Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #187
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#187



 話をひと段落させた秀男は、道代にも志摩子にも目を遣ることなく軽く仰向いた。その眼には、暮れ泥(なず)む京の冬空が映っているはずであったが、何か秀男にしか見えないものを見るともなく見ている、そのようにも見える秀男の姿勢だった。
 道代も志摩子も口を噤(つぐ)んだ。二人の手は変わらず握り合っている。道代は右の、志摩子は左の……。掌(てのひら)どうしを重ね合う、そんな、幼い子供のような二人の手の繋がりは、秀男の沈黙の時間の中でその色合いを変えていった。
 ぴたりと合わさっていた二つの手が軽く開く。合わさっていた指は……それぞれ五本、合わせて十本の指は隣り合う指を離れる。二つの掌と十本の指は大きく開いた。開いた二つの掌は生じた隙間を恐れるように、すぐに再び合わさる。そのとき、開いた指と指との間には、異なる手に属する指がそれぞれ一本ずつ挟まり合った。道代と志摩子の、それぞれ五本の指どうしは、互い違いに重なり合い、少しの隙間も作ってなるか、としっかり絡み合った。
 道代の右手の五本の指先は志摩子の左手の甲に、志摩子のそれは道代の手の甲に軽く当たり、浮き、擦り、掻き……。道代と志摩子は指先で会話を交わし始めた。

(道)
(姐さん)
(道ぃ)
(姐……さん)
(こないして触り合うん)
(へえ、姐さん)
(久しぶりやねえ)
(へえ、姐さん)
(あの、貴船ん時以来やねえ)
(そないですなあ、姐さん)
(あん時ゃ、死ぬか生きるかやったけんど)
(へえ)
(楽しかったねえ)
(楽しおしたなあ)
(気持ちよかったねえ)
(気持ちよ、おしたなあ)
(あないに興奮したこと)
(へえ、姐さん)
(初めてやったねえ)
(うちも、むちゃくちゃ興奮しました)
(あん時あんた)
(へえ)
(うちのおしっこ)
(へえ)
(飲んでくれたわなあ)
(へえ、姐さん)
(すまんかったなあ、道)
(なにおいやすな〔何を仰る〕姐さん)
(道ぃ)
(姐さん、うち)
(なんえ、道)
(うち、姐さんのおしっこもろて〔いただいて〕)
(道ぃ)
(ほんま、嬉しかったんどす)
(嬉しいてかいな、道)
(へえ、ほれに……)
(なんえ、道)
(美味しかったんどす、姐さんのおしっこ)
(道……)
(ほんまどすえ、姐さん)
(道)
(へえ、姐さん)
(そんなん言われたら、うち)
(へえ、姐さん)
(なんや、おかしなってまいそうやわ)

 志摩子は、繋いだ左手を軽く引いた。
 引かれた道代は、あっけなく志摩子に凭(もた)れ掛かった。道代の右肩と志摩子の左肩。二人の肩どうしが触れ合った。いや、互いに上体の重みを相手に掛け合った。
 触れ合う二つの肩は、密着したまま軽く、不規則に左右に揺れる。揺れるたびに、互いの肩にかかる重みの配分も変化する。
 道代がより多く重みを志摩子に掛ける。
 志摩子がより多く重みを道代にかける……。指先と共に、二人の肩も会話を交わしていた。

(姐さん……)
(道、うち……)
(姐さん)
(なんや、あこが……あこが熱うなってもて)
(あこて、姐さん)
(あこはあこや、おめこやがな)
(ねえさんのおめこ……)
(熱うなって、ほんで濡れてきて……)
(姐さん)
(道ぃ)
(姐さんうち)
(なんえ、道)
(うちまた、姐さんのおめこ、舐めとおす)
(舐めておくれかいな、道)
(へえ、舐めさしとくれやす)

 志摩子は五指を大きく開いた。絡み合っていた道代の手から逃れるように自らの手を外す。

(!!)

 道代は、声にならない悲鳴を上げた。失われたものに必死に縋るように、志摩子の手を求め腕を上げかけた。
 その道代の右腕に、志摩子の左腕が絡んだ。二匹の蛇がその身体を絡め合うように二本の腕は絡み合った。蛇の尾は腕の付け根、頭は掌。二匹の蛇は頭をぶつけあった。互いにその口を大きく開き、相手の口に噛みつく。道代と志摩子のそれぞれの五指は、先ほどと同様に、いや、さらに固く硬く絡み合った。
 ギリシャ神話の神ヘルメス。この青年神の持つ黄金の杖には二匹の蛇が絡み付き、その頭部を向き合わせているという。
 道代の右腕と志摩子の左腕は、ヘルメスの蛇さながらに絡み合う。蛇はその口で相手を呑み込もうとする。そのように、道代と志摩子は指を絡ませあった。
 十本の小さな蛇は、やはりヘルメスの蛇であった。

(舐めて、舐めて、おめこ舐めて)
(舐めます、舐めます、姐さんのおめこ舐めさしてもらいます)
(舐めて、吸うて、噛んで、しゃぶって)
(舐めます、吸います、噛みます、しゃぶり……)
(どしたんえ、道)
(姐さん、うちもなんや熱うおす)
(熱いか、道)
(へえ、姐さん、ほんで……)
(なんえ、道)
(なんや、濡れて……)
(濡れてきたか、道)
(へえ、あ……)
(どないしたんえ、道)
(ちびっと漏れたような)
(漏れたてかいな)
(あ、また……)
(道ぃ)

「あ……」

 道代は我知らず声を漏らしていた。幽かな、囁きのような吐息だったが、耳を凝らして聞けば生々しい女の声だった。道代はまるでアクメを迎えた後のような、肉の悦びを貪り尽した後のような、そんな風情でがっくりと首を折った。
 しかし、この場で道代の吐息を聞く者と云えば志摩子と秀男しかいない。
 指で、腕で、肩で道代と言葉を交わしていた志摩子には、道代の女の吐息は、肉の喘ぎは手に取るように分かった。志摩子は道代を休ませるように、絡めていた指と腕を、そっと道代のそれから外した。
 秀男は……道代と志摩子から視線を外し、軽く仰向いて空を見上げている秀男は、道代の漏らした声が聞こえたのか聞こえなかったのか、眉一つ動かさず泰然としていた。
 志摩子は、俯く道代の頭越し、秀男の横顔を見遣りながら声を掛けた。

「なあ、秀はん」
「なんですやろ、姐さん」

 秀男は志摩子に顔を振り向け、答えた。
 志摩子は続けて問いかける。

「秀はん……なんで結婚せえへんかったん?」
「なんですかいな、いきなり」
「いやあ。なんや、ふっとそないなこと思てしもてなあ……ええお人とか、おらへんかったん?」」
「そらまあ……縁がなかった、としか言いようがおませんなあ。まあ儂らみたいなもん、仮に誰かと一緒になったかて食わしていけまへんしのう。まさか夫婦で住み込みゆうわけにもいきませんし」

 舞妓もそうだが、花街の置屋で働く者は、ほとんどが住み込みである。独立できるほどの給金はもらえない、というのが実情であったろうか。
 それを考えれば舞妓は……。無事衿替えを済ませ芸妓になれば、晴れて独立できる。志摩子はそれを考えて、嬉しいような申し訳ないような、妙な気持になった。
 志摩子は、自ら気を引き立てるように話題を変えた。

「秀はん、斎王はんの話やけど……」
「おお、そうでしたなあ」
「いや、話の本筋とはあんまし関係ないんやけど」
「なんですかいな」
「斎王はんて……みんなお若い娘はん、やったんやろ」
「そないですなあ。まあ、中には若い、ゆうより幼い、ゆうたほうがよろしいお方もいてはったらしいですけんど」
「ほなら……ほならやで、秀はん……中には、前々から想い想われるお相手はんがいやはる、ほないな斎王はんがいやはったちゅうこと、無かったやろかいねえ」
「ははあ、ほれは……斎王はんに選ばれる、ほれ以前から、ゆうことですかいなあ」
「ほうなるねえ」
「うーん、どうですやろ。儂かて、宮中の暮らしなんぞまるっきり知りまへんからなあ、なんとも……。しやけど、儂らみたいに気軽にそこらの横丁で逢い引き、てなわけにはいかんやろ、とは思います」

 志摩子は笑みを浮かべて秀男を追及する。

「なんや秀はん。そないな経験、あんの?」
「はは、それはおまへんけんど……儂らみたいに何十年も祇園でうろうろしてますとなあ、そらあいろんな話、見聞きしてきましたわ」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #186】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #188】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. エロの神髄HQ
    • 2017/03/21 14:34
    • 秀男の斎王話
       ひ(し)つこく続きます。
       京を出はずれた今、話を締めくくるいい機会だったのですが秀男め、まだ語り続けるようです。
       しかも、斎王はん。何やらエロ斎王に変貌しそうです。そんなことやってる暇ないんだけどなあ。

       まあ、これは道代と志摩子にも責任があるわけでして、例によって何やらごしょごしょやり始めたようです。神社の境内でんなことして、罰かぶるぞ(罰が当たる)。
       で、今気づいたのですがわたくしめ、前回アイリス186のコメに↓こう書いております。

      >次回、秀男の講釈にけりをつけ、小まめのお座敷に向かいたい……

       まったく「どの口がそないなことを言う」というところです。
       かくてはならじ(聞き飽いたわ)。
       『アイリスの匣』嵯峨野の場、斎王編。次回必ずけりを……つけられないと思います(おいおい)。
       暫く、いましばらくお付き合い願います。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/03/21 18:23
    • 嵯峨野の竹林
       先日の『COOL JAPAN』を見てたら、外国人が京都で行ってみたい場所のランキングトップでした。
       てことは当然、大混雑ということですよね。

       竹は、日本が北限のようですが……。
       ヨーロッパや北米でも、育つ地域は十分にあるでしょうね。
       アフリカなどでは、井戸の上総掘りの普及などのためには、もっと植栽されていいでしょう。
       しかし、日本の管理できなくなった竹林は、全国的に問題になってるようです。


    • ––––––
      3. ♪京都嵯峨野にHQ
    • 2017/03/21 21:35
    • 大混雑
       嵯峨野。
       こないだ取材に行きましたが、もう二度と行きたくありません。
       あの大混雑ぶり。
       いや、大大大混雑ぶり。ウルトラスーパーメガギガシライ2の混雑ぶり。いまだに夢でうなされます(ちょっとオーバー)。
       野宮神社に気づかずスルーしちゃったんで、もう一度とも思いました。寒くなれば少しは人出も減るのでは、とも考えましたが期待薄でしょう。
       もう、二度とやだ。

       テレビで、主役以外、人っ子一人いない嵯峨野竹林の道が映されることがあります。どうやって撮影してるんですかね。規制をかけてるとしか思えません。

    • ––––––
      4. 「かぐちゃん」HQ
    • 2017/03/21 21:40
    • 上総掘り
       なんじゃらほい、で調査開始。
       とりあえず、無いやろなあ、で広辞苑を引きますと……、

      ●かずさ‐ぼり【上総掘り】
       上総地方で始まった井戸掘りの技術。
      割り竹を長く継いだ「へね竹」を数人で操作して掘削。
       明治以後は国内で油井の掘削にも用いられた。

       ふうん、そないに有名なんか。しかし、掘り方自体はこれでは不明(なんじゃい「へね竹」)。
       次いでWiki。


      ◆上総掘りは、掘り抜き井戸の代表的な工法。
       やぐらを組んで大きい車(水車みたいな感じ)を仕掛け、これに割り竹(これが「へね竹」だな)を長くつないだものを巻いておき、その竹の先端に取り付けた掘鉄管で掘り抜く。
       古くから上総国を中心に行われた。

       ふうん、ですが「掘鉄管」の画像はありませんでした。がまあ、「へね竹」は要するにロープ代わり、ということでしょうか。
       さらに……、

      ◆人力のみで500m以上の掘削が可能である事から、開発途上国への技術指導が行われている。

       ははあ、これですな、アフリカの井戸掘り。しかし「500m以上」はすごいな。
       しかし、アフリカに竹って……再びWiki。


      ■タケ(竹)
       気候が温暖で湿潤な地域に分布し、アジアの温帯・熱帯地域に多い(ははあ、だから日本にも)。
       タケの分布は、北は樺太から南はオーストラリアの北部、西はインド亜大陸からヒマラヤ地域、アフリカ中部にも及ぶ。
       北アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカの大部分には見られない。

       ふうん、多少はあるのか「アフリカ竹」。
       まあ、地域によっては自生していないようですから、上総掘りのためには植えるか輸入しかないんでしょうね。しかし、植物の持ち込みはなあ、厳しく制限されるから、やはり植栽ですか。
       大変だなあ。


      ★千葉の女が乳しぼり

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2017/03/22 07:34
    • 嵯峨野
       狙い目は、早朝でしょう。
       夏至のころの京都の日の出は、4:42分です。
       もちろん、前泊しなきゃムリですが。

       上総掘り。
       YouTubeに動画があります。
       掘った井戸の水で、竹林を育てればいいですね。
       竹は成長が早いですから……。
       井戸が涸れる前に、次の井戸を掘る材料が出来るでしょう。

    • ––––––
      6. ♪サンライズHQ
    • 2017/03/22 10:21
    •  ↑♪サンセット
         (ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』劇中歌)

      >日の出は、4:42
       まだ電車も動いてないな。
       前泊ったって、嵐山に泊まらないと間に合いませんが、旅館ってあるのかなあ。料亭はありますが。

      上総掘り
       前コメ。「『へね竹』は要するにロープ代わり」と書いちゃいました。もちろんその意味もあるんですがもう一つ、上から突いて土を掘る、という役目もあるそうです。これはロープじゃ無理だよね。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2017/03/22 19:43
    • 竹林で……
       野宿すればよろし。

       アフリカでは、水汲みが子供の仕事になってる集落があるようで……。
       往復に何時間もかかるため、学校に通えません。
       井戸が出来れば、そうした子供たちも教育を受けることができます。
       重要なのは、現地の人自身が、現地にある材料を使って修理できる施設をつくることです。

    • ––––––
      8. 回転禁止の青春さHQ
    • 2017/03/22 21:32
    •  ↑歌唱:美樹克彦(誰?それ、というお方が多いんだろうなあ)

      竹林は……
       侵入禁止です(たぶん)。
       あのように延々と垣根を結んでいるのは、何の為とお思いかね。
       寝泊りするなど論外、ましてキャンプファイアーなど(あ、そこまでは言うてはらんか)。

      なるほど
       竹の栽培を現地で、というのはそういう意味ですか。
       自助努力ということですな(ちょっと違うような……)。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2017/03/23 07:27
    • 垣根は……
       ところどころ穴が空いてると言っておったではないか。

       ↓アフリカでの上総堀りの動画がありました。
      https://www.youtube.com/watch?v=KHbHGyOtR9w

    • ––––––
      10. パンツの穴HQ
    • 2017/03/23 08:36
    • 垣根の穴
       「上手の手から水が漏る」というやつですな。

      上総掘り動画
       お、これは楽しみ。
       後刻、ゆっくり拝見しましょう。
       それにしても、このところ相撲に野球にサッカー(今日はWCアジア予選最終戦)と、スポーツばっかりで、映画を見る暇がないよ。

      ♪垣根の垣根のまがりかど~

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2017/03/23 19:40
    • 垣根の穴
       「ざるに水」というやつですな。

    • ––––––
      12. 御垣守ハーレクイン
    • 2017/03/23 22:39
    • ざるに水
       だから、竹林内に入っちゃダメだって。

       東京で桜の開花宣言が出ました。
       予報では、こちらは3月29日だそうです。

      ♪さざんか さざんか さいたみち~
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
愛と官能の美学 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 未知の星
新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥と屈辱の交差点 羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 潤文学 女性のH体験告白集 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
18's Summer 変態小説 ひめ魅、ゴコロ。 性小説 潤文学ブログ
Eros'Entertainment 恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 魔法の鍵
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに ぺたの横書き
アダルト検索一発サーチ 妄想ココット お姫様倶楽部.com かめべや
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 最低のオリ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ コミックルーム アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus 萌駅 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
おたりんく Adult Novels Search 少女禁忌区域 ぴあすねっとNAVI
創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】女の子のためのн小説 百合姫ランキンク アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)