Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2151
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 その女性の視線は、わたしの身体を上から下まで繰り返し往復した。

「よかった……。
 五体ご無事で戻ってらして」

 絶句した女性は、片手で口を覆った。
 零れた涙が、覆った手の甲まで流れ伝った。

「水沢さん、ママは?」

 姉は、女性が泣いていることなどまったく斟酌しない口調で尋ねた。
 ということは、この女性は母ではないということだ。

「すみません、お嬢さま。
 奥さまは、ずっとお待ちです。
 今、お知らせして参ります」

 水沢と呼ばれた女性は、身を翻すと、再び扉の向こうに消えた。

「水沢のことも覚えてないの?
 それは可哀想よ。
 彼女が悲しまないように、ちょっとレクチャーしておく。
 水沢は、わたしたちが生まれる前から、ここに住みこんでる家政婦。
 元々、母の養育係だったんだけど……。
 母の嫁入りのとき、京都から一緒について来て、以来、ここに住みこんでるってわけ。
 わかった?
 わたしたち2人とも、彼女におしめも替えてもらって育ったんだから。
 母はそういうこと、まったくしない人なの」

 まるでドラマのような話だった。
 こんな世界が、ほんとうにこの世にあるのだ。

「さ、入りましょ」

 玄関……。
 それをはたして、玄関と呼んでもいいものだろうか?
 お城の入口のことを、いったいなんと呼ぶのだろう?
 とにかく、“玄関”という概念からは程遠い佇まいだった。
 扉を抜けると、吹き抜けの広いホールだった。
 もちろん、上がり框などはない。
 姉は靴のまま、ホールを進んだ。
 床は、大理石だろうか?
 姉のヒールが、高い音を立てて響いた。

「ほら、そんな見物人みたいな顔をしないで。
 後で、ひととおり案内してあげるから。
 ふふ。
 でも、記憶がなくなるって、面白いわね。
 何事も、最初のドキドキが一番楽しいもの。
 あなたとも、また最初から始められる。
 さ、こっちよ」
由美と美弥子 2150目次由美と美弥子 2152

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2016/12/14 07:40
    • 本日、12月14日と云えば……
       赤穂浪士の討ち入りの日です。
       でもこれは、旧暦の日付けです。
       この時期の東京で、あんな大雪が降ることはありません(今年は、11月初雪という珍しいことがありましたが)。
       元禄15年12月14日を、グレゴリオ暦に直すと……。
       1703年1月30日。
       この時期であれば、大雪というのも頷けます。
       それに加えて、江戸時代は、今よりも寒かったそうです。
       品川で2メートルの雪が積もったという記録もありますし……。
       大阪では、淀川が氷結したそうです。
       江戸や大阪でこれですから、越後なんかもっとスゴいです。
       鈴木牧之(すずきぼくし)の『北越雪譜』には、積雪十八丈の記述があります。
       さすがにこれは、白髪三千丈の類でしょうが。
       十八丈と云えば……。
       54メートルになりますから。

    • ––––––
      2. ♪打てや響けやHQ
    • 2016/12/14 12:02
    •  ↑♪山鹿の太鼓

      >母の嫁入りのとき、京都から一緒について来て……
       なんか、皇女和宮の江戸降嫁みたいだね。

      >まるでドラマのような話
       まあ、ドラマじゃないけど「お話」ではあります。

      >扉を抜けると、吹き抜けの広いホール
       洋画だとごく普通のシーンだけど、邦画ではねえ。
       もちろん、これは「お話」、映画ではありません。


      〽時は元禄十五年十二月十四日
       江戸の夜風を震わせて
       響くは山鹿流儀の陣太鼓……

       先日テレビでやっていましたが、これまで伝わってきた吉良邸討ち入りには、史実と異なる点が種々あるとか。
       例えば内蔵助が打ち鳴らしたという陣太鼓。これは鳴らさなかった、というよりそもそも太鼓そのものを持参していなかった、とか。
       まあ、司会が古館伊知郎ですから、どこまで信憑性のある話かは分かりません。

       そういえば、『元禄名槍譜』の俵星玄蕃。この人も、架空の人物だそうです。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2016/12/14 19:48
    • 『忠臣蔵』
       この言葉も、歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』から来てます。
       史実として取り上げる場合は、『赤穂事件』と呼ぶそうです。
       人の家に押し入るのに、わざわざ陣太鼓を打ち鳴らすバカはいません。
       そもそも、山鹿流の陣太鼓というものは存在しないそうです。

       俵星玄蕃。
       『俵星』は、槍で米俵も突き上げるという意味と、『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助の合体。
       この話を作ったのは、講釈師の大玄斎蕃格。
       『玄蕃』は、自分の名前から抜き出したんですね。

    • ––––––
      4. 赤穂事件ハーレクイン
    • 2016/12/14 23:09
    • 太鼓を鳴らすバカ
       まあ、確かにそうなんですが、「お話」としては、やはり鳴らしてほしいよね。

       吉良邸の隣家(もちろん武家、誰の屋敷だったかなあ)が、騒ぎを聞きつけて「すわ、討ち入りじゃ!」。
       で、吉良邸との境の塀際に高張提灯をずらりと並べて明るくし、赤穂浪士の助けとした。なんてエピソードを何かで読んだか見たかしましたが、これも「見てきたような嘘」なんでしょうね。

       旧暦の十五日(討ち入り時はもう日付が変わっていたとか)はもちろん満月。件の古舘一郎のテレビもこれを取り上げて「天然の照明」なんて言ってました。
       史実で、当夜が晴れていたかどうかはともかく、満月だったというのは間違いのないところです。

       ♪月も夜空に冴え渡る~(三波春夫『俵星玄蕃』)

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2016/12/15 07:52
    • 隣家
       ↓土屋逵直(つちやみちなお)という旗本でした。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%8B%E9%80%B5%E7%9B%B4

       提灯を掲げたのは、史実のようです。
       でも、自邸の警護のためというタテマエです。
       塀の前には射手を並べ、塀を越えてくる者は、誰であろうと射落とせと命じてます。
       実際に塀を越えて逃げてくる者がいたとしたら、それは吉良家の人間しかいません。
       でも、「誰であろうと」と言うことで、どちらかに荷担するものではないというタテマエなわけです。

    • ––––––
      6. 本音と建て前HQ
    • 2016/12/15 17:20
    • タテマエは自邸警護
       それはそうです。浪人の俵星ならともかく、仮にも旗本(でなくったって、武家なら誰でも)、表だって赤穂の味方をするわけにはいかんもんね。
       でも、当主の逵直はじめ、土屋家の家臣は内心、喝采を上げてたんでしょう。「ついにやったか! 浅野」というところでしょうか。

       しかし史実だとは思いませんでした。が、こういう類のエピソードはわんさとあったんでしょう。で、虚実取り混ぜて『忠臣蔵』が出来上がった、と。

      ♪赤穂浪士の邪魔する奴は 何人(なんぴと)たりとも通さんぞ

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2016/12/15 19:58
    • 吉良家で何かあれば……
       それは、浅野家遺臣の討ち入りだということは、当時の江戸市中の共通認識だったようです。

    • ––––––
      8. 愛読書は忠臣蔵HQ
    • 2016/12/15 21:49
    •  ↑まあ、それほどでも

      忠臣蔵
       映画やドラマは幾本も見ましたが、久しぶりに本を読むかな。
       池宮彰一郎『四十七人の刺客』。これはユニークです。
       松の廊下の顛末や、忠義・忠節といった要素をばっさり切り捨て、赤穂側大石vs.吉良側色部又四郎(米沢藩江戸家老)の知略・謀略戦という観点から書かれた、かなりドライな赤穂事件物語です。

       あ、これも映画化されていました。監督は市川崑、主演は高倉の健さん。ただ、例によって原作をかなりいじくってます。
    コメントする   【由美と美弥子 2151】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top