海道では山賊の被害が多く……。
       旅人は、町人でも脇差しを許されたそうです。
       なので、弥次さん、喜多さんも脇差しを差しているのだとか。

    • ––––––
      7. 牛車で越せる鈴鹿HQ
    • 2017/04/19 11:17
    • 襲われ斎王
       あ、いけねえ。書きたくなってきたぞ。


       斎王を拉致した山賊、やりまくります。で、飽きたら絞殺し、鈴鹿の山中深く、人に知られぬ巨大な一本桜の根方に埋める。
       斎王は次々やってくるので、獲物に不自由はしない。で、数え切れないほどの死体の埋まった桜は、年ごとにいよいよ華やかに満開の花を咲かせる。

       斎王不在が続く伊勢。業を煮やした都から討伐隊が派遣される。
       かの山賊、山奥に逃げ込み、一本桜の元に隠れ潜む。ふと花に見入る山賊。と、なんと! 一つ一つの花がすべて絞殺した斎王の顔に!
       風が吹く、花が散る。無数の斎王桜に巻かれ、煽られ、埋め尽くされ、息絶える山賊……(それじゃ安吾と梶井と諸星大二郎のパクリだよ)。


       鈴鹿の山中には、磨いた鏡のような岩壁があるそうです。名付けて鏡岩(ホンマです、けど、まんまのネーミングだなあ)。
       鈴鹿の山賊は、斎王群行がこの鏡岩に映るのを確認し、それを合図に襲い掛かったとか。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/04/19 19:41
    • 最近の日本で失われたもの
       静寂の中で咲くサクラ。
       名所は、どこもかしこも人だらけ。
       庭に植えますかね。

    • ––––––
      9. 桜守りハーレクイン
    • 2017/04/19 21:23
    • ♪庭の桜も~
       ♪鳥の音も~

       ご近所の方が「花見させてくれ」と押しかけてきて、人だらけになるのでは。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/04/20 07:18
    • もちろん……
       入場料を取ります。
       1人、600円(税込)。
       中学生未満は、半額。
       トイレ使用料は、1回100円(税込)。
       うんこは禁止。
       ゴミは持ち帰ること。

    • ––––––
      11. 桜守り2ハーレクイン
    • 2017/04/20 08:20
    • 600円
       えらく半端な金額ですが、何か根拠があるんですかね。

       トイレは、屋内のちゃんとしたやつかな。それとも、桜の根方だったりして。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2017/04/20 19:42
    • 500円にすると……
       中学生以下の半額が250円になって、お釣りが面倒になるので、600円にしたのです。

    • ––––––
      13. 一万円で釣りくれHQ
    • 2017/04/20 21:59
    • お釣り問題
       なるほど、さすが経理。
       納得です。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2017/04/21 07:25
    • 一万円
       うちは水洗につき、お釣りは出ません。
       ご厚志として、そのまま頂戴します。

    • ––––––
      15. 金持ち喧嘩せずHQ
    • 2017/04/21 14:03
    • >そのまま頂戴
       こちらの桜、きれいさっぱり、潔く散り終えました。

       近くのの田んぼが妙なことを始めました。ど真ん中で仕切るように生け垣を造ってます。生垣の中央には、門扉のようなものが……。何事でしょうか。考えられるのは、田んぼをやめて畑にする、ですがさて……。
       楽しみが一つ増えました。

    • ––––––
      16. 物忘れハーレクイン
    • 2017/04/21 14:12
    • 前コメ
       初めの↓1行が欠落してますな。

       よきにはからえ、ご祝儀じゃ。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
愛と官能の美学 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 未知の星
新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥と屈辱の交差点 羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 潤文学 女性のH体験告白集 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
18's Summer 変態小説 ひめ魅、ゴコロ。 性小説 潤文学ブログ
Eros'Entertainment 恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 魔法の鍵
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに ぺたの横書き
アダルト検索一発サーチ 妄想ココット お姫様倶楽部.com かめべや
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 最低のオリ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ コミックルーム アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus 萌駅 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
おたりんく Adult Novels Search 少女禁忌区域 ぴあすねっとNAVI
創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】女の子のためのн小説 百合姫ランキンク アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)