Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #184
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#184



「で、ですなあ、姐さん。お道はん」

 秀男は、一呼吸ついて、志摩子と道代に声を掛けた。

「へえ」
「へえ……」

 道代と志摩子は、ほぼ同時に短く返答した。
 秀男は話を続ける。

「謡曲『高砂』の最後は、〽はやすみのえ(住吉)にぃ、つ(着)きにけりぃ~、ですさかい、兵庫の高砂を発(た)った舟は大阪の住之江の浜に着くわけです」

 志摩子は、口を挟みたそうなそぶりをしたが、声は出さなかった。秀男の説明を辛抱強く聞こう、と云う風である。
 二人の間に挟まった道代は、相変わらず少し俯いて耳を傾けていた。

「この住之江の浜を上がって、ほんちょと(ほんの少し)行くと住吉大社はんです。尉(じょう)と姥(うば)、相生の松はもともとこの住吉はんに生えてる松なんですなあ。で、どういうわけか兵庫の高砂に出向いてたんが、元に戻ると、こういう話なんですなあ『高砂』」

 秀男の話がひと段落したと見た志摩子が、口を挟んだ。

「へええ、そうかいな、秀はん」
「そうですわ。なんで住吉から高砂くんだりまで出かけてたんか……まあ謡曲ではもう一人登場人物がいてるんですけど、ほれはもうよろしいやろ」

 道代は、心中で軽くため息をついた。

(姐さんは……)
(お座敷で……)
(こないなお話いろいろ聞かせてもろて)
(ほんで物知りにならはったんやろなあ)
(ほれに比べたらうちは……)
(ほんまにもの知らずや)
(あかんあかん)
(こらあかん)
(頭ん中からっぽやったら)
(姐さんを)
(お守りするどこ〔ろ〕やあらへん)
(あかん)
(こらあかん)
(せや)
(姐さんに)
(姐さんに教わりゃええやん)
(時間見つけて)
(ひま見つけて)
(姐さんに教〔おそ〕わろ)
(いろんなこと、教わろ)
(そないしよ)

「お、えらい長(なご)なりましたなあ。そろそろ行きまひょか」

 腰を上げかける秀男をとどめる様に、志摩子が声を掛けた。

「何言うてはりますのん、秀はん」
「へ」
「話は高砂やおへん。斎王はんでしたやろ」

 秀男は、浮かせかけた腰を戻した。

「お、そうでしたなあ。斎王はん斎王はん。ころっと忘れとりましたわ」
「もう。お願いしますわ、秀はん」
「いやいや、申し訳おへん。儂も寄る年波、少々ぼけてきましたかのう」
 聞いて道代は、短い言葉を漏らした

「ほんな、秀はん……」

 それは道代の、秀男への思いが凝縮されたような色合いがあった。自分が発した言葉を聞き、道代は自分がどれほど秀男を頼りにしているか、その時改めて思い知ったことであった。
 秀男の話は、高砂から斎王に戻った。

「えー、で、斎王に指名されたひめみこ(皇女)はんはですなあ……」

 道代と志摩子は口を噤んだ。秀男の斎王話に聞き入る。

「いきなり伊勢に向かわはるわけやのうて、まずこの京で精進潔斎しやはります。始めは……鴨川ですなあ」

 道代が思わず口を挟んだ。

「鴨川て……あの鴨川ですやろか、秀はん」

 祇園に生きる者にとって、鴨川は身に馴染んだとでも云おうか。まるで我が身のうちを流れるような、そんな慕わしい街中の流れだ。それに、道代にとっては……。
 道代はその幼い日。家出した志摩子とともに見詰めた鴨の流れを鮮やかに思い返した。

「お道はん。儂らにとって鴨川ゆ(云)うたら、祇園のすぐねき(傍)を流れる、あの鴨川しかないやろ」
「そない、ですなあ」

 秀男は、斎王の精進潔斎の話を続けた。

「ほれでやのう、斎王はんに選ばれたひめみこ(皇女)はんはやな、白い小袖一枚の姿で、鴨の川原で手ぇを水に浸さはる(お浸しになる)わけや。つまり潔斎、やな。その身に鴨の水を浴びた、ゆう話もあるそやが」

 道代は、自らの内にある鴨への思いと、斎王の精進潔斎の場としての鴨川の、その落差に眩暈のようなものを感じた。

(あの鴨川が……)

 そのような意味を持つ流れだったとは。
 いや、斎王はんは斎王はん。うち(私)はうち。人には人それぞれの鴨川があるんやないやろか。そんなことを考える道代であった。

「ほんでそのあと(後)……斎王はんは、宮中に新し〔く〕造ったたてもん(建物)に籠らはる。さらに精進潔斎を続けはるわけやな。これが一年」
「一年……」

 道代と志摩子が同時に同じ声を呟いた。
 秀男は、淡々と斎王の話を続ける。

「そうですわ。ほの後、宮中を出やはって、ののみやはん、野宮神社に籠らはります」

 志摩子が少し大きい声を上げた。

「ああ。ほれがこの、ここの野宮(ののみや)神社はん、ゆうことかいね」
「そういうことですなあ、姐さん」
「へええ、ここでねえ」

 志摩子は、改めて野宮神社の境内に目を遣った。
 道代の視線の動きも、同じようなものであったろうか。

「ほんでも秀はん。お籠りでけるようなたてもん(建物)、見当たらへんようやけど……」

 秀男は、笑い混じりに答えた。

「姐さん。斎王制度は、もう何百年も前に無(の)うなっとります。ほれで、この野宮はんも衰退した、云いますかのう」
「へええ、そうかいね」

 道代は再び俯いた。
 斎王それ自体、身を絞られるような思いのすることである。初めて聞いた道代は、親兄弟から遠く離れ、一人で伊勢に赴く斎王の心中を思いやった。もちろんわかるはずもないが、一人の女として考えれば……道代には身につまされるような感があった。

「ここ、野宮はんでの精進潔斎も、およそ一年やったそうです」
「また一年!」

 志摩子の声音は更に高く、大きくなった。
 道代は言葉が出ない。さらに深く俯き、地を見詰める道代であった。

「そうです。都合二年、この京で精進潔斎の日々を送らはるわけですなあ。まあゆうたら〔言ってみれば〕、これまでの俗人の暮らしを捨て、神の世界に近づこうと、まあ、そういう、いわば伊勢に向かわはるための準備期間、ゆうことになるんですかのう」

 俯く道代は、斎王という、時をはるかに超える存在を思い描こうとした。一人の女としての、斎王を思い描こうとした。
 が、道代にはかなわぬことであった。

(さいおう、はん……)

「ほんで、いったん宮中に戻って天皇はんに挨拶しやはって……発(た)たはるわけですわ、伊勢になあ」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #183】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #185】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ♪鴨の河原に……HQ
    • 2017/02/28 09:59
    • ♪千鳥が騒ぐ……
       新撰組を持ち出すまでもなく、鴨川は京都人の故郷とでも申しましょうか……鞍馬出身のあやめにも慕わしい、いわば京の源郷とでも申しましょうか……。
       大阪人のわたしには、思い至らぬところかもしれません。


      >(姐さんは……)
      >(お座敷で……)
      >(こないなお話いろいろ聞かせてもろて)
      >(ほんで物知りにならはったんやろなあ)

       今回の、道代の独白です。
       まあ「聞いた話」ですが、芸・舞妓はんには物知りが多いそうです。
       『耳学問』ということでしょうかね。


       秀男の講釈がひつこく(しつこく)続きます。
       演題は野宮(ののみや)。
       嵯峨野、竹林の道の只中にある野宮神社。

       本編にありますように、天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王。
       この斎王の精進潔斎の場が野宮。
       当初は、毎回場所が変わったそうです。
       で、いつか現在の野宮神社に、というのは全く知りませんでした。
       いや、そもそも斎王自体知らなかったんですが、何の番組でしたかテレビで見知ったんですね、斎王。

       今しばらく、秀男センセの講釈にお付き合い願います。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/02/28 19:47
    • 修学旅行で行ったとき……
       浮浪者が、鴨川でうんこしてました。
       新聞紙で拭いてましたね。
       京都で、一番印象深い思い出です。

       ↓なぜか、三重テレビが、斎王の番組を作ってます。
      http://www.mietv.com/saio/

       伊勢志摩サミット開催記念だとか。

       斎王で思いついたのは“人間万事塞翁が馬”でしたが……。
       “さいおう”違いでしたね。

    • ––––––
      3. いつきのみこHQ
    • 2017/03/01 03:58
    • 禍福は糾える縄の如し
       いやあ『三重テレビ』なんて地元局があるとは知らなんだ(そらあるやろ)。
       頑張ってくだせえ、三重県。

       「なぜか」はあんまりだ。伊勢神宮、斎王・斎宮の地元は三重だよ(まあ、これから書きますが)。
       それにしても、伊勢志摩サミット記念番組ねえ。
       よっぽど印象深い催し?だったんだろうねえ。

       斎王がなんで塞翁なんだよ。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/03/01 07:34
    • 三重県
       新潟県と共通する点がひとつあります。
       それは、どこの地域に属するか明確でないこと。
       東海、近畿、中部。
       時と場合によって、異なる括りにされるようです。

       斎王と塞翁は、読みが同じではないか。

    • ––––––
      5. ♪お伊勢参りは~HQ
    • 2017/03/01 13:17
    •  ↑それは、♪野崎参り

      鵺県
       いや失礼、三重県。
       わたしら関西人(いばってやんの)からするとやはり中部ですねえ。
        あの“僻地和歌山”よりさらに縁遠い“遠い他国”と云うところでしょうか。
       行くにしたって、JRだと東海道線で名古屋経由。でなきゃあ和歌山線・紀勢線でぐるっと回らなならんし……(関西本線、なんてのもあるけど)。はっきり言って、わたしは足を踏み入れたことありません。

       こちらから行くなら近鉄が便利。
       さすが日本最大の私鉄、近畿日本鉄道(まあ、御大層な社名)。見栄、おっと三重にも路線を伸ばしています。

       あ、いけねえ。三重に行ったことあるんだった。
       小学校の修学旅行が伊勢・志摩でした(サミットとは無関係)。二見浦(ふたみうら;わたしらは“ふたみがうら”と云いますがのう)の夫婦(みょうと)岩、見ましたぜ。
       土産はもちろん、伊勢名物『赤福餅』。ただの餅を漉し餡でくるんだ、どってこと無い代物。まあ「名物に美味い物なし」を地で行くような(すまぬ『赤福』)。

       ただ、こちらのNHKの天気予報番組には、三重県も登場します。岡山県も鳥取県も、香川も徳島も登場しますが。

       斎王は女性、塞翁は男だぞ。まあ確かに、どちらも“さいおう”ですが。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/03/01 19:48
    • 実は……
       伊勢志摩が、三重県にあることを知りませんでした。
       和歌山県のイメージですよね。
       なので、三重県が、何で斎王と関係あるのか気づかなかったんですね。

       あと、混同しがちなのが、三重県と滋賀県の県庁所在地。
       三重県が津市で、滋賀県が大津市。
       ときどき、わからなくなります。

    • ––––––
      7. 江州音頭ハーレクイン
    • 2017/03/01 23:54
    •  ↑地元では著名な民謡

      滋賀県は大津
       わたしの母親が滋賀県の出ですから、大津もまあ、馴染みがあります。
       京阪電車の『石山坂本線』というのが走っていまして、こやつの車窓からは常に(でもないけど)琵琶湖が見えます。路面と専用軌道が混在する、まあ、地方にはよくある電車ですね。

       滋賀県の旧国名は近江(おうみ)。湖国近江、なんて云い方もします。
       古い方は「江州(ごうしゅう)」もよく使いはります。
       「近江人の通った後は草も生えない」なんて言いますが、確か能登でもそないなことを言ったような……。
       どこでも言うんですかね。越後ではどうだろう。

      石山坂本線
       “いしやまざか ほんせん”とも読めますね。「いしやま さかもとせん」です。為念。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/03/02 07:25
    • 近江
       なんといっても、芭蕉の句が印象的です。

      ●行く春を近江の人と惜しみける

       短歌なら、これ。

      ●近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ(柿本人麻呂)

    • ––––––
      9. 歌心なしハーレクイン
    • 2017/03/02 08:47
    • 夕波千鳥汝が鳴けば……
       お、百人一首、と思わず思ってしまいました(妙な日本語)。
       おおはずれ。百人一首の人麻呂は……、

      ●あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む

       これ、そんなにいい歌ですかね。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/03/02 19:43
    • 序詞
       「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の」までが、「ながながし」を導く序詞(じょことば)です。
       「ながながし」き雰囲気が、よく表されてると思います。
       現代短歌は、すべての言葉に意味を込めすぎです。
       あれでは、歌になりません。
       序詞や枕詞には、リズムを整える働きがあります。
       歌になるんです。

    • ––––––
      11. 前置きが長いHQ
    • 2017/03/02 22:13
    • 序詞
       長きゃいいってものでもないと思いますが……。
       リズムねえ。

      長い序詞
       ↓こんなのありました。

      ●秋づけば尾花が上に置く露の消ぬべくも吾は思ほゆるかも

       ……尾花が上に置く、までが序詞ですかね。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #184】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 ひとみの内緒話
禁断の体験 エッチな告白集 ちょっとHな小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説
羞恥の風 官能文書わーるど 秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点
萌木ケイの官能小説 電脳女学園 赤星直也のエロ小説 ひめ魅、ゴコロ。
ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 緊縛新聞
潤文学 アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説 空想地帯
人妻の浮気話 艶みるく 性小説 潤文学ブログ 淫鬼の棲む地下室 妄想ココット
HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き SM~猟奇の性書~変態 魔法の鍵
性転換・TS・女体化劇場 快感小説 女の陰影 出羽健書蔵庫
Eros'Entertainment お姫様倶楽部.com 18's Summer [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のH体験告白集 むね☆きゅんファンサイト 調教倶楽部 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
黒い教室 被支配中毒 女性のための官能小説 かめべや
最低のオリ 制服美少女快楽地獄 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに
被虐のハイパーヒロインズ エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
riccia オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ 小説の匣
正しいH小説の勧め ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search おたりんく ネット小説ランキング アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット アダルト動画まとめ 萌駅 Adult Novels Search
アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank 絵描きさん.NET
クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top