Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #177
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#177



 秀男は、曲がり角の少し先で立ち止まり、二人に顔を向けて辛抱強く待っていた。

「すんまへん、秀はん」
「えらいすんまへん、お待たせして〔し〕まいまして」

 志摩子と道代は、同時に秀男に声を掛けた。
 辛抱強く、というより何の苛立った風情も見せぬまま、悠然と二人を見守っていた秀男は返答した。その声音は、佇まいと同じく、いや、それ以上に泰然としたものだった。

「もうよろしか。姐さん、お道はん」
「へえ」
「すんまへん、大丈夫どす」

 志摩子と道代は、再び同時に言葉を返した。
 軽く顔を綻ばせた秀男は、その顔を元に戻し、竹林の道の奥に向き直った。歩みを始めると同時に、志摩子にとも道代にともつかない声を掛けた。

「ほな行きまひょか」

 秀男の歩調は、何事もなかったように落ち着き払い、一歩一歩を確かめるようなゆったりとしたものだった。
 小まめの志摩子と道代は、その落ち着いた秀男に導かれるように、寄り添って付き随った。
 いくらも行かずに、三人は再び曲がり角に行き着いた。今度は単に曲がり角ではなく三差路、いわゆるT字路であった。右回りに横に寝かせたT字とでも云おうか……まっすぐ伸びる三人の辿る径の途中から、左へ延びる径が現れたのだ。その交差点、二本の径の交点で秀男は立ち止まった。
 志摩子と道代の行き足も自然に止まる。
 京都祇園の舞妓小まめこと、竹田志摩子と、その付き人、小野道代。そして二人が属する置屋の下働きの老爺、秀男の三人は、嵯峨野竹林の道の只中で立ち止まった。

 静かだった。
 行き交う人は一人としてなく、鳥の声も聞こえない。時折、かすかに三人の耳に入るのは、頭上はるか、嵯峨野の風に軽く煽(あお)られる竹の葉叢の葉擦れ音だけだった。

「静かやねえ、秀はん」

 志摩子が、囁くような声を秀男に掛けた。
 顔だけ振り向いた秀男は、さらに小声で返事を返した。

「そうですなあ」
「これ、どっち行くのん、秀はん」

 分かれ径をまっすぐ行くのか、それとも左へ曲がるのか。志摩子はその意味を込めて秀男に問いかけた。
 秀男は、すぐにはその問いに答えず、前方に向き直る。片手を水平に挙げ、左前方を指し示した。

「姐さん、あこ〔あそこ〕……」

 その指し示す先には、竹ではなく広葉樹の小さな森があった。

「へえ、秀はん」
「神社はんですわ。まだ時間おますし、よろしかったらちょと〔少し〕寄って行きまひょか」
「じんじゃ……」
「へい、ののみやはん、ゆ〔云〕わはります」

 二人の会話を何となく聞いていた道代は、神社、の言葉で思い出した。

(せや)
(神社ゆ〔云〕うたら)
(八坂〔やさか〕はん)
(祇園の)
(八坂神社はん)
(お参りせなあかんかったんや)
(忘れとった)
(ころっと忘れとった)
(あかんあかん)
(あれは……)
(いつのことやったか)

 道代は、思い出を辿りながら少し顔を上げた。しかしその目は、竹の葉叢も、少し暮れかけた京の空も見ることなく、過去の思い出だけを見ていた。

(たしか姐さんが)
(せや姐さんが)
(家出しやはって)
(ほんで)
(うちもお供して)
(ほして)
(行くとこの〔無〕うなって)
(鴨の土手で)
(行き暮れて)
(さぶ〔寒〕かった)
(ひもじかった)
(そこを)
(ほや)
(そこをこの)
(他でもない)
(秀はんが)
(見つけてくれはって)
(ほの帰り道)
(おせ〔教え〕てくれはった)
(八坂はんは)
(祇園の守りやあ、て)
(ほんでほのとき)
(うち)
(お参りしよ、て)
(八坂はんにお参りしよ、て)
(思たのに)
(忘れとった)
(ころっと忘れとった)
(あかん)
(こらあかん)
(こら罰かぶる〔罰があたる〕わ)
(お参りに行こ)
(こっからもんた〔戻った〕ら)
(お許しいただいて)
(必ずお参りに行こ)

「なにしてんのん、道」

 道代の心中の独白は、志摩子に掛けられた言葉で遮られた。目を上げた道代は、曲がり角を曲がらず、真っ直ぐに進む志摩子と秀男に気付いた。慌てて後を追った道代はすぐに追いついた。志摩子と秀男は、曲がり角からいくらも行かずに立ち止まっていた。

「のみや、じんじゃはん」

 志摩子は、神社の正面脇の石柱に刻まれた名称を、声に出して読んだ。
 秀男は、軽く笑いを交えて訂正した。

「野宮、と書いて『ののみや』と読みますな」
「ののみや……はん」
「へい」
「どなたをお祀りやのん? 秀はん」
「天照皇大神、アマテラスオオミカミはんですな」
「アマテラス……」
「この国を作らはった神さんですなあ」
「へえ……」
「そないゆうたら、祇園の八坂はん」
「へえ」
「ご存じでっしゃろ」
「秀はん。祇園に住んどって八坂はん知らんお人はおへんやろ」
「はは、そうですなあ」

 秀男は、志摩子から目を逸らしたまま、笑い混じりに答えた。
 志摩子は、さらに言葉を継ぐ。

「八坂はんがどないしたん」
「八坂はんがお祀りしてんのはスサノオ、スサノオノミコトはんです」
「スサノオ……」
「へい。そのスサノオはんと、ここのアマテラスはんはご兄弟、ゆうか、姉弟ですなあ。アマテラスはんが姉さんで、スサノオはんが弟になります」
「へえ、姉と弟」
「へい。嵯峨野と祇園ですから、おんなし京都ゆうても、ちょと離れてますがな」
「へえ」
「なんで近くにないんか。まあ、あんまし仲のようないご姉弟やそうでっけど」
「へええ」
「なんや、派手な喧嘩騒ぎ、やらかさはったそうで」
「へえええ」

 道代は、二人のやり取りを聞きながら思い出していた。

(ああ、やっぱし〔やはり〕)
(スサノオはん)
(祇園の、守り神はん)
(せやった)
(ほのスサノオはんと)
(仲のおよろしゅうない、アマテラスはん)
(先にお参りしてもうた〔してしまった〕)
(こらあかん)
(ほんまに)
(戻ったら)
(祇園に戻ったら)
(真っ先にお参りに行こ)
(せやないと)
(ほんまに罰かぶる〔罰があたる〕わ……)

「えんむすび……」

 志摩子は、「野宮神社」と縦に刻んだ石柱の脇に立てられた高札の、かな書きの文字を読んだ。

「へい。この野宮はんのご利益は『縁結び』、つまり結婚の縁組成就なんですな」
「へえ。そらあ、お参りするお人、多いんやろねえ」
「はは。そうですなあ」
「まあ、うちらにはあんまし関係ないかな」
「そないなこと、姐さん。めったに来れるとこやなし。お参りしときまひょうや」
「せやなあ。あ、道。道、て。あんたも来よし。一緒にお参りしょ」

 声を掛けられた道代は、志摩子の背後にそっと立った。数段の石段のさらに奥、蒼然としたたたずまいの鳥居が立っている。道代は思わず声を漏らした。

「あの鳥居……生(なま)の木ぃですやろか」
「お、よう見たのう、お道はん。あれが野宮神社名物「黒木鳥居」や。無論生やないけんど、皮を剥かんままの丸木をそのままつこ(使)た鳥居やなあ」
「へえ、黒木鳥居……」

 志摩子は呟きながら石段を昇った。秀男と道代がすぐ後に続く。三人は肩を並べるように、野宮神社の黒木鳥居を潜った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #176】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #178】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ♪京都嵯峨野にHQ
    • 2017/01/10 10:12
    •  ♪吹く風は~

      >静かだった
      >行き交う人は一人としてなく……

       京都嵯峨野、竹林の道ですが、今では考えられない情景です。
       現在の竹林の道は「一人としてない」どころか、ひと、ひと、人でごった返し、足元の径さえ定かには確認できない(ちょっとオーバー)様な込みようです。

       が、「小まめ時間」はそう……昭和30年代の初期というところですから、こんなものだったのではないでしょうか。
       しかし、頭上はるかを吹き過ぎる嵯峨野の風は、今も変わらぬ風情?だと思います。

      野宮(ののみや)神社
       またも寄り道、早よ「お座敷」に着かなあかんのですがね。
       野宮神社は、嵯峨野竹林の只中にあるこじんまりとした神社です。
       白状しますと、わたしが竹林の道を訪れた時には、気が付かずにスルーしちゃってました。後日、ネットで嵯峨野を検索しているときに気付いたんですね。風景・様相はネットで見ることができます。まあ、わたしはこれを参考に書いたんですが。

      黒木鳥居
       古色蒼然、という言葉がよくあてはまる鳥居です。平安神宮の朱塗りの大鳥居(参考文献:『アイリスの匣』#58・#59)とは大違いですね。
       がまあ、神社のたたずまいとはよくマッチしているようです。

      で、次回、ようやく『最終目的地』(2009年アメリカ映画、主演:アンソニー・ホプキンス)に『とうちゃこ』(火野正平の自転車旅番組;NHKBSプレミアム)です(あくまで予定;こら!)。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/01/10 19:55
    • 京都
       ちょっと、世界的に有名になりすぎました。
       どこもかしこも、外人でいっぱい。
       通の外人は、奈良や熊野に流れてるようです。

       東京の浅草も、外人ばっかりみたいですね。
       見た目は日本人な人たちも、ほとんどがアジア系外国人だとか。

    • ––––––
      3. 見た目老人HQ
    • 2017/01/10 21:51
    •  ↑実際老人

      見た目日本人
       すぐわかります。
       わかるほど大声でしゃべってはりますから。

      それはともかく、
       今回の嵯峨野取材は竹林の道、つまりJR嵯峨野線の南側だけでした。で、今度機会を見つけて、北側にも行ってみようと思います。こちらには落柿舎や大覚寺、祇王寺など著名な建物があります。
       まあ、志摩子と道代を歩かせるつもりはありませんので、取材じゃないんですが。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/01/11 07:33
    • 確かに……
       わたしの行くスーパーにもいますね。
       どうしてあそこまで、傍若無人に喋れるのか不思議です。
       外国に来て、テンションが上ってるんですかね。
       わたしが外国に行ったら、むしろ静かになると思うのですが。

       落柿舎。
       このあたり、修学旅行で、自由行動の日に行った気がします。
       さっぱり覚えてませんが。

    • ––––––
      5. 嵯峨野さやさやHQ
    • 2017/01/11 11:12
    •  ↑歌唱:たんぽぽ

      見た目日本人2
       もともと地声がデカい、または仰る通り海外でテンション上がりまくり、の二通りの可能性がありますがさあどっち!?

       落柿舎を覚えとらんとはどういうわけのもんじゃろかい。芭蕉ゆかりの建物ではないか。
       まあ、高校生では無理かな。
       名称の由来は少し間抜けですね。

      ♪雨の落柿舎田んぼみち~

       あ、というより、そもそもどの建物を見たのか覚えていない、ということですかな。 

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2017/01/11 19:54
    • 落柿舎
       芭蕉の弟子、向井去来の庵だそうですね。
       芭蕉は、ここを3度訪ねたとか。
       現在の庵は、江戸中期以降の再建のようですが。
       保存・運営は、公益財団法人落柿舎保存会。
       所有者は、誰なんですかね?

    • ––––––
      7. 火事と喧嘩は……HQ
    • 2017/01/11 23:04
    •  ↑それは京じゃなく江戸

      再建落柿舎
       火事で焼けたりしたんですかね。あ、応仁の乱か(あれは江戸じゃなく室町時代)。
       所有者は去来の子孫じゃないすか。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/01/12 07:16
    • 再建したのは……
       井上重厚(1738-1804)という俳人のようです。
       向井去来が建てた場所と、現在の場所は違うみたいですね。
       従って、もし私財だとすれば、所有者は重厚の子孫ということになります。

    • ––––––
      9. 柿一つハーレクイン
    • 2017/01/12 08:35
    •  ↑落ちて天下の秋を知る(それは桐一葉)

      井上重厚
       「しげあつ」はんですかね。
       そうですか、場所違いですか。
       建物の造作自体はどうなんでしょうね。大きく建て替えていたら、もはは『落柿舎』とは呼べませんが(呼んでますが)。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/01/12 19:53
    • 今の建物の敷地には……
       柿は落ちなかったわけです。

       なぜ、落柿庵ではなく、落柿舎なのでしょうね?
       落柿舎大学って、ありそうですけど。

    • ––––––
      11. 柿はあまり……HQ
    • 2017/01/12 22:22
    •  ↑好きではありません、実は

      落柿舎大学
       それは同志舎。あ、同志社か。

       嵯峨野には『直指庵』てのもあります。浄土宗の寺院で紅葉の名所だそうです。まあ、秋ともなりますと嵯峨・嵐山全域が紅葉に覆われますが。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #177】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
萌木ケイの官能小説 SM~猟奇の性書~変態 Playing Archives ひめ魅、ゴコロ。
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 空想地帯 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 HAKASEの第二読み物ブログ 性転換・TS・女体化劇場 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 18's Summer アダルト検索一発サーチ ぺたの横書き
快感小説 女性のための官能小説 [官能小説] 熟女の園 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment 最低のオリ 制服美少女快楽地獄

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 エピソードセックス 魔法の鍵 女性のH体験告白集
被支配中毒 かめべや 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
お姫様倶楽部.com ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
riccia 漂浪の果てに 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search アダルト動画まとめ アダルトブログランキング GL Search
おたりんく ネット小説ランキング GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
アダルト検索BBJapan セックス・ノベル・ネット Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 萌駅 アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top